Top
昔の縄張り (後編)
昔の六本木は
ハイカラな不良っぽさが漂い
抗し難い”チョイ悪”の魅力一杯の町だった。

それにひきかえ、今の六本木は騒々しいだけで
無国籍、無節操、無法の匂いふんぷんの
酷い街に落ちぶれてしまった。

ハードロックカフェがあるのは許せる!
これは良い、OKだ。
c0135543_1053114.jpg

しかし、”ドンキホーテ”が
何故、六本木にあるんだ!!
c0135543_1061278.jpg

花屋の老舗、”ゴトウ”までもが
店先にうずたかく宣伝品を並べ
売り子が声をからせ
呼び込みに努めている。

”ゴトウ”は”ゴトウ”らしく
ツンと澄まして欲しいものだ。

何気なく後ろを振り向いてギョッとした。

飯倉に向って伸びている道路、
ビルとビルとに挟まれた小さな空間、
そこに東京タワーが凛とそびえていた。
c0135543_109109.jpg

「そうか!ここで写したのか、ここかーー!!」
c0135543_1095885.jpg

上の画像は、東京タワー完成直後
六本木の中心からのものだ。

首都高で押しつぶされたような
六本木の交差点を渋谷方面に左にと曲がる。
c0135543_1016792.jpg

本屋の誠至堂も無ければ
喫茶店のアマンドの姿も何故か見えない。
c0135543_10165624.jpg

馴染みの”香妃園”は引っ越した。

夜更けの”香妃園”、
ビールと共に食べる
”鶏の煮込みソバ”。
c0135543_102198.jpg

天下一品の味!!
又、食べたいなーー。

中で頑張ってるのが
洋菓子の”クローバー”。

ここの”ババロア”を初めて食べたときの驚き!
この世にこんな洒落たケーキがあるなんて!!!

しかし、両脇の店は立ち退いたのか空き地。
c0135543_10212631.jpg

一軒残った”クローバー”
いつまで生きながらえるだろうか。





天高くそびえるのは
”六本木ヒルズ”。
c0135543_10243226.jpg

ここの住人、ヒルズ族とは
他人の生き血を”蛭”の如く
吸い取ることでその名がついたらしい??

”六本木六丁目”??
”何じゃ?、何処じゃ、それは??”
c0135543_102638.jpg

”材木町”と言って欲しい。

出発点の有栖川公園に向う。

こんな所に、”HUGO BOSS”が進出した!
c0135543_10272388.jpg

その向かいは昔からある”桜田神社”、
その先に古めかしい麻布税務署、
なんだかアンバランスだ。
c0135543_1028031.jpg

昔懐かしい”三軒家”の交差点が程近い。

しかし、あの頃の馴染みの店は
跡形もなくなっている。
c0135543_1030839.jpg

本屋の南友堂、制服の山崎、
大村庵の蕎麦屋にハムライスの”かどや”
野球部がお世話になった
肉の”信濃屋”も無い。

ところが、あった!あった!
たった一軒、昔ながらの店、
”来々軒”の中華蕎麦屋だ。
c0135543_1028194.jpg

嬉しくて、デジカメの手が震え
ピンボケとなってしまった。

もっとも、ここのラーメンは
お世辞にも美味しいとは言えなかったが。

盛岡町の派出所も頑張っている。
c0135543_10291818.jpg

中国、韓国両大使館が程近く
見張りに立つ警官の姿がやけに目立つ。

有栖川公園の見慣れた塀が近づいてきた。

しかし、何か昔と違う、
塀越しに公園内がよく見えるのだ!!
c0135543_10305575.jpg

「あれーー、昔と比べ塀が低くなったかな-?
 それとも、こちらの背が伸びた???
 そんな訳は無い・・・」

4月の陽気に誘われて、
懐かしい昔の縄張り散策、
お蔭で心地良い汗をかいた。
[PR]
by shige_keura | 2009-03-13 09:16 |
<< 15-12=3??? 昔の縄張り (中編) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.