Top
<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
梅雨入り前の北陸路~本物志向~
私が金沢に暮らしたのが1997年から6年間なのだが
移り住む2年前に金沢城址内にあった金沢大学が郊外に移転した。
               (昔からある金沢城・石川門)
c0135543_1713285.jpg

勉学を前田利家所縁の城址でいそしむ、
こんな素晴らしい事はない。

何で、郊外に移転したのかと不思議に思った。

その後、1999年、堀跡の市民のテニスコートが撤去、
相前後して、金沢城復元工事が始まると知った時
なんと、馬鹿な事にエネルギーを費やすのかと落胆した。

何故なら、全国の至る所で見られる城の復元は
およそ、その出来栄えは安っぽく、
往時のものとは比べるべくもなかったからだ。

これならば、僅かな城壁、苔むした天守閣跡から
想像力を膨らませ、当時を夢見た方が面白いと思った。

ところが、ところがである。

2001年、第一期工事が完成した「五十軒長屋」「菱矢倉」を見て、
石川県、金沢市を見くびっていたことに気がついた。
               (復元なった「五十軒長屋」)
c0135543_17142733.jpg

建築資材も出来る限り当時の物を使うばかりか
工法までもが昔の手法を取り入れて復元した。

流石、文化を大切にした加賀百万石の血筋、
昔からのもの作りの伝統・精神は
今も脈々と受け継がれ、常に本物を目指している。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-06-30 21:31 | | Comments(0)
梅雨入り前の北陸路~6月と言えば~
金沢は食の宝庫、とりわけ冬の日本海の魚は絶品である。

12月も近付くと関東では季節外れの雷が轟く、
これを北陸では「ブリ起こし」と言う。

即ち、海底深く眠っていた栄養満点のブリが
食卓に上がる時期到来である。

それに加えて、カニの解禁、白身の王者とも言えるアラ(沖スズキ)、
勿論ノドグロの脂が最ものってくる時期だ。

それでは夏の魚事情はどうなるか? 
美味しい魚は夏には味わねないのか?

そんなことはない、
北陸の夏ならではの魚が我々を楽しませてくれる。

それは6月に解禁となる鮎の登場である。

北陸には三県それぞれに鮎釣りが通う有名な河が有る。

福井県の九頭竜川、石川県の犀川、
そして好んで通ったのが富山県・庄川である。

金沢から北陸新幹線で一駅で富山県の新高岡、
そこから城端線に乗りついで
青々とした田園地帯を走ること15分ほどで砺波。
c0135543_21461941.jpg

c0135543_2149176.jpg

c0135543_2147517.jpg

あとはタクシーで15分もすれば目的地に到着する。

尚、城端は“じょうはな”と読み、
蓮如上人が2世住職を務めた善徳寺を中心に発展、
江戸時代は前田家の手厚い庇護を受けていた土地である。
c0135543_21475419.jpg

つまり、この一帯は加賀百万石・前田家の勢力が及んでいた。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-06-27 22:05 | | Comments(0)
梅雨入り前の北陸路~橋三態~
川の流れは人の心を和ませる。

住んでいる土地に、趣のある川が流れていると
おのずとホッとした気分になり、
仕事のストレスを忘れさせてくれる。

金沢には有名な川がふたつある。

ひとつは犀川、もうひとつは浅野川であり、
前者を男川、後者を女川と呼ばれている。

それは、金沢で生まれた文豪・泉鏡花が
1919年発表した長編小説「由縁の女」に
浅野川を「女川」と表現したことから犀川を「男川」と言うようになった。

二つの川を見れば命名も合点がゆく。
                 (室生犀星の名前と所縁のある犀川)
c0135543_219045.jpg

川幅の広く直線的な犀川に対し、
浅尾川の流れは曲線的であり、繊細な女性を思わせる。

当時金沢に住んでいた家が近かったせいもあるが
私は風情ある浅野川の方が圧倒的に好きだった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-06-26 21:30 | | Comments(0)
梅雨入り前の北陸路~オデンに串焼き~
ここは金沢市東茶屋街奥の観音坂
長い石段が観音院に通じている。
c0135543_9374554.jpg

ここは、6年間暮らした金沢時代の家から歩いて3分、
この階段を何度となく上り下りしたものだった。
c0135543_9381768.jpg

観音院は「四万六千日」で知る人ぞ知るの寺。

毎年、旧暦7月9日にお参りすると
実に126年毎日お参りしたのと同じ御利益が有るので
近隣から大勢の人々が訪れている。

同時にここの観音様は無病息災、
とりわけ「ボケ防止」の御利益があるので
当時は父の為に随分とお参りしたものだった。
c0135543_9391958.jpg

ところが、今や己のボケ防止を精一杯願い
アジサイの咲く境内で、手を合わせる自分が居た。
c0135543_9395757.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-06-25 09:47 | | Comments(0)
梅雨入り前の北陸路~蕎麦の里・今庄~
6月16日(火)、新たに開通した北陸新幹線、
車中の人となって金沢に向かった。
c0135543_10214518.jpg

既存の新幹線に比べ足元のスペースもったっぷり
快適な乗り心地である。
c0135543_10232011.jpg

今回は、石川だけでなく福井、富山を廻って
北陸の味を楽しむことを目的とした欲張り旅行である。

このとき、東京は既に梅雨入りしていたが
北陸は直前、予報は晴れ・曇りが続いていた。

新幹線開通前の北陸ルートは、
上越新幹線で「越後湯沢」で乗り換え「ほくほく線で向かう。

山と海の景色を存分に楽しめる旅の風情はあったが
金沢まで最短4時間~4時間半の行程だった。
               (越後湯沢の雪景色)
c0135543_10283563.jpg

               (冬の日本海・親不知近辺)
c0135543_10292335.jpg

それが、新幹線「かがやき」を利用すれば2時間半、
片道2時間以上の時間短縮は大きい。

生憎の曇り空、唐松林が並ぶ軽井沢を矢のように走り抜け
雲に隠れたアルプス、千曲川に沿って糸魚川へ
あとは海沿いに走り金沢へ、
従来に比べ拍子抜けがするような速さだった。

新幹線の恵みを味わう暇もなく
大阪行き「サンダーバード」に乗り換え鯖江で下車、
普通列車へ乗り換えて目的地「今庄」に向かった。
c0135543_10495270.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-06-24 10:50 | | Comments(0)
ニュージーランドの手練者
6月14日(日)府中・東京競馬場の朝である。
c0135543_20512057.jpg

朝まで残っていた雨が上がり、
緑が一層濃くなって来たかのようだ。
c0135543_20515125.jpg

レース開始前のパドックはひっそりと静まり返り
ここで、2週間前に行われた競馬の祭典、
ダービーの名残はどこにも見当たらない。
c0135543_2058297.jpg

故・山口瞳さんの名シリーズ「男性自身」のひとつ
「ダービーのあと」がふいに頭をよぎった。

師は確かこんなことを書いていたと思う。
c0135543_2155394.jpg

「私はダービーの後の競馬場が好きだ。
 最大のレースが終わったあと、
 競馬場にはいつにない穏やかな空気が立ちこめている。

 春競馬は終わり、それぞれ夏の巡業先
 北海道へ福島へ新潟へと多くの馬がすでに旅立っている。

 ホットした空気の流れる府中、
 馬達もいつになくリラックスしているかのようだ」
c0135543_2151186.jpg

本日もまさにそんな雰囲気が感じさせられる東京競馬場、
しかしながら、本日は花形ジョッキーが勢ぞろい、
さながら、顔見せ大歌舞伎のようである。
               (連対率日本一・福永騎手)
c0135543_20595841.jpg

関西から武豊、福永、浜中、フランス人のルメール
向かい撃つ関東は戸崎を筆頭に田辺に北村、内田、等々・・。
               (関東の名人・横山騎手)
c0135543_211856.jpg

しかし、私のお目当てはそうではない。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-06-20 20:39 | スポーツ | Comments(0)
偉大なる敗者
舞台のアカデミー賞とも言われる
アメリカ・ブロードウエー舞台の最高の栄誉である
「トニ―賞」の授賞式がつい先日行われた。

渡辺謙は惜しくも主演男優賞を逃したが、
彼が出演した「王様と私」は主演女優、
助演女優等を獲得し高い評価を得た。

このニュースに接した時、
私の脳裏には一人の女優の顔が浮かんだ。

彼女の名前はデボラ・カー、
英国出身のハリウッドを代表した美人女優である。
c0135543_212621100.jpg

彼女のニックネーム「英国のバラ」の通り、
デボラ・カーは華やかな中につつましやかな気品をたたえていた。

それは、彼女の出世作品「黒水仙」、
尼僧の役で銀幕に登場したことが多分に影響しているだろう。
c0135543_21271082.jpg

彼女、デボラ・カーは又、「偉大なる敗者」と呼ばれたこともあった。

それはアカデミー主演女優賞にノミネートされること6度、
しかし結局彼女はオスカー像を抱くことが出来なかったからだ。
c0135543_21274867.jpg

ノミネート作品のひとつが「王様と私」であり、
シャムの王様を演じたユル・ブリンナーが主演男優賞を得たのに反し、
デボラ・カーはノミネートに留まった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-06-09 22:07 | | Comments(0)
名監督の要件???
プロ野球も交流戦を半ば過ぎて
佳境に入ろうとしている。

今年ペナントレースが始まる前
二人の新人監督に率いられたヤクルト(真中)と広島(緒方)に注目していた。

しかしながら、今のところ両チームはセリーグのBクラスに低迷、
苦戦を余儀なくされている。

以下のリストはプロ野球の歴史にあって、
リーグ優勝を4回以上し、日本一を1回は獲ち取った監督たちである。
(例外は西本元阪急監督)
c0135543_23333679.jpg

監督名  リーグ優勝数  日本一数

川上      11      11
水原       9       5      
鶴岡       9       2
森        8       6
西本       8       0
原        7       3
三原       5       4
野村       5       3
上田       5       3
長嶋       5       2
古葉       4       3
広岡       4       3
王         4       2
藤田       4       2
落合       4       1
星野       4       1

上記の監督が全て名将とは言わぬが、
監督として誇れる実績を残してきた人々だ。
c0135543_23345018.jpg

ここで問題をひとつ出そう。

上記の監督達に共通することは何だろう?
   

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-06-07 23:39 | スポーツ | Comments(0)
限りなき胡散臭さ
1988年6月中旬、新たな勤務地であるスイスのチューリッヒに到着。

長旅による疲労は紺碧の空、満々と水をたたえる湖、
遥かに仰ぐ神々しいアルプスの景観で吹き飛んだ。
c0135543_15394685.jpg

目の前にあるのは絵葉書そのものの美しい自然、
澄んだ大気は澱んだ肺の中をスキッと洗い流してくれた。

時差ぼけ解消のために我が家の周囲を散策、
先ず目に留まったのが当時世界ナンバーワンの座に君臨するホテル、
「ドルダ―・グランド」の威容だった。
c0135543_1541117.jpg

欧州随一の富める国スイスの象徴が目に焼きついた。

ホテルのほど近くの小路を入ると突き当たりに
煉瓦色をした地味な2階建てのビルが目に入った。

表示には「FIFA Headquarter」。

「なんだ! ここがワールドカップを取り仕切るFIFAの本丸か!!
 それにしても随分と地味で目立たないじゃないか」。

それから30年ほどの時間が流れた現在、
そのオフィスはチューリッヒ湖ばかりか
街を睥睨するかのようなゴージャスな建物に生まれ変わっている。
c0135543_15421147.jpg

モンスターのような怪物に成長した本丸、
そこに、今話題となっているFIFAの腐敗、
金権体質が垣間見られると思うのは私だけだろうか。
c0135543_154387.jpg

副会長等の幹部の逮捕、
騒ぎの真っ最中に会長選挙が強行されたのは常識外、
その結果、ブラッタ―会長が5期目の続投となったのは驚き以外のなにものでもない。

ブラッタ―への支持がアフリカ、アジアの国々によるものは確かであり、
日本もいち早くブラッタ―再選を支持した。

投票は国の実力に係らず1票としてカウントされるので
国数が多いアフリカ、アジアは投票結果に大きな影響を及ぼす。

そもそも、ブラッタ―が会長に就任した1988年の選挙は
彼がアフリカにワールドカップ開催権をチラつかせ
票数を獲得したものと言われている。

事実2010年、アフリカではじめてのワールドカップが南アフリカで行われた。

アフリカでワールドカップを開催すること自体に
異議を唱えるつもりはないが
会長選挙に絡めた話となると筋が違ってくる。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-06-01 18:09 | スポーツ | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.