Top
北陸の味 (ノドグロその他)
10月某日、夕刻
玄関のチャイムが鳴った。

金沢へ工芸作家との約束で出かけた
長女と二女夫婦が帰って来た。

手には大きなトロ箱を提げている。

(薀蓄:トロ箱の語源
 トロール漁(底引き網漁)で
 獲れた魚を入れておく為の箱
 今は一般的に
 海産物を入れる箱を言う)

これは!!!!

中は北陸の新鮮な海の幸である。

しかも何たる僥倖!

朝、近江町市場に出かけた折に
千取寿司のご主人にお会いし
格別の計らいで
その日の活きの良いものを分けてもらったものだ。
c0135543_920519.jpg




今まで、甘エビに対しては
有名な割には強い食指を動かした事はない。

しかし、今日の甘エビは格別!
c0135543_9245426.jpg

何しろ、千取のご主人の言いつけで
若い衆が1匹、1匹
慎重に吟味してくれたものだからだ。
c0135543_9255264.jpg

ネットリとした身の甘みに加え
新鮮な卵は
あたかもエメラルドの宝石の様。
c0135543_9264625.jpg

更には頭のミソが濃厚な事、
いつまでもチューチューとしゃぶっていたい。
c0135543_9274590.jpg

続いては今日の近海もので一押しのイカ、
小ぶりながら輝くような透明感!
c0135543_9284288.jpg

卸し生姜に醤油をタラリ、
すっきりとした甘みと
コリコリした食感。
c0135543_9294473.jpg

そして、日本海の逸品、
ノドグロの塩焼き!

金沢で暮らしてみて
初めて知ったこの魚。
c0135543_930508.jpg

ムツ科に属しているこの魚は
鮮やかなピンクの色から
赤ムツと呼ばれている。

では、ノドグロとは何ぞや?

お魚の口の中を覗くと
ノドの辺りが真っ黒け。
c0135543_9341514.jpg

ノドは真っ黒でも白身魚。

こんなにと思うほどの脂が乗っているが
その味はあくまでも上品だ。

思いもよらぬ北陸の味の到来で
賑やかな楽しい食事となった。

テレビでは昼の
国会審議の様子を伝えている。

こちらは登場する人の多くが
”ハラグロ”ばかり、
煮ても焼いても食えそうもない。

テレビは消そう!

食事の邪魔だ!!
[PR]
by shige_keura | 2008-10-24 08:50 | | Comments(0)
<< 菊花の淀は長丁場 世に悪相の種は尽きまじ??? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.