Top
”篝火草”と”黄色いリボン”
我が家のベランダにある
”篝火草”の一鉢も
葉の間から蕾が顔を見せ
開花を待つばかりとなっている。

”篝火草(カガリビバナ)”とは
冬の花として人々に好まれる
シクラメンの和名である。
c0135543_14254686.jpg

黄色いリボンとは
御存知ジョン・フォード得意の西部劇、
「アパッチ砦」、「リオグランデの砦」と並ぶ
騎兵隊三部作として
世に聞こえている。
c0135543_14264052.jpg

両者の繫がりを紹介する前に
”篝火草”の由来を話そう。

大正の三美人と謳われた
教育者にして歌人の九条武子が
シクラメンを見たときに漏らした言葉。

それが、「これは篝火のような花ですわね」だった。

それを植物学者として名高い
牧野富太郎が聞き名づけたものだ。

まさに、高貴な方の命名に相応しく
寒い冬、人々の心を和ませてくれる
存在感に溢れる美しい花だ。

尚、この花はもうひとつの
名前を持っている。

”豚の饅頭”、
これは英国でのシクラメンの名前
”Sow Bread”を訳したものである。

但し、これはシクラメンの花ではなく
球根の形からきている名前であり
シクラメンの花が迷惑しそうな名前である。






12月14日、NHKの”趣味の園芸”にて、
”篝火草”との和名を初めて聞いたときに
咄嗟に思い出したのが
「黄色いリボン」なのだ。
c0135543_14292362.jpg

この映画は
ジョン・フォードが初めて手掛けた
カラーによる西部劇。
c0135543_14331093.jpg

何故ならば、彼はこの映画で
愛する西部の大自然を
あまねくカラーで撮りたいと思ったからである。

フォードの想いがギッシリと詰まった作品。

私が最も好きな場面のひとつが
ジョン・ウエイン扮する
退役間近な老中尉が
亡き妻の墓に語りかける下りである。
c0135543_14341975.jpg

モニュメント・ヴァレーを染める真っ赤な夕日
しみじみと墓に語りかける老中尉、
そこにひとつの長い影が近づいてくる。
c0135543_14352143.jpg

振り向いた中尉の前には
真っ赤なシクラメンを差し出す
隊長の娘(ジョーン・ドルー演)が立っていた。
c0135543_14362289.jpg

「有難う、この花は
 妻が大好きだったんだ」

「私の祖母は、この花を
 ”兎の耳”と呼んでいましたわ」

「”兎の耳”か・・・・・、
 家内は”燃える矢”と言っていたよ」

場所はアリゾナ辺境の砦、
インディアンとの争いに明け暮れていた。

時には、インディアンの放つ火の矢で
空は赤く染まっただろう。

”兎の耳”も可愛らしくてピッタリだが
”燃える矢”は映画にも花にも、
更に相応しく、忘れられぬ言葉となった。

そして、今回聞く”篝火草”
どれもがシクラメンにピッタリの名前である。
c0135543_14374141.jpg

我が家の”燃える矢”、”篝火草”、
年明けには可愛いピンクの花が満開となるだろう。
[PR]
by shige_keura | 2008-12-19 09:04 |
<< どうなってるの???? Santa Claus is ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.