Top
<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
夏の思い出 -2- 夏は新潟
今年も爺のお楽しみイベント、
新潟夏競馬の日がやってきたのは9月5,6日、
今回は宿泊を1泊から2泊と増やし、とことん競馬を楽しむこととした。
c0135543_18415134.jpg

新幹線で約2時間、
新潟駅に下り立つや否や胸が躍る。
c0135543_18423342.jpg

競馬場の入り口をくぐると越後美人?ギャルのお出迎え、
そして新潟競馬のシンボル、
ゴール前で羽ばたくトキが歓迎している。
c0135543_18431015.jpg

その昔の若かりし頃、競馬にのめり込んでいった
1960~70年代の新潟競馬はローカル色が際立ち、
舞台で言えば二流役者の落ち行く先の感がしていた。
c0135543_18442518.jpg

サラブレッドは夏の暑さが苦手、
従って一流馬は暑さを避けて北海道へと放牧に出されていた。
               (御贔屓、イタリアの伊達男、ミルコ・デ・ムーロ騎手)
c0135543_18454724.jpg

騎手も同じように、ベテラン人気ジョッキー、
野平祐二、加賀武見、郷原洋行、柴田政人は勿論、
頭角を現した、武豊、横山典弘等はこぞって北海道へ出かけていた。

ところが、馬の飼育、育成技術の進化とともに
新潟競馬場の大改築もあり、
近年は新潟競馬場デビュー馬の活躍が目立つようになった。
               (関東の人気ジョッキー、田辺に蛯名)
c0135543_18473350.jpg

c0135543_18484035.jpg

例えばジャスタウエイ(天皇賞、安田記念)、ハープスター(桜花賞)、
イスラボニータ(皐月賞)等のG1優勝馬は
新潟でデビューしアイドルホースとなっていった。
               (新潟名物1000メートルの直線競馬)
c0135543_18492539.jpg


c0135543_18503821.jpg


c0135543_18511526.jpg

新潟競馬場の格が上がっていくとともに
年々、客足は伸びているように見受けられる。

今年のお目当ては新潟記念、
毎年荒れるレースとして有名なのだが
私は自分の推理に相当なる自信を持っていた。

狙いはパッションダンス、
ここ1年ほどの成績は冴えないが
着順ほどにタイムは負けていない。

過去のレース・ステップを良く見ると
いかにもこの新潟記念に
照準を合わせているかのように見受けられる。

更には鞍上(ジョッキー)に名手、ミルコ・デ・ムーロを起用してきたのだが、
その割には人気が今一歩、6~7番人気のところで低迷している。

「しめた!これだ!!」。

パッションダンスの単勝と、この馬からの連複馬券を握りしめ
メインスタンドで今や遅しとファンファーレを待った。

折悪しく小雨模様、スタート地点は
向こう正面、2コーナーのポケット。

ゲートが開いてスタート!
3番枠のパッションダンスはスタートを決めて
内に潜り込んで経済コース、
楽に先頭集団を追っている。

「いいぞ、この調子だ!」

第3コーナーへ向かう長い直線、
パッションダンスの走りは軽快そのもの
デ・ムーロはぴたりと馬と折り合い、
逃げ馬を射程圏内に置いている。

4コーナーを回って新潟名物、外回りの長い直線、
ゴールまで600メートルの旅路が待ち構えている。

雨に煙る遥か先、薄いベールの向うがどうなっているのか?
豆粒のようなひと塊の馬群が徐々に大きくなってきた。
c0135543_1852282.jpg

さー、勝負どころだ!

突如、逃げる柴田大知のマイネルミラノめがけて
内に潜んでいた刺客、パッションダンスが
進路を外にとって馬体を並びかけてきた。

しかし、マイネルミラノも抜かれそうでしぶとく粘る。
c0135543_1852377.png

二頭の熾烈な叩き合いが200メートルに渡って繰り広げられ、
満場は興奮の渦に包まれた。

「デ・ムーロ、デ・ムーロ!!」
年甲斐もなく声を枯らす爺の前を、
力強く頭の差で差し切ったパッションダンスが
トキのゴール板を先頭で駆け抜けていった。

「ヤッター!! やったぜ!!!」

東京に帰る電車の中のビールが
心地よく喉に沁みわたっていった。

だから競馬はやめられない。
[PR]
by shige_keura | 2015-11-30 22:53 | | Comments(0)
夏の思い出 -1- 三人旅
言い飽きて,聞き慣れた言葉のひとつが
「時が経つのは早いね」、「歳とともにあっという間に1年が過ぎる」。

まったくもってその通り、気が付けばクリスマス近し、
そして新年を迎える。

夏以降、ブログをお休みしていたのはそれなりの理由があった。

簡単にいってしまえば多忙を極めたからだった。

この歳で仕事が降ってくるのは、ある意味でありがたいことなのだが、
さすがにブログまで手が回らなかったというわけだ。

この機会に、2015年を振り返ってみると、
最大の行事は老夫婦が孫の手を引き(逆かもしれぬが)
ロンドンに出かけたことである。

「希望する中学に入ったら好きなところに連れて行ってやる」。

この言葉が嬉しい仇となって
祖父母と孫のおかしな「三人旅」が7月末に実現した。
               (いざ、ホグワーツ特急に乗って! ハリー・ポッター・スタジオ)
c0135543_19103248.jpg

ローマ、パリを競り落として、
英国のロンドンを孫が選んだ最大の決め手が
映画のヒーロー、ロビンフッド、シャーロック・ホームズ
そしてジェームズ・ボンドの存在にあった。
                (ハリー・ポッター・スタジオ)
c0135543_19124744.jpg

「僕は映画評論家になりたい」。

この言葉は小学校6年生の時、
私が言った言葉であり
当時としては相当に変わったガキだったことだろう。
               (ストーン・ヘンジ)
c0135543_19134922.jpg

両親はそれなりに慌てたらしく、
評論家では食べていけないという言葉を聞いたような覚えがある。
               (バース、ローマ時代の浴場跡)
c0135543_1916280.jpg

               (浴場跡の地下に今でも湧き出る温泉)
c0135543_19174697.jpg

大人になるにしたがって打算が働き、
寄らば大樹の陰とばかり自動車メーカーにもぐりこみ、
日本の経済成長期の追い風に乗って
のうのうとしたサラリーマン生活を送った結果が今である。
               (大英博物館)
c0135543_19201657.jpg

とはいえ、映画は私の人生の傍らに常にあり、
特に昔の作品のことなら一晩中でも話したい口なのだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-11-29 22:15 | | Comments(0)
He will return
約半年ぶりのブログ再開は11月27日(金)、
映画ファン待望の007最新作、「スペクター」日本公開の日となった。
c0135543_229496.jpg

映画をこよなく愛する爺は
渋谷東宝シネマに上映開始の30分ほど前に
胸躍らせて駆け付けた。

指定券を持っているのだから、そんなに早く行く必要はないのだが
歳とともにせっかちが昂じてきている。

ところが、映画館の入り口前にはご同輩諸氏がたむろ、
開場を今や遅しと待ち構えているではないか。

彼らを観察していると時間つぶしには事欠かない。

殆どのご同輩が007を観る前から肩をいからせ
目は吊り上って興奮状態に入っている。

中には懐からワルサーを抜出し、
ズドンと一発かませてやろうかといった御仁もいる。
c0135543_22141387.jpg

頭の中はすでに、あのジェームズ・ボンドのテーマが駆け巡っているに違いない。

かくいう私も同じように見られていたに違いない。

世界を牛耳る謎の組織「スペクター」が初めて紹介されたのが
シリーズ第2作「ロシアより愛をこめて」だった。
c0135543_22182774.jpg

時に1963年、麻雀と映画で明け暮れていた小生に
アクション映画の面白さをトコトン味あわせてくれたのがこの作品だった。

それから半世紀以上も経った今も
多くのファンを魅了し続けている007の魅力はどこにあるのだろうか。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2015-11-27 22:29 | | Comments(2)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.