Top
カテゴリ:スポーツ( 344 )
究極の珍プレー
日本プロ野球の公式日程は
楽天の日本シリーズ制覇で目出度く終了した。

私自身は巨人ファンだが
今回の結果には満足している。

第6戦で不敗のエース田中に土をつけた事で
すべてが終わったような感覚に襲われ
あとは第7戦で巨人は言わば敵役に甘んじれば良いと思った。

さて、今日は歴史上に2度とない珍プレー、
アメリカと日本で起こった事件二つの紹介だ。

先ずはアメリカ・メジャーリーグ
時は1895年ということは、
未だ日本では学生たちの間で漸く野球が行われ始めた頃のことだ。

主役は当時ニューヨーク本拠のジャイアンツ
不名誉極まりぬ当事者の名前はマイク・グラディ3塁手、
なんと、彼は一つのゴロで四つのエラーを記録した。

打球を処理しようとしてファンブルしたグラディ(最初の失策)は
1塁へ暴投し(ふたつ目の失策)球はフェンス際の転がった。

打者・走者はそれを見て、2塁を回り3塁に向かった、
しかしながら好送球でアウトと思われたのだが、
それをグラディは横にはじいた(三つ目の失策)。

そこでランナーは本塁に向かって疾走、
だが、余りにも無謀な突入と思われた。

ところが、ところが、グラディは本塁へ悪送球(四つ目の失策)
前代未聞の独り相撲でみすみす相手に1点を献上した。

チームメイトとベンチの雰囲気は最悪、
グラディはグラウンドから逃げ出したい気持ちとなったことだろう。

続きを詠む
[PR]
by shige_keura | 2013-11-07 09:04 | スポーツ | Comments(0)
不思議と言えば不思議
プロ野球ペナントレースも大勢は決した感がある。

9月23日現在のセ・パ両リーグの順位表は以下の通り。

      セリーグ     パリーグ
1位    巨人        楽天
2位    阪神        ロッテ
3位    広島        ソフトバンク
4位    中日        西武
5位    DeNA       オリックス
6位    ヤクルト      日ハム

野球とは相手より沢山点を取り、
相手より失点を少なくする、
これが勝利への秘訣であるjことは自明の理である。

そのことを頭に入れて次の三つの問いに
全て正解出来た人は、相当なるプロ野球通である。

問1 セリーグ、パリ―グそれぞれで最も総得点数が多いチームはどこ?

問2 中でも総得点数日本一のチームはどこ?

問3 セ・パ両リーグ1,2,3位チームの中で
    唯一、総失点が総得点を上回っているチームはどこ?

先ずは、考えてから「続きを読む」をクリックせよ。

続きを詠む
[PR]
by shige_keura | 2013-09-24 22:17 | スポーツ | Comments(0)
Oct 10,1964・・・・・2020
1964年10月10日、東京五輪開会式当日の昼下がり、
私は従弟とその友人Kと逗子の海でボート遊びに興じていた。
c0135543_22352940.jpg

昨日の荒天が嘘のように海は穏やか
秋の陽光を浴びてキラキラと波間が輝いていた。

一艘の釣り船が近づいてきた。

「取れたてのアワビ、サザエにトコブシだー、
 安くしとくぜ、どうだ・・・・」

厭も応もない。

それから1時間後、冷えたビールに新鮮な海の幸、
目の前のテレビからは真っ赤なブレザーに身を包み
一糸乱れぬ日本選手団の行進が誇らしげに躍動していた。
c0135543_2236324.jpg

「オリンピックって、こんなに素晴らしいものなのか!」

以来49年の月日がたった今、
順調に行けば2度目の五輪が
7年後に身近で行われることとなった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2013-09-09 22:40 | スポーツ | Comments(0)
「ちぎっては投げ」の制球力
東映フライや―ズのエースとして


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2013-08-26 20:48 | スポーツ | Comments(0)
怪童の思い出 -後篇ー
4月8日パリ―グ開幕第2戦、
神宮に詰めかけた観客は6万人を記録した。

当日行われた後楽園の巨人・阪神が4万人、
何故、東映・大毎のカードにこれだけの観客が詰めかけたのか?

これは、ひとえにオープン戦で長嶋をキリキリ舞させた
尾崎行雄の登板を見たかったからだ。

それは3月28日、浜松でのオープン戦、
尾崎は打者・長嶋の所で登板した。

東映を率いて2年目の水原茂監督の腹はこうだった。
ここで、長嶋を押さえればペナントレースで切り札に使える。
c0135543_14313261.jpg

勝負はたったの4球で決まった
尾崎の投げる快速球に長嶋のバットは空を切った。

「へー本当ですかー、あれが17歳、うーん、信じられませんね」
これが長嶋の試合後のコメントだった。

あの、長嶋を直球一本やりで仕留めた尾崎だ、
ミサイル打線、葛城、榎本、山内、田宮との勝負は如何に!

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2013-06-18 18:53 | スポーツ | Comments(0)
怪童の思い出 ー前篇ー
甲子園で数々の名勝負を裁いた永野元玄さんの言葉だ。

「一番速かったのは、何と云っても江川ですわ、
 それも2年生の時が一番速かった。
 彼の速球はホップするので高めの見極めが大変、
 そのため、いつもよりコールが一拍遅れていましたね」
               (作新高校時代の江川卓)
c0135543_141433.jpg

ならば、永野さんが1961年の優勝投手、
尾崎行雄をジャッジしたならばどう言われただろうか?

甲子園を沸かせ、プロ野球界に震撼を与えた
尾崎行雄さんが6月13日亡くなられた
享年、68歳、慎んで御冥福をお祈りします。

先月末に体調不良を覚え今月7日入院
驚くべき早さで進行する肺癌による急逝、
いくらボールが速いと言っても、
こんな所にまで彼の特徴が表れるとは・・・・、
短いプロ野球人生と共に切ない想いがしている。

1961年夏の甲子園、
主役は間違いなくこの二人だった。
               (法政二高当時の柴田勲)
c0135543_14153599.jpg

かたや、前年夏の覇者、法政二高のエース、柴田勲、
こなた、雪辱を期す浪商の2年生エース、尾崎行雄。
               (浪商高校時代の尾崎行雄)
c0135543_14171051.jpg

両校行き詰る熱戦は延長戦にもつれ込み
最終的に4-2で浪商に凱歌があがった。

同年秋、柴田は読売ジャイアンツへ入団、
尾崎も高校2年で中退し東映フライヤ―ズに入団した。

翌年の二人のデビュー、
これほど明暗を分けたものも少ないだろう。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2013-06-17 20:24 | スポーツ | Comments(0)
天下りの特等席
「人生の特等席」、クリント・イーストウッド主演、
昔ながらの自分の目と耳に頼るプロ野球スカウトのお話、
最近見た映画の中では最も好きな作品だ。

プロ野球はアメリカ、日本、国は違えど
夢をはぐくむ健全な娯楽スポーツの筆頭にあると言って良い。

その日本プロ野球が、
ボールの飛ぶ、飛ばないで大きく揺れている。

野球に興味のある方ならば
今年の異変をとうに嗅ぎ取っていた。

2011年統一球採用以来激減した本塁打、
それが、本年に入りピンポン玉のようにボールが飛んでいく。

「これはおかしい? ボールを代えたに違いない」

一般ファンならば誰もが抱く疑問に対し
日本プロ野球機構、ボースメーカー(ミズノ)は一貫して否定し続けた。

よせばよいのに、提灯持ちのマスコミは
「統一球に打者が慣れてきたためだ」とほざいた。

野球ファンの目をなめるなよ!
おめーら、何か隠してるな!!

そして、本日、プロ野球機構は一転
ボールをシーズン当初より代えた事、
ボールメーカーには、これを発表するなと緘口令をしいた、
つまり、事実を隠蔽してきたことを告白した。

この馬鹿野郎めが!!

加藤コミッショナーは謝罪会見をしたが
その言い草が振るっている。

「私は何も聞いていなかった。
 しかし、これは、私としては不祥事だと思っていない、
 今後、ガバナンスの強化に努めたい」

2,3行目のくだりは矛盾に満ち満ち
本人も常識あらば妙な事を言ったなと
今頃反省しているだろう。

ただ、「私は何も聞いていない」のくだり、
これは、現在の日本プロ野球のコミッショナーの存在を考えると
あながち嘘とは言えないと考える。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2013-06-12 23:40 | スポーツ | Comments(2)
究極のダブルプレー
野球ファンの御同輩ならば、
以下のダブルプレーの記号の意味はお分かりいただけるだろう。

1-6-3と書いてあれば投手から遊撃手経由1塁手に転送、
5-4-3とあれば3塁手から2塁手経由1塁に、
頻繁に起こるダブルプレーの構図である。

では、こういうダブルプレーが起こったことを信じられるだろうか?

記号で書けば、7-2-3、
7(左翼手)から2(捕手)にボールが渡り
更に3(1塁)に転送されてダブルプレーが完成。

こんなダブルプレーは起こるわけがない、普通は。

この話に入る前に、5月15日の東京ドームを見てみよう。

セパ交流戦、巨人対ロッテの試合、
2回ロッテの攻撃、2死満塁で打者はグライシンガー、
打球は鋭くライト前に飛んだ。

ロッテは先制点、ベンチは沸いたに違いない。
c0135543_856435.jpg

ところが、ライト・長野は捕球後、
強肩を生かし打者をアウトにした。
c0135543_2159729.jpg

打者が打ってから1塁までにかかる時間は平均で4.20秒、
このとき、グライシンガ-の所要時間は4.48秒、
0.28秒のもたつきがロッテの先制点をフイにした。

巨人としては、ライトゴロで打者を仕留めたのは
1988年、ライト・呂選手以来25年ぶりであるが
ライトは1塁に至近距離なのであり得ぬことではない。

しかし長い長い野球の歴史を紐解くと
とてつもない記録がるあることに今さらながら驚く。

1956年、東京六大学野球、立教対東大戦、
主役は親分こと故・大沢啓二さん。

予め、打球が三週間に来ると読んだ大沢さん、
極端な前進守備を取った前に打球が来た。

捕球するや否や、1塁に送球、
先ずは起こり得ないレフトゴロは
親分の類稀なる勘から生まれた。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2013-05-21 08:54 | スポーツ | Comments(0)
困った事態
新聞を読む時間は人様々なれど、
私の場合は10分程度と非常に早い。

これは読むと言うよりも
斜めに目を通していると言った方が適切だ。

しかし、私にとって例外的に時間をかける新聞がある。

新聞の名前は「ダービー・ニュース」
1946年創刊の伝統と歴史ある競馬専門紙だ。

お値段は450円と通常紙に比べ高いが
私は常に3時間以上時間を費やし読んでいるので
これほど安い新聞も無いと言うことになる。
c0135543_840568.jpg

ダービー・ニュースを買い始めたのは今から50年も前、
数ある競馬専門紙の中から本紙を選んだ最大の理由は
故・大川慶次郎氏が予想を担当していた事だった。
c0135543_8401922.jpg

最初に知った頃の大川さんは短めの髪、射るような眼差し、
勝負の世界に身を置く雰囲気を漂わせておられた。

その後、フジテレビの解説者で出演された頃は
全てを超越した好々爺そのものだったと思う。
c0135543_8415197.jpg

いずれにせよ、大川さんは
他の予想者とは一線を画した気品を持たれていた。

サラブレッドは血統が重要だが、
大川さんの血統も半端ではない。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2013-04-22 08:47 | スポーツ | Comments(0)
”きんさん”の思い出
”きんさん”の愛称でチームメートの誰からも慕われ、
頼り甲斐抜群の大エースが亡くなった。

”きんさん”の命名理由は柳家金吾楼に似ているとか?
c0135543_2013933.jpg

私は余り似ているとは思わなかったが
今になって写真を見ると「確かに」と頷けぬこともない?

その人の名前は大友工、
4月12日、88歳で亡くなられた。

心よりお悔やみを申し上げます。

私がジャイアンツファンになった1950年代、
無敵の巨人が抱える3人の守護神が居た。

別所、中尾、そして今日の主人公の大友工さんだ。

通算勝利数、別所は300勝以上、中尾は200勝投手、
一方、大友さんは130勝と後塵を拝している。

しかし、当時最も頼りになる投手は大友さんであった。

別所は性格が激しく自滅の危険性をはらみ
中尾はコントロールが定まらず危なっかしかった。
c0135543_20143787.jpg

大友工、175センチ、71キロ、
決して恵まれた身体では無かったが
横手から繰り出す速球、スライダーの威力は群を抜いていた。

大友さんのウイニングショット・スライダー、
それはブワ―ンと唸りを生ずるかのように
右打者の外角をよぎっていった。
c0135543_20153254.jpg

来日したニューヨ-ク・ジャイアンツは
大友さんの前に沈黙し、唯一の敗戦を喫した。

試合後、大リーガーが目を丸くしてこう言った。

「あんな地面すれすれから浮き上がってくるなんて!!
 とてもじゃないが打てっこないさ」

大友さんのスライダーに比べたら
今の投手のスライダーはションベン・カーブ、
それも前立腺肥大を病んだ爺の小便のようなものだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2013-04-18 20:30 | スポーツ | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.