Top
<   2008年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧
開幕雑感 (くたばれ!ジャイアンツ!!!)
その昔、ハリウッド得意のミュージカルコメディに
「くたばれ!ヤンキース!!」という
傑作があった。
c0135543_18364861.jpg

その昔、ワシントンに熱狂的なる
セネターズファンにして
アンチヤンキースの塊と化した老人がいた。

あるとき、悪魔の誘いに乗って
この老人はスーパープレーヤーに変身、
彼が入団したセネターズは快進撃を始める。
c0135543_18381510.jpg

ペナント終盤を迎え、
優勝を決めるヤンキース戦を控え
かつての愛妻と過した楽しき
我が家を思い出した彼は・・・・・・・

というように筋書きは進む。

この時代のヤンキースは
憎たらしいほどの強さだった。

だからこそ、”くたばれ”の言葉も出たのだろう。

さて、巨大補強をした巨人の開幕は
”くたばれ、ざまみろ、ほれ、見たことか!”である。

4番とエースを相手にさらわれた
ヤクルトの3連勝!!!

これほど小気味の良いものは無い。

オリンピックで金メダルを狙う
全日本チームの主将にして
好漢、宮本は開幕前に言い放った。

「4番とエースを抜かれて
 黙って引き下がれるか!!!」

この言や良しである。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-31 10:25 | スポーツ | Comments(0)
関東唯一人の女性○○
最近は様々な分野へ女性の進出が目覚しく
大変結構な傾向だと思う。

スポーツの世界を見ても
サッカー、ボクシング、スキージャンプ等
数年前までは男子のみで行われていた種目にも
沢山の女性が進出している。

ただ、多くの場合
女性は男性と同じ土俵では競わない。

オリンピックでも陸上、水泳をはじめ
レスリング、柔道、テニス、スキー等々
競技は男女別々に行われている。

唯一と言っても良い例外が馬術である。
c0135543_15151933.jpg

この種目の場合は
騎手は男でも女でも
同じ条件で一緒に競いあっている。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-30 16:22 | スポーツ | Comments(0)
ネギコン
”合コン”ではなく
”ミスコン”でもない。

”ネギコン”、”葱コン”
すなわち、葱のコンテストだ。

葱は我々に欠くべからざる野菜!
蕎麦、納豆、冷奴等
葱の薬味がないと一味違ってくる。

又、日本人の大好きな鍋物に
葱は欠かせない素材である。

例えばスキ焼、鴨鍋
共に葱があるからこそ成り立つ料理だ。

ただ、葱と言っても様々な種類がある。

それを大別すると
関西系の青葱
そして関東系の白葱だ。
c0135543_2082483.jpg

前者の代表が京野菜の”九条葱”
陽に当てて育った
細く青い葉の部分を食べる。
c0135543_2085457.jpg

一方、後者は下仁田葱に代表される関東葱、
葱の成長と共に土を盛り上げ陽に当てず
根の白い部分を主に食す。

ところで、両者のいずれにも属さない葱の存在を
知っておられるであろうか???

それが今日のブログの一方の主役
”徳田葱”である。
c0135543_2093798.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-29 09:09 | | Comments(0)
女性木地師と金属機械加工 -2-
この土地を私は訪れた事はないが、

滋賀県、東近江市の山間に
君ヶ畑という寒村がある。
c0135543_22292146.jpg

そこは、今から1,100年も昔
惟仁親王(後の清和天皇)との
皇位継承に敗れた惟喬親王が
都を落ちのびた土地である。

惟喬親王は或る日
巻物の紐を引くと
軸が回転するのを見て
轆轤(ろくろ)を考案したと言われている。

この土地が良質の木材を産出することも相まって
轆轤を使って椀、盆等を制作する
木地師の里と、いつしか呼ばれるようになった。

時は経ち、江戸から明治初期
日本各地に”手挽き轆轤”を使う木地師が活躍した。

この木地師の工程が
日本の誇る精密工業、
ハイテク産業のルーツと言われている。

しかしながら、昭和から平成へ
仕事の内容が厳しい事もあって
木地師職人の数は年とともに減少している。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-28 09:07 | その他 | Comments(0)
女性木地師と金属機械加工 -1-
最近はメールの浸透で
ファクシミリの姿は
とんとお目にかからなくなった。

そんな或る日の朝
珍しくも、自宅の電話がファクシミリの受信を告げた。

かつて、北陸で共に働いた仲間のY氏からだ。
c0135543_10441416.jpg

地元の伝統工芸を受け継いでいる
木地師の活動を報じた地方紙を送ってくれたものだ。

何故ならば、その中に
私達が展示会を企画、実施し
今もお付き合いしている
石川県の山中温泉にて
活躍している、山田真子さんが
取り上げられていたからである。

彼は山田真子さんと我々のつながりを知っていて
わざわざ、その記事を送ってくれた。

誠に有り難いことである。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-27 08:35 | その他 | Comments(0)
政治の混迷
「あの人はあの時
 辞めるべきではなかった」

つい先日、政治に明るい飯尾教授の講演
”ねじれ国会と総選挙の見通し”を聴講、
上記の言葉を聞いた時
”やはりそうか!!”と納得した。

あの人とは小泉前々首相
あの時とは優勢民政化が参議院で否決され
衆議院を解散、総選挙を行い
大勝したあとの首相退陣のことだ。

はじめに断っておくが
私は小泉潤一郎氏が大嫌いだ。

これは生理的な感情でどうしようもない。

しかしながら、理由も勿論有る。

一つは女性を政治の道具として
そして踏み台であるかように扱ったことだ。

田中真紀子しかり、川口知子しかり
女性刺客と呼ばれた人間しかりである。

彼が行った女性に対しての振る舞いは
紳士としてやるべきことではない。

もう一つの理由は
根本的なところで
信用に足りぬ人間と感じていたからだ。

何故ならば、自分の家庭も築き上げない男が
何で一国をきちんと統治できるか?である。

しかしながら大嫌いな人にも
認めぬわけにはいかぬ所もある。

彼を嫌いになる感情は
言ってみれば
中日の落合監督を嫌う感情と良く似ている。

”嫌なやつ”、”変人極まりない奴”ではあるが
成績を見れば認めねばならぬ点が有ると言うことだ。

これは”嫌いな奴”の中でも
最も始末の悪い部類である。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-26 08:51 | その他 | Comments(0)
日曜の昼、マフィンでゆったりと・・・
昨日、一昨日の土日、
花粉症の人にはつらそうな日だったが
春真っ盛りを思わせる陽気となった。
c0135543_14445971.jpg

ベランダで家内が栽培している水菜も
気がつけば花を咲かせている。
c0135543_14453854.jpg

穏やかな春の日差しを受けながら
ゆったりとした昼食を楽しみたい。

そこで登場したのがマフィンである。

マフィンは1800年代から
イギリスで親しまれたパンの事。
c0135543_14464180.jpg

但し、現在はカップケーキ状の焼き菓子
いわゆるアメリカンマフィンと区別する為
イングリッシュマフィンと呼ばれている。
c0135543_14472045.jpg

アメリカンマフィンは甘みがあり
このままで食べるが
イングリッシュマフィンはサンドウィッチのように
中にハム、チーズ等、挟んで食べる場合も多い。

何故マフィン(MUFFIN)と呼ばれるようになったかは
余り定かではない。

ある料理の本には
次のような紹介がある。

その昔、貴婦人が用いた
マフ(MUFF)という
毛皮の円筒状防寒用具があった。

ご夫人が両手を
このマフに突っ込んで
寒さを凌ぐものである。

そして、マフィンは
マフの代わりに使われたとあるが
イマイチ説得性が無いように思われる。
c0135543_144414.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-24 10:00 | | Comments(0)
小学生は睡眠不足
我々の小学校時代
私の知る限り、
こんなものは誰も持っていなかった。

それが今や、小学生徒の必携品である。

それは何か????

携帯電話ではない。

我々の小学生時代から存在していた物だ。

その答は”手帳”である。

手帳に自分のスケデュールを
書き留めないと忘れるくらい
今の子供は忙しい。

その結果、小学校生徒が
今一番欲しいもの?

それは”睡眠”なのである。

”睡眠”が
”友達と遊ぶ時間”
”ボーっとしている時間”を上回り
堂々の(?)首位である。

昔、親に子供は早く寝なさいと云われ
渋々寝室に向っていたことを考えると
まさに様変わりといえよう。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-22 18:24 | その他 | Comments(0)
思い出のプロ野球選手 -9-
1925年開幕した東京六大学野球、
長い歴史の中で
数多くの名投手が
神宮のマウンドで光り輝いた。

しかしながら、在籍通算40勝以上記録した投手となると
たった4人と数が限られる。

勝ち星順に48勝の山中から
江川、若林、関根と続く。

何故かは分らぬが
総て法政出身者であるのが興味深い。

本日の主人公は
この4人の中の誰かである。

話変わって、プロ野球の世界、
9連覇を成しとげた川上巨人時代の事である。

1965年パリーグからひとりのベテラン外野手が
代打の切り札として巨人に移籍してきた。

入団して間もなく
彼はチームメートから
親しみをこめてこう呼ばれた。

”お父さん”

何故なら、当時39歳の彼は
巨人軍の中での年上は
コーチも含め川上監督ただ一人だったからだ。

巨人の”お父さん”と呼ばれた選手、
関根潤三さんは
当時巨人に数多く移籍してきた助っ人の中で
高倉と並んで最も頼り甲斐のあるバッターだった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-21 09:19 | スポーツ | Comments(0)
上手の手から弓が落ちた
大阪で行われている
大相撲春場所の10日目、
珍しい出来事があった。

もっとも、残念ながら
私はその場面を見ていないが。

取り組み終了後に行われる弓取式で
力士が弓を落としてしまったのだ。

遠い昔同じように弓を落としたことを
聞いた事があるが
滅多に起こらない出来事である。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-03-20 23:40 | スポーツ | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.