Top
<   2008年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
イリアスの船
長靴の形をしたイタリア半島、
その足先に蹴飛ばされた石のように
地中海に浮かぶ島。
c0135543_946697.jpg

それが、シチリア島、
何とも魅力満載の島である。
c0135543_947465.jpg

気候が良く緑も多い、
アーモンドを初め美しい花が咲き誇り
レモン、オレンジがたわわに実る。

太陽の恵みを受けた
芳醇な果物、野菜が沢山、
周りを取り囲んだ紺碧の海からは
新鮮なる海の幸が一杯。

そして、古くから地理的要所を占めるこの島は
ギリシャ、フェニキア、アラブ
勿論ローマ文明の影響を色濃く受けている。

さながら島全体が歴史の宝庫である。
c0135543_18471828.jpg

時は現代、今年の7月28日
所はイシチリア南部海岸のジェーラ沖。

そこで一艘の沈没船が
引き揚げられた。
c0135543_18184167.jpg

この船、どの位の間、
海底で眠っていたのか??

何と、2,500年間!!

古代ギリシャ時代の帆船だったのだ。

船の長さ21メートル、
幅は6.5メートル、
今まで引き揚げられた
古代ギリシャ船では最大のものだという。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-28 09:47 | その他 | Comments(0)
人を増やしても???
栃木県警、並びに消防署のお粗末な対応で
一人の女性が車中で水没死に至った
痛ましい事故の記憶は新しい。

両者のミスは弁解のしようもなく
遺族の嘆きと怒りは如何ばかりであろうか。

一方では、事故後の警察、消防のコメントは
この事故が起きるべくして起こった事を
物語っている。

彼らはこうのように弁解している。

「当日は電話が次から次に鳴って
 パニックとなり冷静な対応が出来なかった」

お粗末極まりない言葉だが
これが実態なのだろう。

要はプロ意識の欠如。

即ち、彼らに求められる根本的要件、
「緊急事態、災害への迅速で適切なる対処」に
欠けているからこその事故だろう。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-27 10:24 | その他 | Comments(0)
秋の足音
お盆を過ぎた山中湖、
そこには確実に
秋の足音が近づいてくる気配を感じる。

庭のテーブルになにやら緑色のものが???
先ほどからじっとして動かない。

色鮮やかなバッタである。
c0135543_943401.jpg

「秋の夜は更けて
 すだく虫の音も・・・・」

秋はもうすぐそこまで来ている。
c0135543_945832.jpg

道には胡桃の実が沢山落ちている。
c0135543_9454822.jpg

見上げる胡桃の木の緑も
気のせいなのだろうか?
7月と比べ若干色褪せた表情を見せている。
c0135543_9481531.jpg

つい2週間まで程には
艶々した赤い実をたわわにつけていた”ぐみ”も
鳥についばまれたのか
跡形も無くなってしまっていた。
c0135543_9484744.jpg

確実に時を刻んで行く。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-26 10:05 | | Comments(0)
焚口に鰹!!!
”孫は魚好き!”
この事実が徐々に広まっている。

その結果、釣り名人先輩諸氏より
”孫に食べさせて”と
新鮮な魚を頂戴する機会が増えた。

この場合、幸いなるかな、
爺が御相伴にあずかる事となる。

孫と共に、この機会に
厚く御礼申し上げる次第である。

さて、鰹は江戸時代
最高級の魚であったそうな。

旬の季節ともなれば
鰹の半身のお値段は
今の5,6万円は下らなかったという。

だから、江戸っ子の心意気として
「女房を質に入れても
 鰹の半身は買わにゃなるめー」となる。

このような言葉、
現代ではセクハラで
とても使えないだろうが。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-25 09:29 | | Comments(0)
オリンピック雑感 (練習は時として裏切るのか??)
「練習は裏切らない」

スポーツの世界では
良く聞く言葉である。

野球、サッカーはもとより
柔道、体躁、陸上等々
すべてのスポーツの指導者は良く言う。

「人より強くなりたければ
 人より多くの練習を積め!!!
 練習は決して裏切ることはない」

その言葉を受け
選手達は人より多く走り、泳ぎ
練習に次ぐ練習に明け暮れる。

そのような中、
「練習のし過ぎは良くない!」と
言明した選手が現れた。

この言葉を述べたのが
100、200平泳ぎで
アテネ、北京両大会を制した
北島選手なのだから
千金の重みを持つ。

これは、女子マラソン、
日本期待の野口選手が
直前に出場断念を表明した時、
北島選手が述べたコメントだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-24 20:51 | スポーツ | Comments(0)
オリンピック雑感 (野球が不思議でならない)
日本の野球ファンにとっては
なんと苛立たしい日々の連続であったことか!

まさに、”切歯扼腕”、
”煮え湯を飲まされる”とはこのことだ。

言わずと知れた
星野ジャパンの北京五輪である。
c0135543_20555855.jpg

標題の言葉は
3位決定戦敗戦直後
星野監督が漏らしたものである。

詳しく書くとこうなる。

「申し訳ないの一言。
 選手が可哀相、野球そのものが不思議でならない。
 ストライクゾーンが全く別世界、
 それでおかしくなってしまった」

ここで、星野監督には
ストライクゾーン云々の言い訳はして欲しくなかった。

ただ、私が取り上げたいのは
彼が、「野球が不思議でならない」と言った
一言である。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-23 21:05 | スポーツ | Comments(0)
オリンピック雑感 (蹴らなきゃ入らない)
北京五輪、
時として凄いスモッグを思わせる煙った景色の中
連日熱戦が繰り広げられている。

今までのところ、
日本人の活躍はどうだろうか?

水泳の北島選手の堂々たる2冠、
体躁、フェンシングで
日本若手男子の台頭等有るが
総じて女性の活躍が目ざましい。

その象徴にあるのがサッカーだ。

今回の両チームほど
対極的色合いを見せたものはない。

c0135543_920541.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-15 09:21 | スポーツ | Comments(2)
800年の眠りから覚めたハス (平泉、中尊寺)
”中尊寺ハス”
毎年、開花時期にはテレビで取り上げられているので
多くの方は既に知っておられるに違いない。

しかしながら、開花した花そのものを
ご覧になっている方は少ないだろう。

今回、東北夏祭りの旅、
最後に訪れたのが平泉、中尊寺だった。
c0135543_16495391.jpg

そして、幸運この上ないことに
平安時代を知る蓮の開花に遭遇した。

中尊寺は天台宗、東北大本山にして
奥州藤原氏ゆかりの寺である。
c0135543_16503825.jpg

中尊寺を建立したのは
藤原氏実質の初代である清衡。
c0135543_1651841.jpg

着工は1105年、
有名な金色堂は1124年に完成した。

この寺の建立目的は
前九年、後三年の役で亡くなった戦没者の供養と
奥州全土を仏教国土にしたいとの思いだった。

清衡のあと基衡、秀衡、泰衡と4代、
約100年間この地に王朝風の文化が栄えたのだった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-13 09:32 | | Comments(0)
渓谷に流れる舟唄 (げいび渓)
若き船頭さんの張りのある”げいび追分”が
川面に流れて行く。
c0135543_1193087.jpg

「探ね来て見てよーーーーーー
 岩手の里にーーーー
 世にも稀なる、この景色ーーーーー
 ・・・・・・・・・
 一関より遠からずーーーーーー」
c0135543_11101584.jpg

ここは日本百景のひとつ
猊鼻渓(げいびけい)。
c0135543_11105151.jpg

北上山地の岩肌を侵食して出来た渓谷で
川の両岸を100メートルもある奇岩が連なっている。
c0135543_11114166.jpg

今日は朝から
お天道様が照りつけている。
c0135543_11123321.jpg

その中を
涼を求めての川下り
悪かろう筈がない。

水は清く冷たく、
木陰に入ると
空気がひんやりとして気持ちがよい。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-12 10:11 | | Comments(0)
地熱発電と藤七爺さんの湯 (八幡平アスピーデライン)
8月3日、日曜日、
東北随一の絶景ドライブルートと言われる
”アスピーデライン”をバスで行く。

”アスピーデ”???
何か聞いたことが有るような???

アスピーデの仲間には
コニーデ、トロイデ、カルデラ・・・・。

そうです!
”アスピーデ”は火山の種類。

アスピーデは通常、楯状火山と呼ばれ、
盾を伏せた形の
なだらかな台地状の火山である。

アスピーデの世界的代表格がキリマンジャロならば、
日本の代表のひとつが、ここ八幡平と言ってよい。

さて、アスピーデラインと言うからには
この近辺には温泉が湧き出ている事を意味している。

確かにバスの窓から
白い噴煙が立ち上っている場所を
幾つか認めることが出来る。

現在、日本で地熱発電を行っている所は5ヶ所、
内4ヶ所が東北に固まっている。
c0135543_10132038.jpg

途中、立ち寄った大沼周辺にも
”ボコッ!ボコッ!”と
100度近くの温泉が湧き出てくる。
c0135543_10143658.jpg

日本は至る所に温泉が出る。
c0135543_10151894.jpg

石油価格高騰の今、
もっと地熱発電開発に取り組んだ方が良いのではないか?

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2008-08-11 09:43 | | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.