Top
カテゴリ:観( 307 )
画家のモデルは女流画家
近代絵画の父と呼ばれているエドゥワール・マネ、
彼の作品のひとつに
「スミレのブーケをつけたベルト・モリゾ」(下画像)がある。
c0135543_18492863.jpg

私にとってこの絵は何となく覚えていたものの
題名は気にも留めていなかった。

今回、東郷青児美術館で行われている
「ベルト・モリゾ展」を見学して
初めて、このモデルが
印象派女流画家であるベルト・モリゾであった事を知った。

印象派画家というと
モネ、ルノワール、セザンヌ、ドガ、
コロー、ピサロ、シスレー等
数多くの名前が挙がる。

            (ベルト・モリゾ、 Berthe Morisot)
c0135543_18504096.jpg

しかしながら、その殆どは男性であるなか
モリゾは数少ない例外の女流画家だった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-12-08 09:04 | | Comments(0)
大人の世界と”十番倶楽部”と三木助と・・・
我々の世代の男なら誰しもが
小さい頃、「これが大人の世界か!」と
心の中で叫んだ時があったに違いない。

つい先日、小網神社の”どぶろく祭り”を訪れた時の事だ。
c0135543_20311849.jpg

ついでに立ち寄った、”甘酒横丁”の”草加屋”
そこで、三代目、桂三木助師匠お好みの煎餅を求めた時
昔の在りし日を思い出したのだ。
c0135543_20315216.jpg

その昔、麻布十番に寄席があった!!!

今や知る人は少なくなっているだろうが
”十番倶楽部”と言う寄席の定席があったのだ。
c0135543_20325286.jpg

それは小学校の6年生の頃だったろうか?

父に連れられ初めて寄席に足を踏み入れた時、
「あっ、これこそが大人の世界か!」と、
 胸が高鳴った。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-12-01 20:38 | | Comments(0)
どぶろく祭り
都内の神社で
”どぶろく祭り”を毎年行っている事を知ったのは
昨年のお正月、
”日本橋七福神巡り”を行ったときだ。
c0135543_96326.jpg

小さいながらも
福禄寿と弁財天を祀り
更に、東京下町八社福参りにも名を連ねる
「小網神社」。

ここで毎年、11月28日に
”どぶろく祭り”がとり行われていることを知ったのだ。

そもそも”どぶろく祭り”の由来は
農作物の収穫を神様に感謝すると共に
無病息災を祈るものであって、
新米を醸した”どぶろく”を神前にお供えすると共に
参拝客にも振るまうことが慣わしである。

だから、日本各地でも
岐阜の白川とか会津、但馬の祇園祭が
”どぶろく祭り”と言われているように
地方で行われるお祭りとばかり思っていた。

それが、東京の中心の下町で
今も行われているとは夢にも思わなかったのである。

続いを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-11-30 09:15 | | Comments(0)
黄葉!黄葉!!黄葉!!!
辞書で”紅葉”を引いてみると
下のように出ている。

1.秋の終わりに木の葉が赤くなること。

2.赤くなった葉、もみじ

次に”もみじ”を辞書で引いてみると
下の如き解説がでてくる。

1.秋に木の葉が黄色や赤くなること

2.赤くなった”カエデ”の木の葉

3.カエデ

最後に”黄葉”を辞書で確認すると
次の如しだ。

1.秋の終わりに木の葉が黄色くなる事

2.黄色い葉
c0135543_17195730.jpg

どうにもこうにも
何がなんだか分らない???

金田一京助さん、
もう少し分りやすく解説してくれないかな。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-11-26 17:35 | | Comments(2)
ウディ・アレンの世界
ウディ・アレンの映画は余り観ていない。
c0135543_10251897.jpg

何故ならば、よほど英語が堪能でなければ
彼の言わんとしているユーモア、皮肉が
理解できないと思っているからである。

彼の作品中最も好きな「ハンナとその姉妹」でも
彼の狙いが100パーセント判ったかどうかの
自信は全く無い。

ところが、日本には彼のファンが大勢居る。

でも、どう考えてみたって
本当に理解してファンとなっているか怪しいものだと思う。

映画評論家にしても
なにやら、それらしいことを書いているが
なんだか受け売りの内容で胡散臭いこと甚だしい。

下らぬ前置きはこのくらいにして
今回72歳となったウディ・アレンが
相手役にお気に入りで注目株の
スーカーレット・ヨハンソンを得て
お得意のミステリー・コメディを監督主演した。

題して、「タロットカード殺人事件」
これは面白そうである!!!

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-11-23 23:09 | | Comments(0)
今日はハロゥイン
10月31日のハロゥインにあわせ
日本でも各地で賑やかな
お祭りが繰り広げられている。

ただ、日本の光景を見ていると
一体、どれだけの人が
ハロゥインを判っているのだろうかと思う??

今日は偶々、ロスアンジェルスに滞在している娘から
送られてきた現地の様子の画像を交えながら
ハロゥインとは何かを紹介したい。

          (ロスのスーパー、ハロゥインが近づくと
           カボチャの種類と量がこんなに多くなる)
c0135543_972979.jpg


もともと、ハロゥインは
11月1日カソリック諸聖人の日(万聖節)の前の晩に行われる
英語圏の宗教的且つ伝統的行事である。

従って、Halloweenの言葉も
諸聖人の旧称、”All Hallows”のeveから由来している。

では、ハロゥインが元々何であるか?

そして、何故に人々が仮装して
このようなお祭り騒ぎをするようになったかであるが?

そこに、何故に”カボチャ”が沢山
登場するのだろうか???

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-31 09:24 | | Comments(2)
”よろめき”か?”貞淑”か?
私の趣味は映画だ。

昔から様々な映画、俳優に接してきたが
最近、知っている女優を片っ端から
カテゴリー別に分類している。

これがなかなか、難しくもあり
又、面白い。

何故なら、カテゴリーと一言で言っても
”肉体派”というような大雑把な分類ではない。

肉体派の中にも、
”白痴派”、”健康ピチピチ派”とか
”官能派”、或いは”妖艶派”等の分流がある。
          (映画史上最高の官能派女優、シルヴァーナ・マンガーノ)
c0135543_21105566.jpg

例えば、”官能派”の代表的女優が
シルヴァーナ・マンガーノ、
エレオノラ・ロッシ・ドラゴだとすれば、
          (「激しい季節」が代表作、エレオノラ・ロッシ・ドラゴ)
c0135543_2112589.jpg

”妖艶派”代表は
ミシェル・モルガン、ラナ・ターナーである。
          (ハリウッドきってのスキャンダラス女優と言えば、ラナ・ターナー)
c0135543_2113248.jpg

さて、カテゴリーの一大派閥に”貞淑派”がある。
          (ジェニファー・ジョーンズ)
c0135543_21141443.jpg

代表選手はジェニファー・ジョーンズ、
パトリシア・ニール達だ。

ごく最近、表の顔は”貞淑派”
裏にまわると”よろめき派”の代表
デボラ・カーが亡くなった。
          (デボラー・カー、本当の顔は???)
c0135543_2115548.jpg

享年、86歳
長らくパーキンソン病を患っていたという。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-22 21:22 | | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.