Top
<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
スポーツの春 ー神宮の球音ー 
スポーツの次に続く季節の言葉は秋が定番、「スポーツの秋」。

しかし、私にとって、スポーツには
春の方がより相応しく感じる。
c0135543_9205462.jpg


c0135543_9214887.jpg

暗く凍てつく冬が漸く過ぎゆく気配、
木々の枝から新芽が顔をのぞかせ
日を追うごとに柔らかな若草色が濃い緑に変わっていく。
c0135543_9223572.jpg

春は若さの季節ではあるが
吾等爺い達も身体を動かしたい気持ちになる。
c0135543_92381.jpg

又、自分の身体が言うことを聞かないときには
若者たちが伸びやかに競うスポーツ観戦も気持ちが良い。

春こそスポーツの季節!

例えば六大学野球には春・秋ふたつのリーグ戦があるが、
秋よりも春の方が断然好きだし
うららかな陽気に誘われ神宮に自然と足が向かってしまう。

4月28日、朝刊のスポーツ面の小さな記事に目が止まった。

「慶應対明治は5-5の引き分け、
 結果、慶応が1勝1分け」

何と、慶応が昨秋の王者・明治を追いこんでいる!

試合開始はと見ると11時、
今は10時45分、到底試合開始には間に合わない。

野球は試合開始直後が最も面白いのであって
今からの神宮通いは残念ながら諦めるか。

そう考えたもう一つの理由は
昨日の慶応の引き分け方が実に面白くなかったからだ。

6回を終わって5-1と断然優位に立ちながら
明治の反撃に遭って4点差を追いつかれ
5-5の引き分けに持ち込まれてしまったのだ。

流れは完全に明治、今日は敗色濃厚、
神宮詣では明日にするか?

しかし、しかしだ、天気予報によれば明日は雨、
それに引き換えベランダから眺める空は晴れ渡っている。

五月晴れ、野球観戦には理想的な天候である。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-04-29 09:40 | スポーツ | Comments(0)
悪夢再び!
久しぶりのブログ更新が
なんとも、怖ろしくもやるせない事件の紹介となった。

暇さえあれば競馬場に通う私にとって
最も見たくないものが落馬の場面、
思わず「アッ!!」と口にしたまま凍りつく。

「騎手は? 馬は?? 命に別条は???」

事件は、薫風かおる4月27日の府中競馬場で起きた。

第10レース(準メイン)、勝負所の最後の直線
各馬に鞭が入り、いざゴールを目指す、そのとき、
内を走っていた9番(リラコサージュ)が急に外によれた。
c0135543_10553774.jpg

右後ろを走っていた2番(ジャングルハヤテ)は避けようもない。
c0135543_10545854.jpg

馬は躓き、騎手はもんどり追って地面に叩きつけられ
テレビの画面で見る限り動く気配もない。
c0135543_10562511.jpg

幸いにして命には別条がなかったとはいえ
頚椎骨折の重傷で全治のめどはたっていない。

加害馬の旗手は岩田、
被害を受けた騎手は後藤である。

二人の名前が出ると思い出すのは2年前のことだ。

More
[PR]
by shige_keura | 2014-04-28 10:59 | スポーツ | Comments(0)
才人の面目躍如!
主人公の職業は小説家、俳優、脚本家、
クラリネット奏者と多彩を極めるが、
世に最も知られているのは映画監督としてである。

映画ファンならば先刻ご承知、
映画界きっての才人、ウッディ・アレンその人である。

アレンの新作「ブルー・ジャスミン」の試写会を
ひょんな縁で代官山のブッティクの一室で鑑賞した。

前作、「ローマでアモ-レ」、前々作「ミッドナイト・イン・パリ」
ロマンティック・コメディ-が続いたが
今回は180度転換、シリアスで辛口、
上質な人間ドラマとなった。

主人公は華やかな生活が忘れられぬ女性、
名前はジャスミン、官能の香り、夜開く花・ジャスミン。
c0135543_2222176.jpg

しかしながら、彼女の本当の名前はジャネット、
このありふれた名前を嫌ってジャスミンと改名、
ジャスミン・フレンチと名乗る彼女の周りは
ルイ・ヴィトン、シャネル等々フレンチ・ブランドが一杯だ。

物語は過去と現在を巧みに行きつ戻りつ、
ブルームーンをはじめスタンダードジャズが流れる中を
ウッディ・アレンの腕が冴えに冴える。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-04-07 18:25 | | Comments(0)
桜満開、選抜も満開 -凄い作戦、応える選手ー
こういう作戦を取る監督も居る!!!!

その場面を目の当たりにした私、
これは驚き以外の何物でもなかった。

4月2日、選抜高校野球決勝戦、龍谷大・平安対履正社
スコアは4-2、平安2点リードのまま
終盤8回裏履正社の攻撃に入った。

70回目(選抜は38回)の甲子園出場の古豪、平安にして春の優勝なし、
目の前に紫紺の優勝旗がちらついてくる時間帯である。
c0135543_1428680.jpg

そこにつけこんだ履正社は1死1,2塁のチャンス、
ここで平安の原田監督は投手交代を告げた。
c0135543_1428316.jpg

平安の3番手犬塚投手は
何とこの場面で甲子園の初マウンドとなる。

緊張しない方がおかしい犬塚君
次打者を歩かせ1死満塁、
更にボールが二つ続きストライクが入りそうな雰囲気は無い。

ここで、原田監督はまさかの投手交代
1番を背負った中田君がマウンドに送った。

私が中田君だったら、「えー、まじかよ」と思う。

点差は僅かの2点、塁上には全てランナーがいる、
しかもボールカウントはノ-ストライク・ツ-ボール、
絶体絶命をとはまさにこのことだ。

しかも、初球は大きく外れ、スリ―ボールとあとがない。

平安ファンは、ただただ神に祈り、
履正社ファンは同点逆転をほぼ確信したのではないだろうか。
c0135543_1429734.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-04-06 14:36 | スポーツ | Comments(0)
桜満開、選抜も満開 -敬遠にとりつかれた男ー
3月31日・月曜日 空は真っ青に晴れ渡り風も穏やか、
折しも桜は9分咲き、これ以上ないお花見日和となった。
c0135543_174085.jpg

当初は一日かけて都内の桜名所を
ゆっくりと見て回るつもりだったが・・・・・、
朝刊を見た途端、ゆるりとお花見は出来ぬことに気がついた。

何故なら、高校野球・春の選抜、準々決勝第3試合に
佐野日大と明徳義塾の好カードが組まれていたからだ。

本大会屈指の好投手、
佐野日大の田嶋、明徳義塾の岸、
野球ファンならばこれを見逃してなるものか。
c0135543_17404191.jpg

更に、この試合を観戦したい理由が別に有った。

私は高校野球の大のファンではあるが
特定の贔屓のチーム、好き嫌いは基本的にない。

但し、その中で唯一と言ってもよい
応援したくないチームが明徳義塾である。

星陵高校時代の松井秀喜を
5打席連続敬遠の作戦をとった馬淵監督、
彼が率いる限り、明徳球児には申し訳ないと思いつつ
良い感情を抱くことは出来ないでいる。

その馬淵監督が今や甲子園の名将に名を連ねている。

ならば、どのような采配を見せるのか?
この目でじっくりと確かめようじゃないか。

そして、この試合でも彼の得意の作戦、
敬遠のあとにドラマは起きた。
c0135543_17412490.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-04-04 17:45 | スポーツ | Comments(0)
ホゲエ! ホゲエ・・・・
3月31日、オランダ、ハーグの国際司法裁判所は
オーストラリアの提訴を受け、
日本の行っている「調査捕鯨」は科学的研究を逸脱しているとみなし
南極海の捕鯨活動の中止を最終判決とした。

てっとり早く言えば、国際的には
シーシェパードの活動が支持されたわけで
日本の鯨ファンとしてはなんとも割り切れぬ想いだろう。

自分自身は鯨肉に対して何の想い入れもないので
対岸の火事程度の受け止め方しかできない。

ただ、残念に思うのが日本の外交交渉であり、
今回も後手後手に回った感は否めない。

日本の当局はいつの時代になっても
周囲の状況の捉え方が甘く
その結果、苦汁を飲まされてばかりいるようだ。

判決が申し渡されたあとの日本関係者の言葉、
「今までの説明不足を反省する」が
如何に、物事を甘く見ていたかを物語っている。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-04-02 16:16 | その他 | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.