Top
<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
遥かなる昭和・本物のタレント群像 -7-
1974年と言えば戦後そろそろ30年に差し掛かる頃の12月6日、
場所は東京武道館で超満員の観客を集めた
伝説のコンサートが開かれた。

このときの16,000人を数えた観客の盛り上がりは
1966年のビートルズ初来日コンサート以来であると伝えられている。

名付けて、「中年御三家 ノーリターン・コンサート」、
熱狂的なファンをそれぞれに集めていた
小沢昭一(当時45歳)、野坂昭如(44歳)、永六輔(41歳)、
司会進行役を務めたのが愛川欣也(40歳)と中山千夏(26歳)だった。

小沢昭一さんは小生の中学・高校の大先輩、
今から思えば何としてもこのイベントは見逃すべきではなかった。

とにもかくにも言葉の達人をこれほど揃えたコンサートは
空前絶後と言うべきに違いない。

今となっては当時の模様を録音でしか知ることはできないのだが、
それだけでも十分に当時の盛り上がりを窺えることが出来る。
c0135543_20521892.jpg

司会者の滑稽な紹介でひとりずつ舞台に登場し、喋りと歌を披露する。

当時、浅田飴のコマーシャルをしていた永六輔。

「遠くに行こうと行けまいと、お経を詠もうと詠めまいと、
 咳・声・喉に浅田飴、赤坂珉珉会長(その筋に有名なチャーメン屋)、
 浅田飴で鍛えた喉の持ち主、永六輔」の紹介で登場。

あとは独特の口調で場内を沸かせる。

どうぞ永さんの顔と喋りを思い出しながら読んでいただきたい。
c0135543_20525493.jpg

「後ろに3人の写真がありますよね。
 海軍兵学校で戦争に参加した小沢さん、
 学徒出陣寸前の野坂さん、
 焼け跡にコスモスが咲く中、飢えと戦った私、
 それぞれ2歳ずつ違うのね。

 育った環境が違うから、僕の顔には厳しさがないけれど、
 ・・・女性をくすぐる甘さがありますよね・・・・・」。

当時、サンヨー・レインコートの
テレビ・コマーシャルに出演していたのが野坂昭如。
c0135543_20541237.jpg

「雨が降ろうが降るまいが・・・・外はいつでもサンヨー・レインコート、
 浮浪児出身、感化院卒、四畳半襖張替業」の紹介で登場した野坂さんは
例の早口ながら訥々と語る。

「我々御三家に優る歌手は居ないわけで、
 今年の十大ニュースなんだ、きっと。
 今日は酒を一切飲まず、歌詞を見ることなく独りでやります。
 トム・ジョーンズと一緒にってオファーがあるって聞いたんだけど、
 あんなドサ周りと一緒にはごめんだね」。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2016-07-31 11:06 | | Comments(0)
遥かなる昭和・本物のタレント群像 -6-
1968年、テレビのコマーシャルに登場した巨泉さんから
突如、わけのわからぬ言葉が飛び出した。

リズム感抜群ながら意味不明の言葉は
倒産寸前だったパイロット万年筆を奇跡の復活へと導いたのだから
視聴者に与えたインパクトは半端ではなかった。
c0135543_941714.jpg

「みじかびの、きゃぷりきとれば、すぎちょびれ
 すぎかきすらの、はっぱふみふみ、   分かってね!」

コマーシャル撮影の為スタジオ入りした巨泉は
台本を一目見るなり「面白くない」と一言、
そしてアドリブで奇妙な言葉が飛び出した。

この時代、植木等、谷啓等が
盛んに意味不明の言葉を使って話題を呼んだ。

「ハラホロヒレハレ」とか「ガチョー-ン」という言葉を覚えておられるだろう。

巨泉さんがこの言葉に込めた意味はこうなのだ。

「ポケットに入りやすくした短い万年筆、キャップを取って後ろにつければ、
 あとはすらすらと書けてルンルン気分」。

なんとなくわかるような気がするが、
そんなことよりも巨泉のリズム感には仰天した。

これには続編が登場した。

「すぎしびの、ほねのすねにて、はぎりでら
 すらりぺらぺら、はっぱのりのり」、

このあとに彼の歯切れの良い言葉が続く。

「僕が言いたいのはね、18金キラ、キンキンの万年筆の書き味が
 “のりのり”か“ふみふみ”だってこと。
 ここはやっぱり“ふみふみ”だね」。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2016-07-30 18:03 | | Comments(0)
遥かなる昭和・本物のタレント群像 -5-
「金曜11」の中で、大橋巨泉は多彩な才能を発揮していた。

視聴者参加の「11ダービー」は
言ってみれば二人を競馬馬に見立て、
参加者の選ぶ番号によって進むコマが決まり、
どちらが早くゴールに辿りつけるか、
いわば双六と同じ至極単純なゲームである。
c0135543_9331872.jpg

これを人気コーナーとしたのは
大橋巨泉の話術の賜物と言って間違いない。

こんな、言葉が度々彼の口から飛び出した。

視聴者が電話で選んだ数字が、例えば「へ5番」とする。

巨泉曰く、「あッ、への5番ね、これが凄いへで・・・・」、
雪路は又かといった顔をしながらも吹き出す。

巨泉だからこその面白さだと思う。
               (11PM本番前の打ち合わせ中の巨泉と雪路)
c0135543_9341797.jpg

そのほか、競馬勝ち馬予想、麻雀、釣りにゴルフにボーリング、
そして番組では殆ど取り上げなかったが将棋も玄人はだしだった。

競馬をはじめとする博打、将棋の世界に精通している
作家の山口瞳さんは巨泉の才能に驚嘆したことがあった。

巨泉が将棋の世界に入ったきかっけを作ったのが山口さんなのだが、
わずか半年後には平手で勝てなくなるほどの上達を見せたと言う。

「巨泉さんは何事にも真面目に真剣に取り組んでいる。
 あの人は才能もあったのは確実だが努力も半端じゃない」。

これが山口瞳の巨泉評である。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2016-07-28 20:24 | | Comments(0)
遥かなる昭和・本物のタレント群像 -4-
1965年、テレビにとっては不毛の時間帯の深夜に挑戦した番組が現れた。

NTV系列で始まった「11PM」、
まさしく当時の深夜と言われた23時から1時間もかけたバラエティ番組だった。

月・水・金は関東、火・木は関西がキーステーションとなって始まった「11PM」は
お色気という新たな味付けを盛り込んだことで
深夜としては驚くべき視聴率を叩き出した。

私が観たのは主に関東製作「11PM」、
月曜日と水曜日は小島正雄のスマートな司会が印象的だった。
c0135543_2116437.jpg

彼は1913年の生まれ、NHK入社するも戦後復員してからは
名門ジャズバンド「ブルー・コーツ」のバンド・マスターとして活躍し、
コーラスグループの「ダークダックス」「ボニー・ジャックス」
「スリー・グレイセス」の生みの親として名高い。

これから更なる活躍が期待された56歳の時に
心筋梗塞の為突然この世を去り世間を落胆させた。

金曜日の11時が楽しみのお時間、「金曜11」の開始である。

ジャズ評論家でピアニストでも活躍した三保敬太郎の
軽快なアップテンポのテーマが流れる。
c0135543_17144013.jpg

画面には網タイツの女性の動画、
そしてお色気一杯のジューン・アダムスがウインク!
c0135543_1715351.jpg

「バー・サバダバ、ダバダバ・・・・」。

続いて、金曜日の司会者大橋巨泉と
朝丘雪路のお馴染みのセリフが流れる。
c0135543_17164797.jpg

「金曜のイレブンは、司会は巨泉、野球は巨人の大橋巨泉と」(巨泉のセリフ)
「朝まるで弱い朝丘雪路」(雪路のセリフ)の司会でお送りします。

ここからはページを割いて最も敬愛したタレントの一人、
大橋巨泉の思い出を語りたい。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2016-07-26 23:24 | | Comments(0)
遥かなる昭和・本物のタレント群像 -3-
1961年4月から1966年までNHKに登場したのが「夢であいましょう」。

一方、同じ年の6月から1972年までNTVで放映されたのが「シャボン玉ホリデー」
共に大ブレークした懐かしの音楽バラエティである。

まずもって、堕落の一途をたどるNHKが
「夢であいましょう」のような小粋でハイセンスな番組を作っていたということが驚きだ。

それに、比べ現在のNHKの歌番組は
昔のデパートの大食堂さながら、
企画の意図がまるでないので、上手く演出することなど出来るはずがない。

典型的な時間の無駄番組と落ちぶれている。

当時のNHKとしては22時~22時半と遅い時間帯に流していたが、
高校生の私は毎週楽しみにテレビにかじりついていた。

番組の冒頭と最後に進行役で登場したのが
ファッション・モデルでお上品な中島弘子、
彼女の首を右に傾けながらの挨拶とお辞儀はいつ見ても魅力的だった。
c0135543_10415341.jpg

「夢であいましょう」は数々のタレント、逸話を残したが最大のヒットは今月の歌。

ここから伝説の「六・八・九」コンビの「上を向いて歩こう」が生み出された。
c0135543_10421929.jpg

「六・八・九」とは作詞の永六輔、作曲の中村八大、
そして日航ジャンボの墜落の犠牲となってしまった坂本九である。

永六輔、中村八大は次々と今月の歌でヒットを飛ばしていく。

“知らない町を歩いてみたい・・・”、ジェリー・藤尾の「遠くへ行きたい」。

“こんにちは赤ちゃん、私がママよ・・・」、梓みちよ、
               (こんにちわ赤ちゃん)
c0135543_1043988.jpg

”いつもの小路で目と目があった・・・」、田辺靖雄、

”幼馴染の思い出は、青いレモンの味がする・・・・」のデューク・エイセス等、
今でも歌詞とメロディーが懐かしく脳裏に焼き付いている。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2016-07-26 09:01 | | Comments(0)
遥かなる昭和・本物のタレント群像 -2-
「昨日(きのう)の続き」。

ラジオ関東(現・ラジオ日本)で1959年から1971年まで
12年間もの長きにわたって放送された人気トーク番組だった。

富田恵子は番組アシスタントとして毎回登場し
二人の男性のトークのお相手をしていた。

番組の最後に必ず彼女が言う爽やかな口調が印象的!

「今日の話は昨日の続き、今日の続きはまたあした、
提供は参天製薬、声とアイデアは前田武彦、永六輔(大橋巨泉)、
そして私、富田恵子がお送りしました」。

リズム感抜群のフレーズは当初は、番組ゲストだった
大橋巨泉が考えたものだと本人が語っていた。

レギュラー永六輔の、なんとも独特な声に驚いた覚えがあるのだが、
切れ味と間合い抜群のトークに魅了された。

大橋巨泉は或る日、突然スタジオに来なくなった
永六輔に代わっていつしかレギュラーとなった。

永六輔は当時から番組降りの名人として仲間内で有名だったとか。

私にとっては永六輔よりも大橋巨泉の方が
前田武彦とのコンビネーションが上手くいっているように感じた。
c0135543_2163639.jpg

あの大橋巨泉をして「話術の天才」と言わしめたのが前田武彦なのだから、
それだけでも番組は大成功したようなものである。
c0135543_2172765.jpg

この二人が組んだのが「巨泉・前武 ゲバゲバ90分」、
二人で1時間半の長丁場を飽きることなくこなせたのも
「昨日の続き」があったからこそと私は確信している。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2016-07-24 22:09 | | Comments(0)
遥かなる昭和・本物のタレント群像 -1-
「そして誰もいなくなった」、ミステリー作家の第一人者であった
アガサ・クリスティ女史による
1939年に発表された長編推理小説のタイトルだ。

このタイトルさながらにショッキングな出来事が続いた。

7月7日に亡くなった永六輔のあとを追うように、
5日後の12日、大橋巨泉があの世に旅立ってしまった。
c0135543_2311238.jpg

私が敬愛する真のタレントは遂に居なくなってしまった。
c0135543_23113779.jpg

思えば昭和の時代はキラ星のごとく現れた真のタレントが
妍を競うように我々の目・耳を楽しませてくれたものだった。

それに比べると平成の世にテレビ、ラジオに出てくる
タレントと自ら名乗る人たちがなんと薄っぺらいことか!

我儘と言われようが、殿さまと言われようが、
生意気、自分勝手と批判されようが、
自らの意見を貫き、様々な分野で絶大なる存在感を示した昭和の真のタレント!

遥か遠ざかりゆく昭和、惜別の想いを込めて
我々を楽しませてくれた偉大なタレント群像を振り返ってみたい。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2016-07-23 23:24 | | Comments(0)
微妙な発言
プロ野球もオールスター戦が近づき
ペナントレースはこれからが勝負どころとなってきている。

そんななか、セリーグの人気チーム
巨人と阪神がいずれも勝率5割を切り
苦戦を強いられている。

特に、阪神は12日現在、借金12を抱え最下位、
首位広島の背中は15.5ゲームと遥か彼方である。

阪神を今年から率いる金本監督の
微妙な発言が飛び出したのは
日曜日、甲子園で広島に三連敗した後だ。

彼はこう言った。

「悪い流れを打破するのは監督、コーチではない。
 選手一人一人だ」。

金本監督は、この言葉だけを言ったのではないと思うが、
ここだけ抜き取られて報道されると
誤解を生むことになりかねない。

まるで、敗戦の責任を選手だけに押し付けているように聞こえ、
選手との間で不協和音を増長する危険性がある。

チームがどん底状態にあるときだけに
指揮官は自分の発言に細心の注意を払うべきだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2016-07-12 20:51 | スポーツ | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.