Top
<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
思い出の二人 ”クープ”と”デューク” -2-
1952年、クープとデュークにとって
因縁深い作品が公開された。

上映時間85分と映画としては小品ではあるが
巻き起こした話題は超大作だった。

映画は「真昼の決闘」(High Noon)、
主演は保安官ウィル・ケーンに扮したゲイリー・クーパーだった。

映画記者、批評家相手に試写会が行われ後の評価は
非難轟々、悪評さくさく、散々なものだった。
c0135543_21183665.jpg

非難が集中したのはただ一点、
主役の保安官が従来の西部劇と違って
無敵のヒーローとはかけ離れた
人間臭い、弱みを持つ男だったからだ。

無法者が仕返しに町にやってくる、
しかも手下を連れて4人も、
加勢を募るも誰も協力してくれない。

「どうしよう」、
保安官は汗水たらして町を歩き助勢を頼む、
が、しかし、皆、家に閉じこもったまま。

無法者の乗る汽車は刻々と近づいてくる、
逃げ出した方が良いのかもしれぬ?
焦燥の色濃い保安官。

「何だ、これは!!!
 冗談じゃない、こんな情けない保安官なんて」
c0135543_2119429.jpg

不満を漏らすのは俳優も同じ、
その代表格がジョン・ウエインだった。
c0135543_21214697.jpg

「よし、この俺が無敵の保安官を演じてやる!」
こうして完成したのがハワード・ホークスの娯楽大作「リオブラボー」だった。
c0135543_21221171.jpg

確かに「真昼の決闘」は
今までの常識を覆す異色西部劇だった。

しかし、主要スタッフの顔ぶれを見れば
生半可な映画が生まれないことは明らかだ。

監督、フレッド・ジンネマン、製作、スタンリー・クレーマー、
脚本、カール・フォアマンは当時のアメリカで
極めて革新的な映画作りを進める異色の旗手達だった。

中には、カール・フォアマンのように
”赤狩り対象者”として目を付けられていた者もいた。

ところが異色トリオの方でもとんでもない誤算が生じた。

それは、主役のウイル・ケーンが決まらなかったのだ。

当初の候補、ヘンリー・フォンダに断られたのがつまづきのもと、
グレゴリー・ペッグ、モンゴメリー・クリフト、
マーロン・ブランド、カーク・ダグラス、
誰一人として首を縦にふらない。

その大きな理由は、当時のハリウッドは未だ保守的、
革新的連中に余りかかわりたくなかったのだろう。

窮余の一策、体調不良で休養していたクープに
だめもとで声をかけたところ、
意外や意外、彼は簡単に「Yes」と出演に応じた。

クープは政治に関しては全くの無色、
さらには、人々の憶測には頓着しない性格だった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-31 09:31 | | Comments(0)
思い出の二人、”クープ”と”デューク” -1- 
映画の扉を私が開けたのは小学校1,2年、
すぐに引き返すことのできない作品に出会った。

正確にいえば”引き返すことが出来ない”のではなく
ますます”のめりこむ”ようになったのだ。

その映画の主演スターが”クープ”ことゲイリー・クーパーだ。

作品は当時のハリウッドの大立者、
セシル・B・デミルが手掛けた「平原児」、
クーパーは勿論実在の西部のヒーロー
ワイルド・ビル・ヒコックを演じた。

               (左はジーン・アーサー演ずるカラミティ・ジェーン)
c0135543_18151010.jpg

映画が始まって間もなく
或る港で船に乗り込んだビルが
麦わら帽子をうちふって別れの挨拶をする少年に
腰のナイフを抜いたと見るや投げつける。

ナイフは麦わら帽子もろとも
後ろの板に突き刺さる。

「お前にプレゼントだ!」
片目をつぶって、ニコッとする
クーパーの人懐こい表情!!
c0135543_1814095.jpg

それだけで、「あー、この人いい人だ、
格好いいなー!!」と憧れてしまった。
c0135543_18143449.jpg

この映画の幕切れは酒場の場面、
カードゲームに興じるビルは
背後から卑怯者に射殺されてしまう。

何と悔しい場面だったことか、
何度も見た「平原児」だが
その場面になると目を閉じていたものだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-30 07:28 | | Comments(0)
夏時間の勧め
東日本の地震津波災害、
その被害程度は「想像を絶する」の形容が生易しいほど、
最悪の状況を生み出している。

被災地の大きな爪痕、
原発の予断を許さぬ現状と併せ
復興までの道のりは途方もなく遠い。

その間、直接被害に合わなかった我々としても
出来ることは最大限協力していかねばならない。

例え、出来ることが小さく、少なくとも
大勢の人が継続することで大きな貢献になる筈だ。

その中で、妻の一言で始めた事のひとつが
我が家の「夏時間の導入」だ。

具体的にいえば、二人の毎日の生活を
1時間早送りしたという事である。

即ち、今までの我が家の生活は
7時半の起床でスタートし夜の12時で終了していた。

それを、1時間切り上げ
6時半起床、11時の就寝に変更した。

これは、欧州で毎年行われている”夏時間”、
すなわち、3月末から9月まで
時計の針を1時間早く進めるシステムを真似たものにほかならぬ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-29 15:56 | その他 | Comments(0)
妙な男と変な賞
この人は現在82歳と老齢だが意気軒昂、
ここ最近、都内で盛んに名前を売っている。

彼は麻布中学卒業、東大工学部を経て
同じ東大の法学部で学び卒業したという。

但し、卒業証書を確認した人はいない。

卒業後、三井物産に一時勤めていたのだから
それ相応に出来た男だったのだろう。

彼は、野球が大好き、
自分で魔球を投げられると豪語しており、
彼自身の言葉ではあるが
メジャーリーグの始球式を行った日本人第一号とのことだ。

第一号かどうかは不明だが
1990年にパイレーツのデーゲームの始球式を
執り行ったことは確かなようだ。

変わっているといえば相当なる変種、
本人歌唱の「君が代」のCDを発売している。

さて、彼が最も自慢していることは発明件数の多さ、
又も自己申告ではあるが、その数3,367件は
発明王エジソンの1、093件を大きく引き離している。

ここまでくれば正体はバレテしまう。

彼とは4月10日投票の都知事選で
5回目の立候補をするドクター・中松氏である。

彼の発明を辿ってみると
名前からして、なにやら胡散臭げなものばかりだ。

「ピョンピョンシューズ」、「電動パチンコ」
「頭の良くなる薬」、「醤油チュルチュル」???
なんだか良く分からない。

健康に良くなると称して開発したのが「ピョンピョンシューズ」、
自分で履いて飛行機内にピョンピョンしながら搭乗したとき
天井に頭をしたたか打ちつけた時に叫んだ言葉。

「危ないじゃないか!
 これで頭が悪くなったらどうするんだ!!」

本当は凄く洒落っ気の有る男なのかもしれない。

何しろ、洒落や冗談が通じる世界的な評価、
イグノーベル賞を1995年に受賞しているのだから。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-28 09:07 | その他 | Comments(0)
カタカナ英語は何語??
カタカナ英語の台頭が顕著と感じたのは今や昔、
現在、その氾濫は目に余るものがある。

国立国語研究所(カタカナ英語を公認する機関)が
公表している以下のカタカナ英語を
3文字ないしは4文字の漢字で
すべて言い換えることは非常に難しい。

例え、それらの言葉が頻繁にメディアを通じて
我々の耳や目に入ってきているとしてもだ。

1.エンフォースメント
2.エンパワーメント
3.アジェンダ
4.パブリック・インボルブメント
5.モラル・ハザード
6.インフォームド・コンセント
7.デジタル・デバイド

多分一度は聞いた覚えがあるだろうが、
いざ、日本語に直すとなると途惑うことだろう。

さー、幾つ出来るだろうか?

答えは、
1.法執行
2.権限委譲又は能力開化
3.検討課題
4.住民参画
5.倫理崩壊
6.納得診療
7.情報格差

ところで、日本人にとってどちらが分かりやすい??

圧倒的に日本語の方が私にはスッと頭に入ってくる。

「今は英語至上主義の世の中、
 漢字に頼ってる時代ではない」

それは、それで分かるのだが・・・

しかし、もしも、それらの言葉が英語国の人に通じない
和製英語となってくると話が違ってくるのではないか。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-25 21:20 | その他 | Comments(0)
我が青春の女神たち -ヴァイオレットの瞳ー
今日の主人公はスターもスター、大スター!
アメリカでの彼女の人気は圧倒的だった。

当時、人気抜群の雑誌が「ライフ」、
その表紙を飾ること22回、
数あるスター中、堂々の首位である。

因みに2位は19回のマリリン・モンロー、
3位の18回がオードリー・ヘップバーンである。

主人公の名前は、エリザベス・テーラー、
美女中の美女と言って良いだろう。

髪はカラスの濡れ羽色、
豊かで艶々とした黒髪。

瞳の虹彩が非常に稀なヴァイオレット。
(瞳の色、すなわち虹彩はブラウン、へーゼル、
 ブルー、グリーン、グレーが一般的で
 ヴァイオレットの虹彩は稀有)

リズ(彼女の愛称)にじっと見詰められ
のぼせ上った男性は数知れずだ。
c0135543_10281372.jpg

しかも、有名人ばかり。

結婚相手だけを取り上げても
ホテル王、コンラッド・ヒルトンJR、
大プロデューサー、マイケル・トッド、
俳優、リチャード・バートン等々、
歌手、エディ・フィッシャーを
愛妻、デビー・レイノルズから奪ったのもリズである。

天下の美女、エリザベス・テーラー、
ところが、彼女は私にとって女神ではなかった。
c0135543_1029780.jpg

彼女の美しさは認めるが
特に中年以降のリズから漂う
得体の知れぬ品のなさ、醜さに辟易させられた。

従って、彼女の作品は
子役で売り出した、「名犬ラッシー、家路」、
「若草物語」は楽しんだものの、
アカデミーを取った「バターフィールド8」をはじめ、
「クレオパトラ」、「去年の夏、突然に」等
いずれも幻滅を感じただけだった。

(「若草物語」の四姉妹、左からマーガレット・オブライエン、
        ジャネット・リー、ジューン・アリスン、エリザベス・テーラー)
c0135543_10314168.jpg

しかし、彼女を女神として取り上げるにいたった
たった一本の作品がある。

それは、「ジャイアンツ」!
c0135543_10325321.jpg

エドナー・ファーバー女史の人気小説を基に
ジョージ・スティーブンス監督が手掛けた
テキサスに生きる人々を描いた壮大なる人間ドラマである。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-23 09:07 | | Comments(0)
備えあれば・・・・風流も味わえる
無計画停電と読み間違えているのではないか?
そう思えるほどの計画停電なるものが始まった。

電気は点いて当たり前、
我々に沁みついた常識が覆されると
誰しもがその不便なこと、不条理なことに苛立ちを覚える。

東京湾を見下ろす絶景の高台で
生活している友人の言葉。

「まわりは真っ暗なのに
 横須賀基地、周辺は煌々と明かりがともっている」

真の闇と煌びやかな明かり、
それは奇妙極まりのないコントラストから生じる違和感と
見る人の胸に割り切れなさが生じても当然だ。

人々はこの非常事態に
それぞれが対策を考え実行している。

しかしながら、これから紹介する主人公のアイデアほど
素晴らしく、そして前向きなものはないと驚いている。

彼の凄いところはこの逆境を逆手にとって
遊び感覚で対策を自分で構築してしまう事だ。

この画像がその素晴らしき戦果である。
c0135543_21504567.jpg

これは計画停電用、緊急自家発電ランタンである。

電源は何処から持ってきたのだろうか?
そして、電球は何を利用したのだろうか?
笠はどうやって作ったのだろうか?

この話を聞いて、
「暇だね、全く」と笑い飛ばす人もいるだろうし、
「凄いね、これは!!」と敬服する人もいる。

私は文句なく後者に属している。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-21 09:08 | その他 | Comments(0)
同年齢のビッグ・スリー
直前のブログとの関連性で
ゴルフの話を続ける。

長いブログだが、
最後までお読みいただけると
前号のクイズの答えがお分かりになります。
c0135543_2139205.jpg

我々同世代のゴルフ好きの諸氏にとって、
ビッグ・スリーと聞いて思いだすのは、
アーノルド・パーマー、ゲイリー・プレーヤー
そしてジャック・二クラウスになる。
c0135543_2139454.jpg

超一流の腕前に加え個性の豊かさ、
この三人は当時のゴルフ界に
間違いなく君臨していた。
c0135543_21402047.jpg

しかしながら、今日紹介するビッグ・スリーは
それより一昔前に活躍したゴルファーである。

そして、このビッグ・スリー、
奇しくも同じ1912年に誕生している。

三人の成し遂げた驚くべき実績を振り返るにつけ
真のビッグ・スリーとは彼等のためにあるのかもしれない。

その三人とは、僅かながらの生まれの早さ順に
バイロン・ネルソン(2月)、サム・スニード(5月)
そして、ベン・ホーガン(8月)である。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-19 19:54 | スポーツ | Comments(0)
私は誰でしょう? -2-
三番目のヒント!
これは決定的な手掛かりとなる筈!!
これで正解できないと・・・・・・

彼はゴルフが好きで好きで大好きで
死に場所にまでゴルフ場を選んでしまった。

時は1977年の12月、
場所はスペイン、マドリード郊外のゴルフ場、
17番ホールでの突然の心臓麻痺で世を去ってしまった。

その時、彼は既に74歳と高齢であるにも係わらず
ハンディキャップはシングルを維持していた。

即ち、アマチュアながら彼はすぐれたゴルファーで
そのプレー振りはいかにも紳士然としていた。

彼が口癖に言っていた言葉、
「どうしても友達にしたくない奴がいる、
 小さな嘘をつく奴とアイアンの距離を自慢する奴だ」

1937年、彼は若いゴルファーを援助する為
プロアマトーナメントを丸抱えで開設した。

当時は今と状況は全く異なり
プロゴルファーは食っていく為に悪戦苦闘していた。

尚、第一回大会の優勝者はサム・スニード、
彼は翌年も優勝をさらった。

このイベントは第二次大戦で一時中断したものの
1947年PGAトーナメントに組み込まれ復活、
マスターズと並ぶ人気トーナメントとなっていった。

何しろ、毎年の招待者160名は
全て彼の熟考の結果決定され
毎年その顔ぶれは大きく異なっていた。

有名人全てが招待状を心待ちにし、
中には彼の家の上空を自家用機で飛んで
自分をアピールする者まで現れた。

前夜祭は報道陣オフリミットの非公開、
飲めや歌えのドンちゃん騒ぎ!

しかし、翌日は人が変わったかのように
皆が目の色を変えてプレーに集中した。

そして、このトーナメントがきっかけで
後世、「ザ・マッチ」と語り継がれる
プロ対アマのベストホールマッチが行われた。

時に1956年、場所はお決まりのカリフォルニア州、サイプレスポイント。
c0135543_2355656.jpg

非公開ながら5,000人のギャラリーが注視する中
歴史的ゴルフマッチが行われた。
c0135543_23201167.jpg

一体全体、プロの方が強いのか
アマチュアの方が上手いのか?

               (ベン・ホーガン)
c0135543_2364365.jpg

               (バイロン・ネルソン)
c0135543_2375039.jpg

プロ組はベン・ホーガン(44歳)とバイロン・ネルソン(44歳)
アマチュアコンビがハーヴィー・ウオード(30歳)とケン・ベンチュリ(25歳)。
               (ケン・ベンチュリ)
c0135543_23122350.jpg


               (1965年ライダーカップ、アメリカ優勝、
                 前列でカップを持つのがバイロン・ネルソン
                 後列、左から3番目が弟子のケン・ベンチュリ)
c0135543_23919100.jpg

最終ホールまでもつれ込んだ熱戦の影の仕掛け人が
穏やかな表情で試合の行く末を見守っていた彼だった。

小柄ながらもダンディーこの上もなし
常にくゆらすパイプの煙は彼のトレードマークだった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-18 09:14 | その他 | Comments(0)
私は誰でしょう -1-
今日の主人公は古き良き時代のアメリカを舞台に
活躍した有名人である。

ご同輩の方々ならば
この人の名前は絶対に知っている筈だ。

では、最初のヒント。

主人公は本業で財を成し
その後、馬主及び競馬場の取締役として
アメリカ競馬界の発展に大きく貢献した。

具体的には1937年、
カリフォルニア州のデルマー競馬場創設に貢献し
そこの共同取締役に就任した。

               (現在のデルマー競馬場)
c0135543_22591124.jpg

翌1938年、同競馬場にて
競馬ファン注目のレースが行われた。

何が注目かと言えば、出走馬はたった2頭、
いわゆる、本場アメリカでも滅多に見られぬマッチレースだったからだ。

彼の持ち馬リガロッティは
アメリカ稀代の名馬、シービスケットに挑戦した。

               (通算33勝の名馬、シービスケット)
c0135543_233635.jpg

結果、リガロッティは惜しくも敗れたものの
このレースと彼の名前は競馬史に刻み込まれる事となった。

それは後年、主人公の名前を冠とした
ハンデキャップレースが創設されたことでも物語っている。

ここで、当てる事が出来れば
貴方は私が平伏すほどの物識りです。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2011-03-17 09:16 | その他 | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.