Top
カテゴリ:観( 301 )
大女優の死
私が勝手に思っているスウェーデン出身三大女優最後の砦、
アニタ・エクバーグが1月11日逝去、
慎んでお悔やみ申し上げます。

享年83歳、長寿化の昨今ではまだまだの年齢に思えるが、
晩年は骨折の影響で歩くこともままならず
入院生活を余儀なくされていたとのことだ。

スウェーデン出身三大女優とは
彼女のほかは、グレタ・ガルボとイングリッド・バーグマンとなる。

しかしながら、アニタ・エクバーグの場合は知名度はともかくも、
映画の実績面では他の二人に大きく水を開けられている。

グレタ・ガルボ(1905-1990)は
ハリウッドのサイレント時代からトーキー初期の伝説の大女優、
アカデミー賞ノミネート3回、死後、彼女の功績に対し特別名誉賞が贈られている。
c0135543_1054115.jpg

17歳のとき、本格的に映画出演、その後、18年間で32作品に出演し、
今まさに絶頂期の35歳で突然引退し世間を驚かせた。

生涯独身を通し、引退以降は公の場に一切顔を見せなかったことが
彼女を殊更ミステリアスな存在に仕立て上げている。

イングリッド・バーグマン(1915-1982)、
言うまでもない絶世の美人女優の最右翼、
「カサブランカ」「凱旋門」「誰が為に鐘は鳴る」等の話題作で大女優の地位を確立した。
c0135543_106734.jpg

アカデミー賞受賞3回は彼女の誇るべき勲章である。

その一方で、イタリア人監督ロベルト・ロッセリーニとの許されぬ結婚で
ハリウッドを長らく破門の憂き目にあい、
“恋多き女”のレッテルを貼られた苦渋の時期を味わった。

アニタ・エクバーグ(1931-2015)は
ミス・ユニバースのスウェーデン代表となり、
その美貌と豊満な肉体が映画関係者の目にとまりハリウッドに渡った。
c0135543_1063764.jpg

1953年にデビューするが観るべき価値のないコメディ作品の脇役か、
彼女の肉体を売りにする三流作品に終始した。

1956年、煽情的なポスターにつられて観た「熱砂の舞」にしても
ポスターを超える作品ではなかった。
c0135543_107935.jpg

時に私は中学1年生、
思えば随分とませた餓鬼だったのだ。

同年、彼女は本人の役(アニタ・エクバーグ)としてある作品に出演した。
それが当時の人気コメディーシリーズ、
ジェリー・ルイスとディーン・マーティンの「底抜けのるかそるか」である。
c0135543_1074177.jpg

ジェリー・ルイスは熱狂的なアニタ・エクバーグのファンに扮し、
彼女に会いたさの一念でハリウッド行きが一等賞のくじを買い占めて
ディーン・マーティンと共にドタバタを繰り広げるお話であり、
底抜けシリーズの中ではレベル的に評価できる作品だった。
c0135543_10813100.jpg

ここで不思議に思うのは、それまで駄作ばかり3作品しか出ていない彼女が
ハリウッドを代表する人気女優として実名で登場してきたことだ。

そこに彼女に対して大女優の「大」の字を付けた所以が隠されている。

即ち、彼女は美しいだけではなく、
当時の女優としては並はずれた肉体の持ち主だったのである。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-01-17 10:24 | | Comments(0)
タイトルの意味
フランス語が堪能の人ならば
映画のオリジナル・タイトルが何を意味するか?
すぐ分かるのだろうが、私には全く見当がつかなかった。

作品の日本語タイトルは「ニューヨークの巴里人(パリジャン)」、
先週末から渋谷文化村で公開されている。

この作品のメガフォンを取ったのがフランス人、セドリック・クラピッシュ、
いわゆる「旅するグザヴィエ」シリーズ3作目に当たる。

第1作が2002年の「スパニッシュ・アパートメント」(L’Auberge espagnole)、
これはパリからスペインのバルセロナへと舞台が変わる作品だった。

2作目が2004年の「ロシアン・ドールズ」(Les Poupees russos),
舞台は南のバルセロナから北のサンクトぺテルスブルグへと移っていく。

今までの2作品共にフランス語のオリジナルタイトルを
邦題はほぼそのまま直訳している。

ところが、パリからニューヨークへと移動する3作目のオリジナルタイトル、
“Casse-Tete Chinois”の邦題は「ニューヨークの巴里人(パリジャン)」となっている。
c0135543_915558.jpg

これは、どう見ても直訳とは思えない。

映画館で初めてこのオリジナルタイトルを知り、
何を意味しているのか分からぬままに映画は終わってしまった。

更に、意味不明だったのは映画の最初と最後で
主人公のグザヴィエがパズルのようなものを解いているシーンが出てきた事だった。

もしも、オリジナルタイトルの意味を事前に知って映画を観たならば、
違った印象、もっと作品内容を良く理解できたと思う。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-12-13 09:44 | | Comments(0)
ピンクとブルー
中目黒から池尻へと続く目黒川沿いの並木道、
春の桜のシーズン、花見客の数は年々増えて
歩くのもままならぬほどになってきた。
c0135543_10381182.jpg

桜が散りピンクが緑に変わり川辺は静けさを取り戻す。

そして夏が過ぎ、秋に葉が色づいたはあとは
静かに灰色の冬を迎えるのが例年のことだ。
c0135543_10384569.jpg

ところが今年は11月末よりクリスマスまでの間、
ブルーのイルミネーションが輝き、多くの人を招き入れている。

目黒川の歴史を辿ると
1950年代の頃は清冽な水が流れ
友禅流しの染めものが行われていた。
c0135543_10392268.jpg

ところが、吾々が恵比寿に住んでいた1980年代
目黒川は昔日の面影を無くし、荒れ果てた姿、
場所によっては異臭を放ち、近づくのも躊躇われた。

それから約30年、春は桜、冬はイルミネーションで
目黒川は見事に蘇った。

川の表情も歴史と共に変わっていくが、
良く変えるのも悪くするのも人間次第である。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-12-07 10:47 | | Comments(0)
名場面再び!!
c0135543_1121484.jpg

11月19日夕刻、渋谷ヒカリエ11階から見る夕陽である。
c0135543_1122241.jpg

「東急シアターオーブ」で行われていた評判のミュージカル
「Singin’ in The rain」を堪能したあとの高揚した気分を鎮めるため
暫し暮れゆく空に見入っていた。
c0135543_1123197.jpg


c0135543_11233950.jpg

c0135543_1124917.jpg

その昔、ハリウッドが最もハリウッドらしく輝いていた時代の
代表的な映画会社のひとつがMGM(メトロ・ゴールドウイン・メイヤ―)、
ライオンが吠える巻頭は映画ファンならずしてもお馴染みのものだった。
c0135543_11253631.jpg

当時の評判は「MGMには星の数よりも沢山のスターが居る」。

この言葉がなるほどと思わせる映画が「ザッツ・エンターテインメント」、
1974、75年に製作された作品はMGMの素晴らしさを語っている。
c0135543_1126142.jpg

登場した主な俳優は女優がエリザベス・テーラー、デビー・レイノルズ、
エヴァ・ガードナー、ジュディ・ガーランド、ジューン・アリソン、レスリー・キャロン、
ジンジャ―・ロジャース、シド・チャリシ、ライザ・ミネリ等々、
男優で言えば、クラーク・ゲーブル、ジェームス・スチュアート、
ビング・クロスビー、フランク・シナトラ、ケイリー・グラント、
モーリス・シュヴァリエ、スペンサー・トレ―シ―、ミッキー・ル-ニー達だった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-12-01 12:21 | | Comments(0)
イチョウも迷惑
11月中旬、秋晴れにつられて昔懐かしい麻布に足を運んだ。

そのひとつの目的は善福寺の大イチョウを見に行くことだった。
c0135543_21303053.jpg

60年以上も前の小学校の頃、ここ一帯は爺の縄張り、
悪友と日が暮れるまで遊びまわっていたものだった。

しかし、当時はこの寺が善福寺だということも
「逆さイチョウ」の名前の大イチョウがあることも知らなかった。

寺の階段を上がった所の焼け野原からは麻布十番から芝にかけて
一望に見渡せたが今や街の表情は全く変わってしまった。

それは10年ほど前の事だったが
親友のひとりが酔った勢いで建設会社に勤務している友達に噛みついた。

「お前ら建設会社は都市計画の思想が全く無い!
街をぶち壊しているだけじゃないか」。

そこから、延々とした口論が始まったのだが、
麻布善福寺の景観を見ると
友人の言ったことは正解と思えてくる。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-11-24 21:46 | | Comments(0)
黄葉の誘い
又の名を「生きた化石」、
即ち親戚は全て絶滅し、一種で唯一残っているイチョウは
中国原産ではあるがわが国で最も親しまれている樹木の一つだ。。

その理由は大気汚染に強いということ、
そして耐火性に優れているので防災面にも心強いというわけだ。

従って、イチョウは東京都、大阪府、神奈川県のシンボル・ツリー、
更には全国60近くの市町村の木としてして指定されている。

さて、イチョウの漢字は三種類あるが
全てをお書きできる方は御同輩でも少ないのではないだろうか。

最も一般的なのは「銀杏」であるが
一般的に「銀杏」は実の事を指し、
木の場合は「銀杏の木」と言っている事が多い。

「銀杏」の由来は、実が杏に似ているのと
殻そのものは銀白色をしている所から来ている。

次が「公孫樹」、中国から伝えられた名前だが
植樹してから成長が遅く、実が食べられるのは
孫の代になってからという意味が込められている。
c0135543_1082345.jpg

最後が「鴨脚樹」、これも中国の呼び名だが
葉っぱの形がアヒルの水かきに似ているので
「鴨脚」、中国読みの”イチャオ”、”ヤ―チャオ”が
日本では”イチョウ”と呼ばれるようになった。
c0135543_108558.jpg

c0135543_1092088.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-11-19 10:32 | | Comments(0)
洲崎と言えば -3- 車に懸けた夢
大正11年(1922)11月12日、日本で最初の自動車レースが
洲崎の埋め立て地で行われた。
c0135543_22383013.jpg

大会名称は“日本で最初の「自動車大競走」”、
主催は報知新聞社であるが、その裏には自動車に自らの夢を託した男が居た。
c0135543_2239712.jpg

彼の名前は藤本軍次、破天荒で一直線、
ソロバンを弾く前に行動に移すタイプの男だった。
c0135543_22391654.jpg

藤本軍次は山口県の生まれ、11歳の時に理由は分からぬが父に手を引かれて渡米、
シアトルで15年間過ごした。

折しもアメリカは自動車の草創期、
彼は自動車学校を卒業後、自動車修理会社を経営した。

藤本が最も情熱を傾けたのは自動車レースで
各地で開催されるレースに参加、
最高峰のインディ500への参戦を本気で考えていた。

その後、排日感情が高まり、会社経営も難しくなった1922年帰国した。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-11-15 09:08 | | Comments(0)
洲崎と言えば -2- 赤信号
明治期から昭和33年(1958)の売春防止法成立まで
多くの遊客を引き付けたのが洲崎の遊郭だが、
この発足のきっかけとなったのは最高学府・東大であることは余り知られていない。

明治20年(1887)、富坂(現在の文京区)に
東京帝国大学の校舎新築が決定した。

これによって、至近距離にあった根津遊郭は
風紀上の観点で移転を余儀なくされた。

遊郭の規模を考えると新たな土地に移転せざるを得ず、
白羽の矢が立ったのが洲崎弁天脇の広大な湿地を新たに遊郭として整備する事だった。

即ち、洲崎の遊郭は海面を埋め立てた「遊郭島」であった。
                (「洲崎弁天境内」歌川広重)
c0135543_14201340.jpg

以降、洲崎遊郭は隆盛を極め、
大正末期には吉原と双璧、「北国の吉原」に対し
「辰巳の洲崎」と謳われるほどであった。
c0135543_14215189.jpg


c0135543_1423012.jpg

太平洋戦争、東京爆撃で洲崎もほぼ焼失したが
戦後の復興は早く「洲崎パラダイス」の愛称で多くの殿方の足を引き寄せた。
c0135543_14223449.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-11-14 08:44 | | Comments(0)
洲崎と言えば -1- 英雄二人
c0135543_12552716.jpg

               (「洲崎初日の出」歌川広重)
洲崎は現在の江東区東陽町の旧町名であり、
江戸時代は「深川洲崎十万石」と呼ばれ、海を望む景勝地だった。
c0135543_21212945.jpg

又、深川は故・池波正太郎さんが
「江戸時代は東洋のヴェニスと呼ばれた」と述べているが如く
縦横に運河がはりめぐらされた水の都だった。
c0135543_2122675.jpg

さて、洲崎と言う名前をお聞きになると、
スポーツの好きな方、そして、あちらのお遊びが好きな方は
思い出す事が三つほどあるだろう。
               (現在の地下鉄・東西線「東陽町」駅)
c0135543_2123367.jpg

先ずはじめは野球に関することである。
               (洲崎球場を今に伝える碑)
c0135543_21244849.jpg

即ち、この洲崎に3年間とは言え
日本プロ野球草創期に野球場があったのだ。

野球場のお披露目は1936年、僅か3ヶ月の突貫工事で完成、
翌、1937年には上井草球場と並ぶプロ野球の常設球場として92試合が行われた。
c0135543_2126119.jpg

しかしながら、この球場の欠点は海抜ゼロメートル地帯、
満潮時には球場が水浸しとなってしまう事だった。
               (満潮時の洲崎球場)
c0135543_21275444.jpg

従って、1937年の後楽園球場の完成を待って
洲崎球場はプロ野球の歴史上の舞台から消え去ることとなった。
               (左側の遊歩道(川の跡地)の方が右側の地面より高い)
c0135543_21284854.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-11-12 09:22 | | Comments(0)
三拍子
自分が欧州に滞在していた16年間、
何よりの楽しみが夏冬のバカンスだった。

日本と違って2-3週間ものまとまった休暇を
ゆったりと過ごすことが出来るので、
明日への活力が生まれてくるのだ。

冬の欧州の名だたる空港には
バカンスの終わりの頃になると
健康的に日焼けした老若男女が溢れている。

ベルギー、オランダ、イギリス、ドイツ等、
寒く灰色に覆われた日々が多い土地で良く言われていた事は
冬の間、子供達に出来るだけ日光浴をさせなければいけない。
そうすることによって、子供達はエネルギーを蓄え
1年を元気よく過ごす事が出来るのだ。

従って、冬のバカンスの候補地を探す条件は天気の良さ、
次が豊富な食材と興味ある歴史的名所ということになる。

この三拍子そろった土地となると、
欧州の中ではイタリアのシチリア島とトスカーナ、ウンブリア地方、
そしてフランスのプロヴァンスが私にとってのベスト・スリーの土地となる。
c0135543_1885658.jpg

ヒナゲシ,ヒマワリが咲き乱れる野原を横目に見てのドライブの心地よさ、
窓を吹き抜ける風は柔らかい。
c0135543_1894961.jpg

小さいながらも風格のある町並、
路上のマーケットには土地の食材がズラリと並ぶ。
トマト、ズッキーニ、ア-ティチョーク、アスパラガス等は
どれも瑞々しく燦々たる陽光の恩恵を受けている。
また、いずれの地もギリシャ、ローマの影響を色濃く受けている為、
歴史の重みを醸し出している。

               (プロヴァンス、ニ-ムに運ぶ為のローマ水道)
c0135543_1775258.jpg

               (シチリア島、タオルミ-ナのギリシャ時代の劇場、1982年)
c0135543_18104748.jpg

               (プロヴァンス、アルルの「はね橋」、1989年)
c0135543_18115279.jpg

               (ヴァン・ゴッホの「アルルのはね橋」)
c0135543_18141526.jpg

               (プロヴァンス、アヴィニオンのシャト-・ホテル、1988年)
c0135543_18192883.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-11-11 12:49 | | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.