Top
<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
雛祭りの黄色いバラ
2月に入ってリビングは雛祭り模様に変わった。
c0135543_2142851.jpg

しかし、雛祭りは桃の節句なのだが、
内裏雛の横には色鮮やかな黄色いバラが活けられている。
c0135543_21425921.jpg

黄色いバラを見ると子供のころから
連想的に頭に浮かぶのが
「テキサスの黄色いバラ」であり、
西部劇であり、「黄色いリボン」である。
c0135543_21434249.jpg

中でも映画、「黄色いリボン」の中で
首に黄色いリボンを巻き、颯爽と馬にまたがる
ジョーン・ドルーを思い出す。
c0135543_21443122.jpg

軽快なメロディーの「テキサスの黄色いバラ」が
一世を風靡したのが1955年。

ミッチ・ミラー指揮に因る美しくも勇ましい合唱が
アメリカから日本全国に流れていった。

この曲の最初の歌詞はこう始まる。

“There’s a yellow rose of Texas that I am going to see・・・・・“。
「テキサスの黄色いバラに逢いに行くんだ・・・」。

すなわち、歌の中の「テキサスの黄色いバラ」とは
ひとりの可憐な女性の事を意味している。

彼女の名前はエミリー・モルガン、
南北戦争前に実在した女性である。

メキシコからの独立を目指したテキサス軍は
「アラモの砦」に立てこもりサンタ・アナ将軍が率いる
メキシコ軍に勇敢に立ち向かうが
圧倒的な兵力の差で全滅してしまう。

このとき独立軍で活躍したのが伝説の英雄、デイビー・クロケットをはじめ
ナイフの名手、ジェームズ・ボウイ、
そして砦の守備隊長のトラビス大尉であった。
c0135543_21445771.jpg

ジョン・ウェインが監督・主演した「アラモ」が、
そのときの模様を詳しく伝えている。

但し、この映画ではエミリー・モルガンは何処にも登場していない。

彼女はその後、女だてらにメキシコ軍の内部に入り込み
敵情を独立軍に詳細に連絡したことで形勢は劇的に反転し
テキサスはメキシコからの独立を勝ち得たのである。

雛人形の横の黄色いバラ、
ヨーロッパでは黄色は春を告げる色。
c0135543_2146306.jpg

イタリアの3月8日はミモザの節句、
男性は女性にミモザをプレゼントするので
花市場は黄色で埋め尽くされる。
c0135543_21464936.jpg

ベルギーのブルージュをはじめ各地では
寒い冬が過ぎ去ろうとするとき
黄色いラッパズイセンが花を咲かせる。
c0135543_21473066.jpg

トスカーナでは野原一面の菜の花が春を告げる。
c0135543_2148967.jpg

我が家ではテキサスの黄色いバラが
春の訪れを知らせているようである。
[PR]
by shige_keura | 2017-02-21 21:49 | その他 | Comments(0)
”鴨しゃぶ”は低温で
「しゃぶしゃぶ」の起源は中国のモンゴル地方を中心に
古来から人気があった火鍋(シュワンヤンロウ)、
羊肉を熱湯、出汁にくぐらせる料理にあるというのが定説である。
c0135543_11144696.jpg

それでは、火鍋からどのような経路でをたどって
「しゃぶしゃぶ」という名前が生まれたのだろうか。

それを辿ると昭和初期の民芸運動家として活躍した
吉田璋也という人物に行き着く。

元来、医師を本職とした吉田は1938年軍医として北京に召集された。

約7年間北京で滞在している間に
当地で盛んに食されていた火鍋の存在を知った。

1945年京都に帰ってきた吉田は
京都の料理店「十二段屋」の主人に火鍋の事を教えたところ、
それにヒントを得て1950年、お店で「牛肉の水炊き」の名前でお客に提供した。

その2年後の1952年、当時大阪の永楽町にあった「スエヒロ」が
水でおしぼりを洗っている音からヒントを得て
「しゃぶしゃぶ」と命名したと伝えられている。

このように「しゃぶしゃぶ」と言えば
昔は牛肉だけだと記憶しているが、
今では豚シャブも人気、鶏の胸肉のしゃぶしゃぶもある。

肉だけではなく海鮮を見ても、
ブリ、カニ、金目鯛、タコ実に多くのしゃぶしゃぶが存在している。

今日は、私にとっての初体験、「鴨しゃぶ」のお話だ。

1月中旬、東急デパートが定期的に開催している地方の物産展、
「島根物産展」で知ったのが「鴨シャブ」である。
c0135543_11163550.jpg

販売しているのは鴨専門通信販売店「カナール」、
2015年末、婦人画報の調査で
お取り寄せ鍋全国第1位に輝いたお店である。

鴨には目の無い爺、
早速に鴨のしゃぶしゃぶ用にとスライスした肉とつくねを購入した。
c0135543_11183782.jpg

そのときに、お店の人に受けたアドバイスが
絶対に肉を熱湯にくぐらせてはいけないと言うことだった。

つまり、鴨肉は鉄分を多く含んでいるの
で熱湯にくぐらせると“ギュツ!”と肉が硬くなってしまうのだ。

だから、最初に豆腐、野菜等を煮た後、
お湯の温度が70度ぐらいに下がったところを見計らて
「しゃぶしゃぶ」しないと本当の鴨肉の美味しさが味わえぬと言うことなのだ。

牛肉をはじめとした一般的なしゃぶしゃぶは
熱湯をくぐらせるものだが、
鴨肉に限っては熱湯は厳禁となる。

更に知ったのはラーメンが〆に最高とのことだった。
c0135543_11192041.jpg

ということで、豆腐、ネギ、シイタケ、牛蒡等を鍋に入れ
頃合いを見たところで火を止める。
c0135543_1120118.jpg

そこにクレソンを入れてお湯の温度が下がったところで鴨をしゃぶしゃぶ!!

鴨肉の濃厚な味と柔らかさ、実に美味しい。
c0135543_112047100.jpg

ぬる燗のお酒をちびちびとやりながら
鍋をつつくうちに身体がじわーっと温まってきた。

〆のラーメンも鴨肉のエキスがたっぷりと入った
だし汁との相性がこれまた乙なもの。

島根の「鴨しゃぶ」、隠れたる名品だ。
[PR]
by shige_keura | 2017-02-01 09:12 | | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.