Top
蓮と極楽
睡蓮と蓮は同じ”抽水植物、
即ち、水の底の土や泥に根を張って
水面或いは水上に
葉や花をつける植物だ。

睡蓮とは睡眠する蓮、
日中に花を開かせ
夕刻から夜に花を閉じる事が
その名前の由来である。

では、蓮が睡眠しないかと言うと
そんなことは無い。

蓮だって花を開いたり
閉じたりしているそうだ。

最も睡蓮ほど
規則正しいかどうかは分らぬが。

では、この両者
どこが違うのだろうか。

葉と花にひとつずつ
明快な違いがある。

c0135543_144456.jpg

先ず、葉であるが
両者とも円形の葉を有するが
切り口の有る葉を持つのが睡蓮で
切り口が無いのが蓮である。
c0135543_145123.jpg

花の見分け方は
もっと簡単だ。
c0135543_146453.jpg

睡蓮の花は水面に咲くのに対し
蓮の花は水面より高く花を咲かせる。
c0135543_14721.jpg

上野、不忍池の蓮の花、
丁度、今が盛りと聞いていたので
出かけたのが7月の最終日
31日の事だった。
c0135543_1481678.jpg





蓮の花を見ていると
どうしてもお寺を連想してしまう。

何故ならば、お寺に出かけると
よく目にするのが蓮の花だからだ。

お寺の池にはよく蓮の花が咲いているし
襖や屏風にも蓮の花が描かれ
更には阿弥陀様が座っているのも
蓮の花の上である。
c0135543_1491511.jpg

お釈迦様が誕生したインドの国花が
蓮の花で
神聖なる花とされている。

又、中国では蓮は君子の花とされ
極楽世界は蓮の池に咲く
蓮の花で彩られていると言われている。
c0135543_14103044.jpg

つまり、蓮は泥沼に生育しているが
この泥沼が五濁悪世の現世を意味している。

そして、その上に咲く
清らかな蓮が極楽を象徴しているのだ。
c0135543_14111926.jpg

極楽浄土のお釈迦様と蓮の花。
c0135543_1412586.jpg

ここから思い出されるのが
芥川龍之介の小説、
「蜘蛛の糸」である。

龍之介の筆力がどれほど凄いか!

幼い頃、「蜘蛛の糸」を読んで
少なからずのショックを
誰もが受けたに違いない。

主人公の極悪人カンダタが
地獄の血の海でもがく
おどろおどろした光景。

一本の蜘蛛の糸を辿って
懸命に極楽を目指すも
糸がプッツリと切れて
地獄に落ちて行ってしまう。

怖ろしいばかりの光景が
目の前に浮かびながら
むさぼるように読んだものだった。

そして、最後の文章が
一転して静寂が支配し
心に沁み渡るようだった。

芥川龍之介、「蜘蛛の糸」最後の文章

御釈迦様(おしゃかさま)は極楽の蓮池(はすいけ)のふちに立って、
この一部始終(しじゅう)をじっと見ていらっしゃいましたが、
やがて陀多(かんだた)が血の池の底へ石のように沈んでしまいますと、
悲しそうな御顔をなさりながら、またぶらぶら御歩きになり始めました。
c0135543_14132453.jpg

自分ばかり地獄からぬけ出そうとする、
陀多の無慈悲な心が、そうしてその心相当な罰をうけて、
元の地獄へ落ちてしまったのが、
御釈迦様の御目から見ると、浅間しく思召されたのでございましょう。
c0135543_14141180.jpg

しかし極楽の蓮池の蓮は、
少しもそんな事には頓着(とんじゃく)致しません。
その玉のような白い花は、
御釈迦様の御足(おみあし)のまわりに、ゆらゆら萼(うてな)を動かして、
そのまん中にある金色の蕊(ずい)からは、
何とも云えない好(よ)い匂が、絶間(たえま)なくあたりへ溢(あふ)れて居ります。
c0135543_14171515.jpg

極楽も、もう午(ひる)に近くなったのでございましょう。
[PR]
by shige_keura | 2009-08-06 09:58 |
<< 引き分けは亡霊か? ”静けさ”と”寂しさ”は紙一重... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.