Top
アルザス、スイス道中記ー6- (聖なる山)
ストラスブルグから南下すると
ほどなくアルザスのワイン街道が始まる。
c0135543_12542346.jpg

最初の町、オベルネを通り過ぎると
鬱蒼とした杉林に囲まれた山道に入る。

右に左に勾配のきつい坂道を15分、
標高730メートルの山頂に
聖女、オディールが初代院長を務めた
堂々たるサン・オディール修道院の姿が目に入ってくる。
c0135543_12545875.jpg

切り立った断崖の上に立つ姿は
修道院というよりか難攻不落の城砦を思わせる。

それもそのはず、この修道院
元はといえば、ホッヘンブルグという名前のお城だったのだ。

それでは、何故、お城が修道院に変わったか??

それには次の、「聖女オディール」の物語がある。

続きを読む
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-26 22:10 | | Comments(0)
アルザス、スイス道中記ー5-(スイスの峠と落石注意)
スイスの面積は九州とほぼ同じ、
だから欧州の中でも小国である。

しかし、その狭い国土の中に
スイスアルプスと呼ばれる
4,000メートル級の山々がそびえている。

アイガー、ユングフラウ、メンヒの
ベルナーオーバーランド三山、
マッターホルン、モンテローザ等々
日本にその名を知られた山が多い。

しかし、スイスを旅行して
常に驚嘆する事は
これだけの山国にもかかわらず
実に道路整備が行き届いている事実である。

1980年代後半
高所恐怖症の私がその断崖絶壁に冷や汗をかき
二度とドライブをしないと誓ったフルカ峠でさえ
今は道幅が広げられかつての面影は無いそうだ。

現在、スイスには名前の通った峠が
フルカ峠を含め53ほど有る。

但し、53の峠が1年中通行できるわけではない。
c0135543_1591190.jpg

(今回、雨中となったサステン峠越え)

11月も過ぎ雪が降り始めるにつれて
不通となる峠が増え
寒い冬の2月には
4-5の峠を除いては
すべてが通行不能となる場合がある。

こうなるとスイスの中での移動は
極めて不便極まり無いものとなってしまう。

続きを読む>>
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-25 09:44 | | Comments(0)
総理の資質
自民党総裁選挙を争うお二人の顔が
ウンザリとするほどテレビに登場している。

国民として清き1票を投ずる事が叶わぬので
半ば白けた気持で見ていたが、

昨日、日本記者クラブでの公開討論に於ける
二人の発言を聞き、唖然とした。

記者の質問は、
「総理としての最も必要な資質は??」

福田氏の答えが、「辞める決断」
麻生氏が「孤独に耐える心」

これが、近い将来日本の首相になるであろう人の
お答えかと思うと正直がっくりとなってしまった。

続きを読む
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-22 17:24 | その他 | Comments(0)
超人気者の妻
本日も道中記はお休み。

巨人軍名誉監督,長嶋さんの奥様、
亜希子さんが亡くなられた。
c0135543_14295134.jpg

若い頃から難病の膠原病に苦しみ
最近は病気がちだったという。

それにしても64歳、最近の寿命を考えると
早すぎる死である。

心より、そのご冥福をお祈りする。

戦後のプロ野球を支えたスーパースター、
その夫を支えたご苦労、
きっと人には言えぬ悩み、重圧があったはずだ。

ところで、Nに並ぶO,
同じくスーパースターの王さん
北京五輪野球チームを率いる星野さん、
共に奥様を早くに亡くされている。

プロ野球を支えるトリオの奥様の
早すぎる死は偶然なのだろうか??

続きを読む
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-21 14:28 | スポーツ | Comments(0)
”アベ”と”ハラ”はソーセージ
道中記は1回お休み。

それは、1ヶ月ほど前の事なのだが、
親友と楽しく飲んでいたとき
その一人がこう言った。

「全く、安倍と原はそっくりだなー!!」

うーん、まさしくその通りだ。
「こりゃ、双生児の如しだ、全く!!」

安倍とは極く最近、
朝青竜もビックリする”放り出し投げ”の荒業で
宰相の椅子から病院のベッドに直行した男。

朝青竜があの程度で二場所出場停止なら
この男は生涯病院で禁固刑が妥当だろう。
c0135543_9493496.jpg


c0135543_951241.jpg

(内閣総理大臣の新官邸と旧官邸、
 建物も入る人にあわせ味の無い安っぽいものへと代わっていく)


一方、原とはプロ野球、人気球団を率いる男、
巨大戦力を下手にいじくりまわし
ファンを、”ハラハラ、イライラ”させ
「ハラ、 イラナイ」との声が
日増しに強くなってきている男のことだ。

続きを読む
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-20 09:32 | その他 | Comments(0)
アルザス、スイス道中記ー4-、(コルマールのフランス料理)
スイスの北西、
フランスとドイツの国境近くに
バーゼルという町がある。

この町の人たちの話しだが、

或る朝、いつもどおり
スイスの新鮮なミルクと
コクのあるチーズで朝食を終える。

昼飯時近く、美味しいフランス料理をと思い立って
フランスのコルマールに車を走らせる。

何故ならば、コルマールが有名なのは

ひとつはアメリカの”自由の女神”を作った
フレデリック・バルトルディの生誕地である事。

そして、もうひとつは、
美味しいフランス料理を提供する
数多くのレストランがある事、だからだ。

名産フォアグラを初めとする
フランス料理に舌鼓をうち
店を出るころは良い気分、

このまま家に帰るのは勿体無い。
c0135543_1439430.jpg

(アルザスのワイン畑)

そうだ!アルザスのワイン街道を巡り
ワインの試飲でもしてみよう。

そうこうしている内に日暮れ時になる。

ここまで来たからには
夕食はドイツで
軽くソーセージと
ザワークラウト(酢漬けのキャベツ)でもつまもうか。

こうしてバーゼルの人たちは
時として1日の3食を
すべて異なった国で味わう事もある。

私がスイスに滞在したのはチューリッヒ、
従って3食すべて違う国で味わった事はない。

しかし、ドイツ文化圏のチューリッヒに居ると
美味しいフランス料理が恋しくなる。

そのような場合は
必ず車で1時間半かけて
コルマールに行ったものだった。

続きを読む>>
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-19 14:41 | | Comments(0)
アルザス、スイス道中記ー3- (二つの教会)
今回の旅行経路が
何でフランスのストラスブルグから出発し
スイスを縦断し
再びフランスのシャモニー近くまで南下したのか?

それは、今回の目的の一つが
フランスの片田舎にある
二つの教会を見学することにあり、

その教会を二つとも観るとなると
今回の旅程が最適と思われたからだ。

本日は出来るだけ文章は省いて
二つの教会を主に
画像によって紹介したい。

ストラスブルグから
南西に200-300キロほどだろうか?
昔は炭鉱で栄えた
ロンシャン(Ronchamp)という小さな町がある。

そこに1950年代半ば
コルビュジエ(Le Corbusier)が手掛けた
ノートルダム・デュ・オー教会がある。

コルビュジエは20世紀を代表する建築家、
極く最近、東京の森美術館でも
大々的な展覧会がもようされた。

教会というには
余りに奇抜な姿!!!!
c0135543_22202121.jpg

凡人には評価することは出来ない。
c0135543_22215098.jpg

ただ、訪れた当日は快晴で
青空に浮かぶ船のように見えたが
悪天の時はどうだろう???
c0135543_22222245.jpg

恐らく、灰色の空にこの姿では
美しいと感銘を受ける事は無いだろう。
c0135543_2223514.jpg

教会の建っている小高い丘から
ロンシャンの町を見下したのが上の画像だ。

真ん中に見える
伝統的な教会で普段はミサをしているという。

コルビュジエの教会は
年2回、大々的なミサを行うが
それ以外は純観光用として
特異な教会となってしまっている。

続きを読む
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-18 11:22 | | Comments(0)
アルザス、スイス道中記ー2- (スイス、”変わらぬ”という凄さ)
スイスのチューリッヒ、
そこは1988年から約4年間
家族と共に生活した思い出の地である。
c0135543_14325996.jpg

(当時住んでいたシャレー風の家、
 樹木の成長に20年近くの時の流れが感じられる)
 
今回、久しぶりの訪問に際し
旧我が家と並び
是非とも確認したい場所があった。

下にある画像がその場所である。

所在地はチューリッヒ郊外
キルヒベルグ町の丘の上である。
c0135543_14334549.jpg

(撮影は恐らく1990年の夏近く)

c0135543_14341553.jpg

(撮影は2007年8月26日)

最初の画像が1990年初頭、
あとのものが今回撮ってきた画像だ。

二人の人物を除いては
全く同じ景色といってよいだろう。

この画像で注目して欲しいのが
背後に写っている
一見由緒ありげな建物である。

この建物こそ
娘二人が当時通っていた
チューリッヒ・インターナショナル・スクールだ。

当時、高校生であった娘達は共に嫁ぎ
長女の所には二人の息子も出来た。

2枚の写真の間には約17年の歳月がある。

しかしながら、景色だけ見ると
その年月の厚みは何処にも感じられない。

「何、言ってる!!
 スイスの田舎町の景色なんか
 17年で変わるわけないだろう」
と、仰る向きもあるだろう。

さて、ここからが
スイスの凄さである。

続きを読む>>
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-17 14:35 | | Comments(0)
アルザス、スイス道中記ー1-、(コウノトリの町)
8月21日から9月4日まで
久しぶりの欧州旅行を楽しんできた。

アムステルダム経由で
フランスのストラスブルグへ、

そこからレンタカーで
アルザスのワイン街道をひた走り、
スイス領に入りチューリッヒから南下
最後は再びフランスのシャモニー近くまでの往復。

走行距離は2,200キロほどであった。

楽しかった旅の思い出を
徒然なるままに辿ることとしたい。



コウノトリはドイツの国鳥であり
北ヨーロッパに多く生息してきた。

それが、今や絶滅危惧種、
全世界で僅か3,000羽程の
生存しか確認されていない。

ドイツ国境を間近に控えた
ここ、アルザス地方では旅先の町々で
今でも、コウノトリとの深い
係わり合いを見出す事が出来る。
c0135543_1120213.jpg

例えば、土産物屋のショウウインドウには
コウノトリの人形を初め
絵皿、ワイングラスにも
その姿が描かれている。
c0135543_11211522.jpg

c0135543_11213646.jpg

c0135543_1122068.jpg

(旅先の記念にとコウノトリのワイングラスをひとつ、
 ”赤ちゃん”は運んでくれなくても良いけれど・・・)

そして、アルザス、ワイン街道の要所、
カイセルベルグ(Kaysersberg)は
野生のコウノトリ生息地が
近くにある町としても知られている。
c0135543_11223072.jpg

鬱蒼とした柳の林
その梢の上には
幾羽ものコウノトリが羽を休め、
又、時として、大きな羽を広げ
大空を優雅に舞っている。
c0135543_11231440.jpg

(早く来い来い、コウノトリ、
 赤ちゃん連れて来ておくれ)

町中の主だった建物の屋根の上には
鉄でできた堅牢な巣が作られており
いつでもコウノトリの飛来を
心待ちにしている。
c0135543_11234825.jpg

(来たー!!!!、「オギャーーー」)

続きを読む>>
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-16 11:23 | | Comments(0)
お知らせ
明日からこちらでスタートします。
[PR]
# by shige_keura | 2007-09-15 11:10 | Comments(0)



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.