Top
<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
勝ちに不思議な勝ちあり
「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」。

もともとは江戸時代後期、平戸藩主にして剣術の達人、
松浦静山の書、「剣談」に書かれている言葉だ。

しかしながら、一般的にはプロ野球の元名監督、
野村克也氏が用いたことで有名になった。

野村さんの説くところは
「負けるときには何の理由もなく負けるのではなく
必ず何か負ける要素がある。
又、勝った時でも何か、負ける要素が潜んでいるのだが
不思議なことに勝利が転がり込んでくる」。

4月27日、日本各地で30度を記録、
夏を思わせる日差しのもとに行われた東京六大学野球、
慶應対明治の決勝戦はまさに、この言葉を地で行く展開となった。
c0135543_221873.jpg

その予兆は早くも1回表、明治攻撃の時から匂っていた。

3つの四球と1安打、
しかしスコアボードには0(ゼロ)が刻まれた。

この場面をもう少し詳しく解説しよう。
      

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-04-28 22:31 | スポーツ | Comments(0)
春の小川
4月22日テレビのニュースが伝えていた。

「札幌で染井吉野の開花が確認されました。
平年より11日早く1953年の観測以来2番目に早い開花です」。
c0135543_935421.jpg

全国で最も早い開花宣言がされたのが3月24日の東京、
以来、約1カ月要して北の国でも桜の開花を迎えた。

年々賑わいを見せる目黒川の桜見物、
開花宣言直後、平日の午前中にもかかわらず人の波。
c0135543_9364598.jpg


c0135543_9375239.jpg

ただ、混雑を覚悟しても見る価値のある光景が目の前に広がっている。

目黒川の川幅は狭いので両岸から満開の桜を付けた枝が
川面にかぶさっている様は、まさに桜トンネル。
c0135543_9391528.jpg



4月1日の鎌倉、母の命日に訪れる場所で
いつも墓参りを兼ねて桜を愛でている。

今回は生憎と鎌倉のシンボルともいえる
若宮大路の「段葛」(だんかずら)が大改修に入っており
美しい桜並木を拝むことが出来なかった。

               (鶴ヶ岡八幡内、白幡神社)
c0135543_940276.jpg

段葛は1182年源頼朝が
妻・政子の安産を願う為に造成されたものとされる。
c0135543_9405696.jpg

前回の改修は大正初期、
さすがに参道を支える石積みにひび割れが目立ち、
桜の老化が進んだことで今回の改修となった。

工事は昨年の11月よりはじまり
2016年3月一杯まで要する大工事となる。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-04-25 09:53 | | Comments(0)
伝説の狙撃手VS天才数学者
2014年のアカデミー賞レースを盛り上げた2本の傑作、「アメリカンスナイパー」と
「イミテーション・ゲーム  エニグマと天才数学者の秘密」を連続して鑑賞した。

前評判通りの秀作には違いないが、
そこにアメリカと英国のお国柄の違いも垣間見て非常に興味深かった。
c0135543_2251483.jpg

「アメリカンスナイパー」はイラク戦争に4回に渡り出征し、
米軍史上最多の160名を射殺した伝説の狙撃手、
クリス・カイルの人間像を精緻に描いている。
c0135543_22521827.jpg

イラクの反政府軍掃討の為に派遣されたアメリカ軍は
相手の巧妙な抵抗に苦戦を強いられる。

何故ならば、現場は反政府軍が立て籠っているだけではなく
地元一般市民も怯えながら生活している。

即ち、両者を見分けることは難しく、
一歩誤れば一般市民を犠牲にする危うさがつきまとう。

一方、アメリカ軍は相手からは簡単に敵として認識されるのだから
神経のすり減らし方も尋常ではない。

クリス・カイルはアメリカを、そして同胞を守るためには
女子供にまで銃を向けざるを得ない。

本質的には優しい父親、
クリスの精神は徐々に変調をきたしてゆく。
c0135543_22524221.jpg

監督は今やハリウッド最高の映画人と
誰もが認めるクリント・イーストウッド。

彼はアメリカ映画の本質・娯楽性を外すことなく、
クリス・カイルを通じて戦争を愛国的側面と
反戦的側面をも淡々と冷徹に捉えていく。

今年84歳となったイーストウッドだが
衰えを微塵と感じさせないエネルギーは驚異的である。

1992年、イーストウッドの大好きな西部劇「許されざる者」で
彼は念願のアカデミー監督賞を受賞した。

以下がイーストウッドの煌めくばかりの作品群と
キネマ旬報の年度評価(ベストテン)を挙げよう。

1992年 「許されざる者」 1位
1995年 「マディソン郡の橋」 3位
2000年 「スペース・カウボーイ」 1位
2003年 「ミスティック・リバー」 1位
2004年 「ミリオンダラー・ベイビー」 1位
2006年 「父親たちの星条旗」 1位 「硫黄島からの手紙」 2位
2008年 「グラントリノ」 1位 「チェンジリング」 3位
2009年 「インビクタス/負けざる者たち」 2位
2011年 「J・エドガー」 8位
2014年 「ジャージーボーイズ」 1位
2015年 「アメリカンスナイパー」 ?


2014年「ジャージーボーイズ」と
「アメリカンスナイパー」の2作品を手掛け
健在ぶりを改めて証明したクリント・イーストウッド、
今後の活躍が楽しみである。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-04-16 23:01 | | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.