Top
<   2007年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧
今日はハロゥイン
10月31日のハロゥインにあわせ
日本でも各地で賑やかな
お祭りが繰り広げられている。

ただ、日本の光景を見ていると
一体、どれだけの人が
ハロゥインを判っているのだろうかと思う??

今日は偶々、ロスアンジェルスに滞在している娘から
送られてきた現地の様子の画像を交えながら
ハロゥインとは何かを紹介したい。

          (ロスのスーパー、ハロゥインが近づくと
           カボチャの種類と量がこんなに多くなる)
c0135543_972979.jpg


もともと、ハロゥインは
11月1日カソリック諸聖人の日(万聖節)の前の晩に行われる
英語圏の宗教的且つ伝統的行事である。

従って、Halloweenの言葉も
諸聖人の旧称、”All Hallows”のeveから由来している。

では、ハロゥインが元々何であるか?

そして、何故に人々が仮装して
このようなお祭り騒ぎをするようになったかであるが?

そこに、何故に”カボチャ”が沢山
登場するのだろうか???

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-31 09:24 | | Comments(2)
珍商品! 「私は痴漢じゃない」
朝夕のラッシュアワー、
電車内で痴漢の被害に会った女性は後を絶たない。

又、一方では時として、
痴漢に間違えられトラブルに巻き込まれた
可哀相な男性もいるようだ。

電車の中、男性として
痴漢と間違えられぬようにするには?
どうしたらよいのだろうか??

それは、両方の手が女性を触れぬ状況を
作り出すことが一番だ。

その為には、片方の手にはいつもの通勤カバン
一方の手は吊り革を掴めばよい。

しかしながら、片手はカバンを持っていても
不幸にして空いている吊り革が無かったらどうしたらよい?

「さー、どうする??さー、どうする???」

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-30 17:43 | その他 | Comments(0)
妖怪消え去るべし!!
プロ野球、セリーグ、クライマックス第2弾、
巨人はあっさりと中日に3連敗、
これ以上惨めな負け方はないような醜態を晒した。

相手が中日ならば巨人に利ありと思っていた私も
情けないやら、唖然とするやら・・・・である。

この敗戦に、例の妖怪オーナーが吼えている。
c0135543_1550086.jpg

「けしからん、こうなりゃ大々的な補強だ!!!!
 当たり前だ、どんどん補強する!!!」

この言葉の下、早くも
「巨人、ラミレス、クルーン、福留、新井に食指」の記事が出始めている。

まだ分らぬのか!
まだ懲りぬのか、この老害妖怪め!!である。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-29 12:12 | スポーツ | Comments(0)
もう一品
男の作る料理はともすると、
何でこんな多く!!
と、なることが多い。

鍋を開けると、昨日作った
ポトフが沢山残っている。

今夜は、このポトフを征伐しなければならぬ。

量的には十分なポトフも
よく調べてみると肉の量が足りなそうだ。

これでは肉好きの私としては物足りない。

野菜とスープ自体は
スペアリブ用の豚、ベーコンを使ったおかげで
コク、味共に申し分無しである。

さあどうしようか??????

もう一品??もう一品????

ここで、ふと思いついたのは
鶏の手羽先を使う料理だ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-27 08:54 | | Comments(0)
秋の夜はポトフ
「秋の夜はふけて」は
今は亡き大橋節夫のオハコ、

「秋の夜はポトフーーーー」は
私のオハコならぬ新作。

東京はまだまだ暖かいが
そろそろ鍋物が恋しい季節に入ってきた。

鍋物と言っても和風のものばかりではない。

本日はポトフを作ってみよう。
もっとも”作ってみる”と言うには大袈裟、
単なる煮込み料理であるのだから。

ポトフはフランス語、”Pot-au-feu”と書き
「火にかけた鍋」の意味の家庭料理だ。

鍋を火にかけて煮込むのならば
ここにシチューが登場する。

シチューは英語で、Stew、
Stewingはまさしく煮込むことの意味だ。

ポトフとシチュー、
違いは英語とフランス語の違いなのか???

そうではない、
ここにフランス語でキャセロール(Casserole)が顔を出す。

キャセロールとはフランス語でシチュー鍋の意味、
肉、野菜等の煮込み料理だ。

それではポトフとキャセロールの違いは???
はっきりと把握されている方があれば教えて欲しい。

私の理解では
キャセロールの場合、特に肉の場合
スープにとろみがつく。

一方、ポトフのスープは
さらりとアッサリとしている。

もう1点、キャセロールは
具とスープを一緒に食べるが
ポトフの場合、正式には具とスープは別に盛り付ける。

本日の料理は
スープにとろみをつけていないので
ポトフと呼ばせていただこう。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-26 08:59 | | Comments(2)
歴史認識 (日経新聞より)
歴史認識と言う言葉が良く出てくる。

歴史認識が形成されていく過程で
最も重要な事は
歴史の中で起こった事柄の事実確認だと思う。

歴史とは、思うに、様々な事実が積み重なった
時代の流れである。

事実はひとつ、その積み重なった事実から
人は学び、反省し新たな歴史を作っていく。

だから、公平な歴史認識を行う為には
事実確認の共有化が大前提だと思う。

共有する人々とは国民でもあり
場合によっては国をまたいだ人たちでもある。

歴史の事実確認、共有化をして
初めて公平なる歴史認識に対する
意見を戦わせることが可能となる。

歴史の事実に対する見解は
時には肯定、否定正反対のものも出るだろう。

そして、お互いの意見を主張、拝聴しながら
ひとつの歴史認識が生まれてくるのではないだろうか。

だから、正確な歴史事実を知らなければ
正当なる歴史認識の意見は言えたものではない。

人は何から歴史を学ぶのか???

学生時代、中学高校時代は
主に歴史の教科書から学んでいく。

従って、歴史の教科書の
最も大切な所は事実の開陳であり
編纂者の意見などは後回しでよい。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-25 10:11 | その他 | Comments(0)
秋日和、秋を彩る・・・・・
秋を彩るのは、
楓や蔦、木々の紅葉だけではない。

上を仰げば、木々の枝には
赤や青に色づいた木の実が
本格的な収穫の秋の到来を告げている。

注意深く下を見れば、枯葉の蔭から、苔の中から
様々なキノコが顔をのぞかせている。

時はまさに”実りの秋”
色とりどりの秋の表情を
画像にて紹介する。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-24 09:38 | | Comments(0)
秋日和、充実した1日
c0135543_1084062.jpg

ススキに囲まれた細い一本道、
何処へ行くのだろう??

仰ぎ見れば富士山が・・・・・・
c0135543_1091199.jpg

このまま小道を辿れば
登山道にまで誘ってくれるのかしら??

今年の9月はいつまでも夏のよう、
秋の訪れの実感がないままに毎日が経っていった。

しかし、ここ山中湖周辺に来てみれば
確実に秋は忍び寄っていた。
c0135543_10101834.jpg

10月20日、21日絶好の秋日和の下、
娘一家と共に深まり行く秋を満喫した。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-23 10:37 | | Comments(0)
”よろめき”か?”貞淑”か?
私の趣味は映画だ。

昔から様々な映画、俳優に接してきたが
最近、知っている女優を片っ端から
カテゴリー別に分類している。

これがなかなか、難しくもあり
又、面白い。

何故なら、カテゴリーと一言で言っても
”肉体派”というような大雑把な分類ではない。

肉体派の中にも、
”白痴派”、”健康ピチピチ派”とか
”官能派”、或いは”妖艶派”等の分流がある。
          (映画史上最高の官能派女優、シルヴァーナ・マンガーノ)
c0135543_21105566.jpg

例えば、”官能派”の代表的女優が
シルヴァーナ・マンガーノ、
エレオノラ・ロッシ・ドラゴだとすれば、
          (「激しい季節」が代表作、エレオノラ・ロッシ・ドラゴ)
c0135543_2112589.jpg

”妖艶派”代表は
ミシェル・モルガン、ラナ・ターナーである。
          (ハリウッドきってのスキャンダラス女優と言えば、ラナ・ターナー)
c0135543_2113248.jpg

さて、カテゴリーの一大派閥に”貞淑派”がある。
          (ジェニファー・ジョーンズ)
c0135543_21141443.jpg

代表選手はジェニファー・ジョーンズ、
パトリシア・ニール達だ。

ごく最近、表の顔は”貞淑派”
裏にまわると”よろめき派”の代表
デボラ・カーが亡くなった。
          (デボラー・カー、本当の顔は???)
c0135543_2115548.jpg

享年、86歳
長らくパーキンソン病を患っていたという。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-22 21:22 | | Comments(0)
アルザス、スイス道中記ー最終回ー
久しぶりの欧州旅行、
帰国してから、早2ヶ月が経とうとしている。

旅行中に感じたことは
ヨーロッパの国々、特に西欧の国が持つ
成熟化社会の心地よい香りである。

長い、歴史を持つ国々が
其々自分達の伝統と文化を尊び
己の身の丈をわきまえながら生活している。

それを、アメリカ的発展社会から見れば
”停滞”と非難されるのかもしれない。

しかしながら、欧州の人たちは
これを成熟した社会が持つ”安定”として
誇りに思っていることだろう。

さて、日本はどうするか???

それは別として
懐かしきスイスの幾つかの風景を紹介し
この道中記の最終回としたい。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2007-10-19 09:50 | | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.