Top
<   2008年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧
春野菜のパスタ
2月28日朝、
陽光が目に眩しい!!!

ベランダへ出てみると
何時の間にやら沈丁花の蕾が
明日にでも花開かんばかりとなっている。
c0135543_23421462.jpg

春の気配が濃厚!!
気持ちも伸びやかになる。

娘たちのブログ野菜の他、梅、桃、ミモザ等
春満載である。
c0135543_8502162.jpg

ミモザといえば
今頃はローマのフィオリ広場は
ミモザで埋め尽くされているだろう。
             (ローマのフィオリ”花”広場)
c0135543_8493374.jpg

何故ならば、
男性がミモザの花を捧げる
”女性の日”が間近に迫っているからだ。

c0135543_23424951.jpg

うららかな春の一日
ローマを思い出しながら
春野菜のパスタでも味わうとしよう。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-29 09:09 | | Comments(0)
元気の良い女子日本!
中国で日本女子チームの
勢いが止まらない。

先ずは、女子サッカー東アジア選手権。

日本が3勝0敗で
初の栄冠に輝いた。
c0135543_10183565.jpg

この快挙のキッカケとなったのが
初戦のアジア最強国北朝鮮を
4年ぶりに倒した事である。

その勝ち方が素晴らしい。

先制も束の間、
逆転された試合を
後半82分、同点に追いついた。

普通はこれでも良しなのだが
ロスタイム3分過ぎ
決勝点を入れたものである。

しかも、決勝ゴールの
沢選手のループシュートが絶品だった。
c0135543_10191881.jpg

あの場面でゴールキーパーの頭上に
ふわりと揚げたループシュート、
瞬時の判断と決断無くしては出来ぬ芸当だ。

今、日本女子サッカーは
沢選手を中心に
まとまりの在る素晴らしいチームに育ちつつある。

日本男子サッカーに欲しいのは
選手を引っ張る精神的支柱の存在だろう。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-28 10:27 | スポーツ | Comments(0)
ー続ー ちょっとおもろい話
今日のおもろい話は
公衆トイレの落書きについてである。

男子たるもの
公衆トイレに入ったことの無い者はいまい。

何も男子に限った話ではないのだろうが。

さて、余り入りたくない公衆トイレの個室、
そこには扉の裏とか
壁に落書きがしてある場合が多い。

その殆どが下らぬものなのだが
中には思わず所用も忘れて
ニヤッとしてしまうものもある。

例えば、便座に腰をかけてやれやれ、
フト前を見ると、「右を見ろ」の大きな字、

何々?と右を見ると
「後を見ろ」と書いてある。

窮屈なる体勢で何とか後を見ると、
「左を見ろ」の指示!

”ふざけやがって”と思いつつ左を見ると、
「日本男子たるもの
 トイレの中でキョロキョロするな!!」とあった。

トイレの落書き数々あるも
傑作中の傑作を紹介しよう。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-27 17:40 | その他 | Comments(0)
競馬が分りかけてきた??
”競馬が分りかけてきた”といっても
馬券必勝法のような胡散臭いものではない。

競馬本来の楽しみが
分りかけてきたということだ。
          (2月12日、前日の雪が残る東京競馬場)
c0135543_1611296.jpg

「何を今更」と思われるだろう。
c0135543_1623528.jpg

しかし、40年以上も競馬に親しんでいながら
漸く競馬ってこういうことかと
恥ずかしながら最近分りかけてきたのである。

今は、競馬馬券の種類も
実に多彩になってきた。

1着だけ当てる単勝から始まって
1-3着を当てる複勝、
そのほか枠番連勝、
馬番連勝複式、馬番連勝単式
ワイド、3連複、3連単と
実に9種類の馬券が発売されている。

馬券の種類を増やす背景には
ファンを増やそうと
より以上博打的要素の高い馬券発売に
踏み切ってきたからだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-26 09:02 | スポーツ | Comments(0)
巨匠と東京オリンピック
市川崑監督が先日13日に亡くなられた
享年92歳、心よりご冥福をお祈りする。

私は市川さんの作品を余り見ていないので
テレビ追悼番組、「犬神家の一族」を鑑賞した。

先ずは劇中にコマーシャルが
余りにも無神経に入ることに興を削がれた。

追悼という意味すら理解できぬ
テレビ局の鈍感さには呆れるばかりである。

しかしながら、この点を割り引いても
残念ながら褒められる出来の映画ではなかった。

黒澤明しかり、木下恵介も同様
巨匠と呼ばれた人たちの晩年の作品は
何枚も不必要に厚着を施したかのように
映画本来の面白さを隠してしまっている。

監督の作品で思い出に残るのが2本、

先ずは、最初の「ビルマの竪琴」である

安井昌二、三国連太郎等、
俳優の素晴らしさもさることながら
当時のビルマ戦線に残された
累々たる屍の山に
大きな衝撃を受けた。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-25 08:50 | | Comments(0)
何がなんだか????
某国のイージー艦(?)による事故の顛末が
連日マスコミで大きく取り上げられている。

見るともなく見て、
聞くともなく聞いているうちに
言葉の解釈、意味について
二つの疑問がわいてきた。

ひとつは”粛々”(しゅくしゅく)という言葉である。

昔から国会議員が
何かというと
”粛々と議事を進める”とか
”粛々と拒否するだけだ”といった
言い方をしていた。

その頃から、妙な言葉だと気になっっていたが
今回は自衛隊の幹部の口から出た。

「現在、我々は粛々と
原因究明の調査にあたっています」

大体、”粛々”なる言葉
一般的に使うのかどうか?

私は余り聞いた事がない。

少なくとも会社で働いている時は
一度たりとも聞いた事が無かった。

上役から
「君、仕事は粛々とやっているかね?」
なんて云われたことがある人
いるのだろうか?

だから、政治家の
勿体つけた特殊用語かと思っていたら
今回は自衛隊の人が使ったのである。

この機会に辞書で意味を引いてみると、

1.静かな様子

2.厳かで引き締まった様子

この二つが出てくる。

もしも、2.の意味で使っているならば
思い上がりも甚だしい。

貴方達が厳かでなく、
引き締まっていないから事故が起きたのだろう。

それを、”粛々”は無いだろう、
本来は責任を取って
”シクシク”と泣くべきだ。

ここで私は、“ハタ”と思い当たった。

これは1.の意味の裏側を
読まねばならぬのだ。

即ち、”静か”と言う意味は、
”こっそりと”、”分らぬように”である。

だから、自衛隊幹部が本当に言いたかったのは
”こっそりと事故原因を操作中です”だったのだろう。

それなら分る。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-24 10:07 | その他 | Comments(0)
牡蠣大活躍!
”仏の顔も三度”と云うが
牡蠣の顔は何度見ても良い。
c0135543_8533187.jpg

それほどに旨い、
和、洋、中、どれも良いが
またまたパスタと合わせた。

”牡蠣のペンネ、柚子風味”!

この記事を見たとき
絶対にこれは旨いと思ったし
作った結果はその通りだった。

今回のパスタはペンネ
スパゲッティと違って短いパスタだ。
c0135543_854297.jpg

ペンネとはペンの意味
パスタの形がペン状になっている所から来ている。

ペンネの料理を家で作る場合、

香辛料を効かせたトマト味
いわゆる”ペンネ・アラビアータ”風、

或いは、ニンニクとベーコンとあえて
その上にパルメジャーノチーズを
ふんだんにかけて食べる場合が多い。

今日は柚子とか万能葱を効かせた
和洋折衷の一品である。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-22 09:06 | | Comments(0)
”イージス艦”に”イージー隊”
”イージー、イージー”
野球部時代良く使っていた言葉だ。

”イージーフライだ、易しい易しい、
 どうってこと無いぜ”

”イージーボール、甘い球だ!
 引っ叩け!!”

まさに、お気楽隊、イージー部隊だ。

”事故究明に全力を挙げる”とか
三白眼が言っているが
大体は察しがつくだろう。
c0135543_15552231.jpg

ハワイでの演習帰り

「やれ終わったぜ、
 もうすぐ日本だ、
 一杯やろうぜ!!!」

「おまえ、どっか面白い所
 知らないか??」

「見張り???
 もー大丈夫だって
 着いたも同然なんだから」

イージス艦は最新鋭のハイテク船だ、
しかし乗組員はイージー、イージー、
乗せている隊員の士気が乗り移った如く
船はフラフラと東京に向っていたのだろう。

いくらなんでも、これほど酷くはないだろうと願うし
又、中には真面目な隊員もいるだろう。

しかしながら、我々の防衛省、
自衛隊に対するイメージは
どうしようもないところまで来ている。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-21 08:44 | その他 | Comments(0)
地球温暖化と”フードマイレージ” -その2-
”フードマイレージ”とは
食品の重量とその輸送距離を掛け合わせた数字で
トン・キロメートルで表されている。

例えば10トンの食品を500キロ運ぶと
5,000トン・キロメートルとなる。

この数値が高ければ高いほど
CO2排出が大きくなる為
環境への悪影響も大きくなる。

又、運ぶ手段によっても
CO2の排出量は異なってくる。

具体的には1トン・キロメートルあたりの
CO2排出量は、

飛行機の場合が1,500グラムと最も大きく
トラックは180グラム、船は、その25パーセントに止まる。

さて、日本は島国であり
食料の自給率がどんどん下がっている為
フードマイレージが飛びぬけて高い。

どの位高いかと言うと
アメリカ、韓国の3倍、
英国の5倍と突出している。

現在は国際輸送で生ずるCO2は
排出削減の対象外である。

しかし、いつ規制対象になっても
おかしくない状況である。

これが、規制対象となると
貿易立国日本の立場は
極めて難しいものとなる。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-20 09:40 | その他 | Comments(0)
地球温暖化と”フードマイレージ” -その1-
この世に問題が絶えた試しはない。

政治、経済、戦争、テロ、
スポーツにも最近のハンドボールのように
訳の分らぬ問題が発生している。

しかし我々が抱える中での最大のものが
地球温暖化である事は間違いない。

何しろ、この世が
存続するかどうかのテーマなのだから。
c0135543_852373.jpg

しかし、これだけ大きな問題でありながら
一般の認識は未だ希薄のように思える。

その背景には主に三つの理由が存在するようだ。

ひとつは、「そんなこと言ったって
何とかなるのじゃないの」

ふたつめ、「我々個人の力では
なんともならないじゃないか」

最後は、年配に多いのが
「我々の世代は大丈夫だ」

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-02-19 08:46 | その他 | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.