Top
理想の上司だった筈?
定期的に行われるアンケートのひとつが
「こんな上司の下で働きたい」。

いわゆる、理想の上司とは?である。

近年、このアンケートで
毎回上位に来るのが今日の主役の一人
星野仙一さんだった。

ところが、最近起こった事柄を見る限り
実態は大分違っているようである。

起こった事柄とは
お察しのWBC監督選びの経緯だ。

ほぼ、満場一致の如く
星野さんで監督は決まりと報道された。

ところが、マリナーズ、イチロー選手の一言で
流れが一気に逆流し
今や、監督、星野の目はなくなった。

イチロー選手は
星野さんが嫌だとは言っていない。

報道で知る限り
彼は監督選び経過について
次のように苦言を呈した。






「現役の監督を最初から
 次期WBC監督候補者の
 対象から外すのはおかしい。

 勝利を得る為には何がベストなのかを
最初に考えるべきである。

 WBCを北京のリベンジと考えるのは筋違いだ」

この言葉はまさに正論である。

そして、この言葉に同調したのが
松坂であり青木であり
更には川崎等の現役選手である。

ここに至って
王さんをはじめとする
球界長老は当初の考えを翻さざるを得なくなった。

イチロー選手は
直接個人の名前は挙げていないが
暗に星野さんではとの
拒否反応を示しているようだ。

根性、根性の星野、
合理主義者のイチロー
全く水と油の両者である。

イチロー選手に同調した
選手達も現代の若者、
星野さんの
”根性路線”とは相容れないようだ。

事件後の星野さんのコメント、
「批判に心が冷めた」。

これは、彼の
正直偽らざる気持ちであり
心中は怒りと寂しさが交差しているだろう。

更には、自分のブログで
北京以降のバッシングで
娘までが入院していることに触れている。

普通であるならば
言うべきことではないことまで告白する辺りに
星野さん自身も相当精神的に
参っているように窺える。

ただ、この問題の原点には
WBCを日本プロ野球としてどのようにとらえるか?

そこが曖昧のままに
出発した事にあると思う。

いずれにせよ、
昔からよく言われた言葉が、
「部下は上司を選べない」。

随分と時代は変わってきているようである。
[PR]
by shige_keura | 2008-10-27 09:37 | スポーツ | Comments(2)
Commented by 金沢大一商会 at 2008-10-27 18:31 x
ブログ見せてもらいました。

お元気そうでなによりです。
Commented by shige_keura at 2008-10-28 09:10
金沢さん、久しぶり!!そしてお便り有難うございました!!!

こちらは、なんだかやる事が沢山でてきまして
それなりに忙しく元気にしています。

そちらはそろそろ、”ブリ起し”の時期に入ってきましたね。
ブリは美味しいけれど寒さの季節です。

どうぞ、身体に気をつけてお過ごし下さい。
<< 笑ってくだされ 菊花の淀は長丁場 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.