Top
老舗の味
その昔、麻布に住んでいる頃
材木町に稲毛屋と言う
美味しい鶏肉屋さんがあった。

ただ、美味しいと言っても
その頃の鶏肉は貴重品
滅多には食べられなかった。

その滅多に無い日がクリスマス!
そのときの鶏の腿焼きの美味しかった事!!

その忘れられぬ味が今に繫がって
鶏の腿焼きは私にとっては
大のご馳走なのである。
c0135543_15414317.jpg

真向かいの
立派な建物は築地の本願寺
右に行けば魚河岸で
沢山の人で溢れかえっている。

記憶の限り、
魚河岸で魚を買った事は無い。

それにもかかわらず
時としてこの界隈に出没するのは
魚河岸と反対側に有る
一軒の鶏肉屋さんに行く為である。





数年前に家内の友人から聞いて以来
すっかりこの店のファンとなってしまった。

明治35年創業の”宮川鶏肉店”。
c0135543_1542287.jpg

初めて訪れた時、
その年輪を感じさせる店を見ただけで
すっかり気に入ってしまった。

値段が高くて美味しい鶏肉屋、
これは都内に何軒も有るだろう。
c0135543_15431095.jpg

宮川の良いところは
しっかりとした味わいの鶏肉を
お得な値段で買えることが出来る事だ。

更には店員が
妙な媚を売るでもなく
老舗ぶって偉そうな顔もしない所が
まことに好ましい。

例えば、今日のお買い物、
鶏の骨付き腿肉4本、
レバーと砂肝合わせて400グラム、
手羽先、手羽元それぞれ6本、
〆て2,200円也だ。

早速、老舗の味を楽しんだ。
c0135543_15434884.jpg

このお店の肉は
鶏肉独特の臭みが無い、
だからと言って
淡白で物足りないわけではない。

昔の鶏肉を
思い起こさせる味なのだ。

鶏肉の腿肉、
何と言っても
手に持ってかぶりつくのが一番だ!

「やったぜ、ベイビーー」(古いねー)
c0135543_15442286.jpg

付け合せは
味が凝縮された蒸し野菜各種。
c0135543_15445911.jpg

そして、枝豆となれば
当然、ビールも顔を出す。
c0135543_15453521.jpg

いやいや、バカ旨!バカ旨!!
[PR]
by shige_keura | 2009-09-08 09:42 |
<< 橋は蘇るか? ”すい”と”いき” >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.