Top
<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
燃えなくて良かった!
「○○は燃えているか」。

映画ファンならば○○に入る言葉が
パリであることは良くご存知の筈だ。

1966年、フランスの巨匠、ルネ・クレマンが
第2次大戦時のパリ解放を描いたノンフィクション小説をベースに
手掛けた映画のタイトルが「パリは燃えているか」である。
c0135543_18314756.jpg

では、この言葉は誰がどのような状況で言ったものだろうか?

時は1944年8月25日、場所はドイツ軍占領下のパリである。
独軍占領下と言っても、連合軍のノルマンディ上陸作戦以来、
ドイツ軍は後退に後退を重ね、パリ解放も時間の問題となっていた。

この日、総統・ヒトラーが作戦部長のアルフレ-ド・ヨーデルに
苛立ちを隠せず、3回にわたって聞いた言葉が
「パリは燃えているか」(Is Paris Burning?)である。
c0135543_18324720.jpg


すなわち、ヒトラーは世界一美しい街、
パリを徹底的に破壊しようとしていた。

ノートルダム寺院を皮切りにルーブル美術館、オペラ座等々、
歴史ある美しい建造物すべてが灰塵の危機にさらされていた。

それではヒトラーはパリの街を忌み嫌っていたのか?

そうではない。彼はパリをこよなく愛していた。
では、何故ヒトラーはパリを破壊しようとしたのか?? 

それは、すでに負け戦を覚悟していたヒトラーは
彼の大好きな街・パリを連合軍側に奪われるぐらいならば
徹底的に破壊し尽くそうと思ったからなのだ。
               (ホテル ル・ムーリス)
c0135543_18333883.jpg

命令を受けたのがパリのホテル・ル・ムーリスに
本拠を置く独軍総司令部、防衛司令官・コルテッツ将軍だった。

彼とて美しいパリを壊したくはなかったが
命令にそむけば彼の愛する妻子は処刑されてしまう。

               (6月6日、連合軍の「ノルマンディ上陸」)
c0135543_18352037.jpg

パリの破壊はもはや時間の問題だった。
一方、破壊工作成就の報せが来ないヒトラーは苛立ちを募らせていた。
独軍の防衛線を突破した連合軍の足音はパリに迫って来た。

「風雲急を告げるパリ」
果たしてパリは救われるのか?

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-03-21 23:18 | | Comments(0)
歴史の彼方の甲子園 -3-
甲子園で活躍した嘉農の選手たち、
そして1931年以降の近藤監督の足取りを辿ってみよう。

近藤監督の期待に応えた1931年の嘉農ナイン、
中でもエースで4番を務めた呉明捷(1911-1983)の活躍は際立っていた。
c0135543_2218216.jpg

予選から甲子園全ての試合を独りで投げ抜き
4番として甲子園で0・412(三振ゼロ)と打ちまくった。

麒麟児と呼ばれた呉は
その後早稲田に入学1塁手として活躍、
通算本塁打7本は慶応の強打者・宮武と並び
長嶋茂雄に破られるまで神宮の最多本塁打として光り輝いていた。

               (嘉農同窓会、1959年 前列右から2番目が近藤兵太郎氏
                前列左端が呉明捷氏)
c0135543_22183924.jpg

準優勝のメンバーではなかったが、その後近藤監督の下、
春夏4回にわたり甲子園に出場した選手が呉昌征である。

尚、映画では自転車に乗った明るく可愛い少年として登場している。

彼は日本のプロ野球草創期の人間として欠かすことの出来ない人間だ。
c0135543_22213187.jpg

呉のプロ在籍は1937年から1957年までの21年間、
日本プロ野球史上20年以上在籍した最初の選手だった。

出場試合は1700試合、打者として首位打者を2回獲得しただけでなく
投手としても5年間プレーしノーヒットノーランも記録した。
               (巨人時代:左から楠、呉、一人とんで沢村栄治)
c0135543_22222179.jpg

大戦中に在籍したのは阪神タイガース、
本拠地の甲子園球場が芋畑となった時、
高校時の経験を活かし耕作指導員としての任にあたった。

               (ダイナマイト阪神打線:左から土井垣、金田、別当、藤村、呉)
c0135543_2224295.jpg

ファイト満々の呉選手、ニックネームの「人間機関車」の通り
戦後の阪神タイガース、ダイナマイト打線の一番打者としてチームを牽引した。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-03-13 09:10 | スポーツ | Comments(0)
歴史の彼方の甲子園 -2-

迎えた決勝戦、嘉農の前に立ちはだかったのが
初出場とはいえ、優勝候補としての評判高かった中京商業だった。

中京商業を率いていたのが岡田源三郎(1896-1977)。

彼は東京生まれ、早稲田実業在学時、
捕手として1915年大阪府の豊中グラウンドで行われた
第1回夏の大会(正式名称:全国中等学校優勝野球大会)に出場した。
               (第1回大会始球式)
c0135543_22114533.jpg

その後、彼は1923年、第3代目の明治大学野球部監督として
ニ出川、湯浅、田部等の名選手を育てた。

岡田監督は捕手の目から嘉農を分析、
特に3試合で16盗塁と走り回った機動力に目を付けた。

「嘉農の足を封じよ!」
監督の厳命に見事こたえたのが中京商業バッテリー。
               (決勝戦の模様、嘉農本塁憤死)
c0135543_22391645.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-03-12 09:04 | スポーツ | Comments(0)
歴史の彼方の甲子園 -1-
昨年暮れから年初にかけて
野球をテーマとした映画が3作品続けて封切られた。

「バンクーバーの朝日」、「アゲイン」そして
「KANO 1931 海の向こうの甲子園」である。

中でも日本・台湾合作映画であり
台湾で記録的な大ヒットとなった「KANO 1931 海の向こうの甲子園」は
日本でもロングラン興行、多くの観客を集めている。
c0135543_2145798.jpg

上映時間160分の大作「KANO」は
若干時間を持て余し気味であり、
野球の場面の本物度合いが不足しているものの、
お話の面白さ十分の一級娯楽作品となっている。

尚、KANOとは当時台湾にあった実在の学校、
嘉義農林高校(かぎのうりんこうこう)の略称であり
ユニフォームに表わされているチーム名である。
c0135543_21454479.jpg

映画は日本統治下の台湾、
主人公の熱血監督・近藤兵太郎に率いられた
無名の嘉義農林高校(嘉農:KANO)が
甲子園に駒を進め、準優勝を成し遂げた実話に基づいている。

野球が大好きな私にとっては何よりも
本作品の主人公・近藤兵太郎監督をはじめとする
野球に青春を打ち込んだ関連人物に興味を持った。
               (晩年の近藤兵太郎氏)
c0135543_21505539.jpg

近藤監督を辿っていくと、
そこには戦前戦後の激動の時代、
高校・大学・プロ野球草創期に白球を追いかけた
純真無垢の野球少年が躍動している。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-03-11 09:16 | スポーツ | Comments(0)
ひばりが飛んだ日
この画像は東急文化会館の跡地に作られたヒカリエ内にある
シアター・オーブから撮った渋谷の景色である。
c0135543_10431080.jpg

真下に見える電車は日本最古の地下鉄・銀座線である。
c0135543_10451584.jpg

浅草―上野間が開通したのが1927年、
そのときのキャッチフレーズが「東洋唯一の地下鉄」だった。
c0135543_10454163.jpg

その後、1939年に渋谷―新橋間開通、
1946年に渋谷―浅草間の全線開通となった。

地下鉄は地下を走るから地下鉄なのだが
渋谷駅近くでは地上階に姿を現す。

それは地上に空気を吸う為に出てきたのではなく、
それなりの理由があるのだ。

当時の地下鉄工事は今と違って技術的に劣った為、
地下深く掘り下げる技術はなく、又、掘り下げる必要もなかった。
更に、工事は地下一定の深さを保って進められた。

その為に、海抜の低い地帯では
地下鉄が地上に姿を現してしまうのだ。

銀座線が地上に姿を現す場所は渋谷に四谷、
その名前が示すように、そこは谷なのだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-03-09 17:30 | その他 | Comments(0)
薫風の心地よさ!!
c0135543_12284754.jpg

遂に念願のお芝居を観ることが出来た。
江戸時代の風情、市井の表情を生き生きと描いた舞台は
期待を超える素晴らしさだった。
c0135543_1228992.jpg

国立劇場3月の演目、「梅雨小袖昔八丈 -髪結新三-」である。
c0135543_12292129.jpg

本作品は坪内逍遥が「江戸歌舞伎の大問屋」と評した
河竹黙阿弥の代表作のひとつだ。

初演は明治6年(1873)、江戸の中村座。
黙阿弥が六代目・尾上菊五郎の為に書いた本作品は
歌舞伎の世話物代表作として多くの歌舞伎ファンに支持されてきた。

その一人が故・池波正太郎さんであり、
彼の随筆「味と映画の歳時記」、「昔の味」に
少年の頃に観たお芝居の様子が描かれている。
c0135543_123326.jpg

池波さんの一篇を抜き取ってみよう。

「この芝居を初めて観たのは、まだ少年のころであったが、
 いうまでもなく新三は六代目・菊五郎で、
 歌舞伎座の客席に初夏の薫風が香る想いがした。
 房楊枝(ふさようじ:現代で言えば“歯ブラシ”)を頭へさし、
 広袖の手ぬぐい浴衣、高銀杏歯(たかいちょうば)の下駄を履いた新三は
 初鰹の片身を三分で買う。
 三分と言えば、あと一分で一両になるわけだから、
 現代の生活感覚の上からは五万円にも六万にもつくのだろう。

 ・・・・・・・・・・・江戸っ子と初鰹については
 くだくだと書きのべるまででもあるまい。
 南方から海をわたってくる鰹の群れは、
 薩南から土佐を経て紀州へ。
 さらに遠州灘をすぎ、伊豆半島へ懸かるころには脂ものって、
 初鰹のシュンということになる。・・・・」。

季節と食べ物が密接に庶民の生活に係っていた頃のお話だ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-03-07 18:07 | | Comments(0)
逃げ切りなるか!!
c0135543_849626.jpg


久しぶりのブログ更新、
ベランダからの日差しもすっかりと春めいてきた。
c0135543_850108.jpg

1月のスキ-、苗場からの帰り道に買い求めた
万両の紅白の実もはち切れんばかりに熟してきた。
c0135543_851451.jpg

一方、隣の富士桜は健気にも蕾を開こうとしている。
c0135543_8515882.jpg

「この分なら逃げ切れると思いますよ」。

これは3月4日、我が敬愛する
かかりつけの名(迷)医の言葉である。

私はこのお医者さんが大好きだ。
深刻ぶった顔は一度も見せず、
俺は名医だとは毛ほどにも感じさせない。

例えば、こんな会話をしている。

「どうしたの今日は?」

「ちょっと風邪気味で・・・
 先生の顔を見ると治ると思って来ました」
 

「わたしゃ、そんな名医じゃないよ」

おもわず、「分かってます」と言いそうになる・・・・が、
患者に妙な不安を持たせない、
これが医者として最も大切な所だと思う。

それは2カ月も前になるが、
身体に違和感を感じ始めた。

どこかと言うと、下腹部に不快感、鈍痛を感じるようになった。

痛みを感じる箇所を特定できぬのが煩わしい。
時には右腹、時には臍した三寸、時には足の付け根、
ころころと場所は移動するし、痛みが消えることもある。

男の下腹部の違和感と言えば前立腺に決まっている。
特に私の前立腺は自慢じゃないが肥大傾向と言われてきた。

違和感・不快感は感じなくなったり、
又、鎌首を持ちあげたり、
遂に名医の扉をたたいた。

取りあえずのPSA血液検査は悪い病気の疑いなし。
次なるは超音波テストで腎臓、肝臓も診てもらった。

テスト後の御託宣「余り気にすることはないでしょうが、
前立腺大きくなってきてるね。成長してるねー。
念の為、日赤でMRI検査をやりましょう」。

歳をとればもともと低い身長でも縮む、
その一方我が前立腺は成長する。

非常に不公平である。
歳をとると厄介なことが多くなる。

日赤検査後1週間の3月4日の名医の言葉がこれだ。

「今のところは深刻な状況ではないけれど
 経過を見ましょうとの結果です。
 でもね、このぐらいならば逃げ切れると思いますよ」。

訳せば、こと、前立腺に関しては深刻な状況になる前に
あの世に旅立つことが出来るということ。

これは喜ばしい報せである。

私は答えた。
「任せておいて下さい、逃げるのは子供のころから大の得意でしたから
 ともかく逃げ足だけは速いんです」。
c0135543_8592690.jpg

ケタケタケタ、名医の笑い声を背に受けながら診察室をあとにした。

外は19度にまで達するという予報がまさに的中したかのような陽気、
春風が心地よく頬をなでた。
[PR]
by shige_keura | 2015-03-05 09:03 | その他 | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.