Top
<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
高卒か?大卒か? -2-
現在のメジャーリーグ、
カレッジ出身の若きエース台頭の理由は
大学野球部の環境整備に他ならない。

今、カレッジの野球環境の素晴らしさは
マイナーリーグをはるかに凌ぎ
メジャーをも上回っていると言われている。

例えばムッシーナ投手を生んだスタンフォード大学には
野球専用スタジアムの他
三つのサブトレーニング場と
ウエイトトレーニング場を備えている。

又、学生を指導する体制も充実している。

その一つの理由は
アメリカでは日本のようなプロアマ規定が無いので
昨日までメジャーの選手、コーチ、監督等が
カレッジで野球部を指導することが出来る。

更にはマイナーと比べ
野球シーズンの期間も中身も濃い。

マイナーシーズンは春からスタートして
半年足らずで終了してしまう。

それに対してカレッジは
2-6月の金属バットで戦う正式シーズンが終わると
8月以降木製バット使用のサマーリーグが始まる。

従って、投手はサマーシーズンに入ると
メジャーを睨んだ対木製バット投法を
ジックリと研究することが出来る。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2010-09-29 09:08 | スポーツ | Comments(0)
高卒か?大卒か? -1-
今日は日米野球界のお話しだ。

プロ野球選手として
特に投手として活躍するには
高卒が良いのか?
大卒の方が良いのだろうか?

アメリカの場合はマイナー組織がしっかりしているので
圧倒的に高卒投手が活躍してきた。

又、日本の場合も
大学で肩を消耗するよりも
高校から直ぐにプロ入りした方が
大投手として君臨するには良さそうだ。

それは過去、現在のエース級投手を比較すれば明らかである。

1.現役 (大卒はノンプロ含む)
  高卒  ダルビッシュ、田中、湧井、岩隈、前田、
       山本昌、工藤、藤川
  
  大卒  杉内、和田、内海、岩瀬

2.OB
  高卒  金田、稲尾、小山、米田、梶本、江夏、
       堀内、鈴木、村田、尾崎

  大卒  村山、杉浦、秋山、藤田、山田久志、平松

まだほかにも好投手が沢山いるだろうが
高校を出て即プロに入った方が
エースとして活躍する投手が多い。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2010-09-27 20:37 | スポーツ | Comments(0)
密林の王者
子供の頃友達と楽しんだ遊び、
和物のトップが「鞍馬天狗」をはじめとした”チャンバラごっこ”
洋物はといえば”ターザンごっこ”になるのだろうか。

アメリカの小説家エドガー・ライズ・バローズが
創り上げたジャングルのヒーローに
子供達は強い憧れを持ったものだ。
c0135543_1617404.jpg

「ア、ア、アーーーー」
密林に響く雄たけび、
木から木へと飛び移り
ワニの待ち構える河へまっさかさまに飛び込み
抜く手も見せずに激流を泳ぎ渡る。
c0135543_16183283.jpg

象の背にまたがり
多くの動物を引き従えて
悪人を懲らしめるターザン
吾等の時代の一大ヒーローだった。

舞台は未知の世界、
アフリカの大自然、
チャンバラごっことは違う
スケールの大きさを子供心に感じていた。
c0135543_16191483.jpg

ヒーロー、ターザンは映画でも大活躍だった。

中でも極めつけターザンはジョニー・ワイズミューラー、
1924年、パリ、28年のアムステルダムオリンピック、
五輪の華の水泳で5個の金メダルを獲得した男。
c0135543_16153660.jpg

これほどターザン役者にうってつけの人は居ないだろう。

ワイズミューラー以降
レックス・パーカー、ゴードン・スコットの
ターザンも楽しむには楽しんだが
何か違和感を感じたものだった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2010-09-26 16:37 | その他 | Comments(0)
不思議な体験
私は賭け事が好きだ。

中でも麻雀、競馬とは
長くお付き合いさせて貰っている。

麻雀は大人に混ざって遊んだ中、高時代を除き
かれこれ半世紀に渡って
麻雀パイをかき回している。

しかしながら昨日(23日)のような
不思議な気持ちになったのは初めてである。

私は麻雀の腕前は
並の人より遥かに上
名人とまではいかないがいい線行っていると思う。

特に本年に入ってから
麻雀という賭け事を
”勝負事”から”楽しもう”とする感が
一層深くなったようだ。

そうなると不思議なもので負けない、
いや、負ける気がしないと言ったほうが良いかも知れぬ。

こうして向かえた月に一度の麻雀日、
前線が日本に横たわり
朝から雨模様、絶好の麻雀日和である。

朝、家を出たときから
負ける気がしなかった。

戦わずして勝利は我が手に!

こんな気持ちで
雨の中、駅に向った。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2010-09-24 14:33 | その他 | Comments(0)
七変化の花
「紫陽花の季節は初夏、
 5月から7月にかけてだよ」

               (7月下旬の河口湖畔)
c0135543_15411258.jpg

「ふむふむ、その通り」
c0135543_1542411.jpg

「紫陽花は晴れの日より
 むしろ梅雨の小ぬか雨の日に見る方が
 より美しく見えるみたいだね」
c0135543_15433516.jpg

「そうね、確かにそれは言える。
 しかし、7月のそんな日に
 北鎌倉に行ってごらん、
 雑踏で傘の花しか見えないから」
c0135543_15441715.jpg


c0135543_1544531.jpg

そんなわけでもないだろうが
今年の紫陽花鑑賞は
もっぱら富士五湖周辺で楽しんだ。
c0135543_15454587.jpg

青、白、ピンク、
たとえ晴れの日でも
紫陽花は誠に美しい。
c0135543_15461186.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2010-09-22 15:55 | | Comments(0)
4人が見落とさなければ・・・・・
大相撲のテレビ中継が再開した。

何も休むことはなかったろうと思うのだが
ともかく世の中が平常に戻ったような気がする。

その中で昨日、白鵬が53連勝を達成し
ウルフと呼ばれた千代の富士の記録と肩を並べた。

戦後の大相撲の連勝記録で
50連勝以上を記録したのは3人、
双葉山、千代の富士それに白鵬である。

双葉山の現役時代のことは全く知らぬので
3人を比較することは出来ない。

               (千代の富士、優勝決定戦で同門対決(北勝海)を制す)
c0135543_1935082.jpg

私の知っている限りの戦後の横綱では
千代の富士は栃錦、初代若乃花タイプであり
白鵬は大鵬に似ているのではないだろうか。

               (千代の富士、大乃国に寄り倒され54連勝ならず)
c0135543_19362014.jpg

小兵ながらスピードと技で
相手を圧倒したのが前者3人ならば
後者2人のどっしりとした相撲ぶりから
磐石の安定感が感じられる。

               (大鵬、若き頃の磐石の相撲)
c0135543_1937559.jpg

従って、私の眼からは
負けない相撲で言うならば
白鵬、大鵬の方が栃、若、千代を上回っていると思われる。

               (左、柏戸、右、大鵬、横綱同時昇進の頃)
c0135543_1938571.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2010-09-18 07:59 | スポーツ | Comments(0)
動員新記録
本日の話題は
或る一本の映画がロードショーで
どれだけ多くのファンを集客したかについてである。

映画の興行成績
あるいは集客の比較は誠に難しい。

興行収入については
貨幣価値(入場料)が時代と共に変わっていくし
集客の方は興行形態が
今と昔では特に洋画の場合
大きく変わっているからだ。

即ち、私が飽きもせず映画館に通った頃、
洋画のロードショーは
日本で,少なくとも東京では単独館開催だった。

それが今では全国主要都市はもとより
東京でも複数館でのロードショー公開
名付けて「全国縦断ロードショー」と様変わりしている。

その昔、具体的には1954年のゴールデンウィークの頃
単独館開催としては
史上最高のお客様を集めた映画が
ロードショー公開された。

その映画は「ローマの休日」、
オードリー・ヘップバーン初の主演作品にして
アカデミー主演女優賞に輝いた映画である。
c0135543_14295691.jpg

公開された劇場は
1934年に完成した日比谷映画劇場、
お隣の有楽座と並んで
銀座界隈の映画館の顔であった。

「ローマの休日」は前年の8月
アメリカで公開され空前のヒットを記録した。

誰もが妖精の可愛らしさを持つ
ヘップバーンの虜となった。

時の上院議員、ジョン・F・ケネディもその一人、
いっぺんで彼女のファンになった彼は
最後の誕生日のパーティにヘップバーンを招き
「ハッピー・バースデー」を歌って祝ってもらった。

その前年の誕生日には
マリリン・モンローが歌い
ケネディ大統領華やかなりし日のことである。

More
[PR]
by shige_keura | 2010-09-17 14:40 | | Comments(0)
”底力”か?”勢い”か?
9月14日、午後から降りだした雨も上がり
涼風が吹きぬける神宮球場である。
c0135543_14483357.jpg

今年初めてのプロ野球観戦
ヤクルト対巨人の戦いだ。

夏を境に両チームは別人となった。

開幕後、低空滑空に喘いでいた”ツバメ軍団”が
何がきっかけかは良く分らないが
今や天高く飛翔しその勢いは止まらない。

一方の巨大戦力を持つ巨人だが
肝心要の投手陣が壊滅
下手をすればツバメの後塵を拝するまでの惨状だ。

夏以降の投手防御率は4-5点なのだから
1試合確実に5点以上取らなければ勝てない勘定であり
これは如何に強力打線といえども至難の技だ。

今日の神宮球場は大学野球との併用の為
選手の球場入りは5時過ぎだった。

意気揚々とヤクルトの面々がベンチに入る、
一方、巨人選手は誰も現れない。

暫くすると一人の選手が入ってきた。

小笠原選手である。

スタンドのファンに軽く会釈、
好感度はかなり高い。

彼に遅れること5分、
高橋由伸が現れるが全く覇気が感じられぬ。
c0135543_14495211.jpg

続いては愛嬌タップリのラミレス
巨人選手の中では例外的なファンサービスに尽くす男だ。

               (バックネット前でホワイトセルと談笑するラミレス)
c0135543_145029100.jpg

あとは、坂本、長野、脇谷、阿部、松本
いずれも元気の無いのが気になった。

これでは軽快なツバメに
足元をすくわれるぞ。

               (原さん颯爽と登場するが大丈夫??)
c0135543_14512760.jpg

これが試合前の予感だった。

More
[PR]
by shige_keura | 2010-09-15 14:56 | スポーツ | Comments(0)
”新しい波”の先駆者
9月12日、フランスの監督、
クロード・シャブロールが亡くなった、
享年80歳である。

彼はフランスの新たな映画の方向性、
即ち”ヌーベル・バーグ”の担い手として
ジャン・リュック・ゴダール、
フランソワ・トリュフォーと共に活躍した。

1959年はフランス映画界にとって
忘れられぬ年であるに違いない。

この年、奇しくも
1930年生れのシャブロールとゴダールが
「いとこ同士」と「勝手にしやがれ」、
32年生れのトリュフォーが
「大人は判ってくれない」を発表し
世の中をビックリさせた。

何故ならばその内容が
今までの映画が描く世界と変わっていたからだ。

主人公はいずれも精神的に満たされぬ若者達、
彼らは大人にとっては反社会的であり
無軌道であり反道徳的と看做された。

しかし、若者達にとっては
満たされぬ心の根っこには
子供達を理解しようとしない親がいたのだった。

このテーマは社会的に成熟した
ヨーロッパだからこそに思えた。

しかし、彼ら当時の若き監督が見習ったのは
一人のアメリカの監督だった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2010-09-13 21:01 | | Comments(0)
名監督はみな早熟?
「今まで見た映画で最も好きな作品は?」

この質問はかつての私には非常に難しかった。

それは質問を受けた時の年齢は言うに及ばず
その日の気分によっても異なったからだった。
c0135543_9534565.jpg

ある時は「第三の男」になってみたり、
「道」になったり、「友情ある説得」・・・・
「静かなる男」の時代もあった。
c0135543_1013052.jpg


c0135543_9545828.jpg


c0135543_95538100.jpg

しかしながら1989年以降
ベストワンは変わらぬ不動のものとなった。

それは、「ニュー・シネマ・パラダイス」
ジュセッペ・トルナトーレ監督
33歳実質的デビュー時の作品だ。
c0135543_956179.jpg

彼は今でも元気で活動中だが
この作品を上回るものは出来ていない。

早熟の天才と言われた
フランスのルイ・マル監督が
傑作、「死刑台のエレベーター」を世に出したのが24歳、
以降、33歳の「鬼火」を頂点として
それを超える作品は世に出なかった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2010-09-10 10:04 | | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.