Top
菊花の淀は長丁場
競馬の三冠レースというと
伝統的には、皐月賞、ダービーと
菊花賞のことを指す。

春と初夏に行われる
皐月賞とダービーには
若駒に相応しい
躍動とときめきを感ずる。

一方、菊花賞に
しっとりとした情感を感ずるのは
若駒が成長した落着きによるものだろうか。

速い馬が勝つのが”皐月賞”。

運の強い馬が制するのが”ダービー”。

それに対し、菊花賞は
最も強い馬が栄冠を掴むと言われている。
c0135543_1205210.jpg

何故ならば、すべての馬が
未知の距離3,000メートルに挑むからだ。

だから、もっと厳密に言えば
夏場にどれだけの力とスタミナを蓄えたかを
試されるレース、

それが菊花賞なのだ。

三冠のラストチャンスの日は明日に迫った!




菊花賞に私は格別の思い入れがある。

思えば、1966年の菊花賞、
名人、森安弘明騎乗のナスノコトブキを
直線だけでハナ差まで急襲した馬がスピードシンボリ!
c0135543_122113.jpg

後に野平裕二との名コンビで
有馬記念を連覇した名馬である。

この菊花賞が競馬と私の
長い長いお付き合いの始まりだ。

今年は乱菊、
どの馬にもチャンスありとの予想だ。

何故なら、三歳で一際抜きん出ている
ダービー馬のディープスカイが
菊花賞を回避し天皇賞にまわるからだ。

ディープスカイ陣営としては
3000の菊花賞よりも
2000の天皇賞の方が
歴戦の古豪をも蹴散らせると踏んでいる。

ならば、菊花賞はどうなる??

私なりの予測では
全くのノーマーク
ミッキーチアフルが
最も栄冠に近いとでた。

本当かい????

この馬と、
長距離の逃げ馬の鉄則、スマイルジャック
春から長距離を試しているダイワワイルドボア。

この三頭で夢を買って見ようか。

淀の直線で
ワクワクするような場面を見られるだろうか?

とにかく、競馬はゲートが開くまでが面白い。
[PR]
by shige_keura | 2008-10-25 12:04 | スポーツ | Comments(0)
<< 理想の上司だった筈? 北陸の味 (ノドグロその他) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.