Top
昔の遊び場だったのか!
ここは、東京タワーの根元、
最近富に人気を博している
豆腐料理の”うかい”である。
c0135543_13165182.jpg

敷地は実に2,000坪。
c0135543_13181276.jpg

味わいのある日本家屋だが
その成り立ちが桁外れだ。

米沢で200年続いた造り酒屋を解体し
飛騨の高山に運んで
漆を塗りなおしたあと
この地、芝に建てたものだ。
c0135543_1319161.jpg

すべてが個室、
どの部屋からも
手入れが行き届いた
庭が見渡せる。
c0135543_13201533.jpg

庭には錦鯉が泳ぐ池があり
水車がゆっくりと回ってる。
c0135543_1321446.jpg

桜、モミジを初め
全国から集めた古木、老木が
お客の目を楽しませてくれる。
c0135543_1323941.jpg

少々やりすぎの趣向であるが
一体全体、この地は
昔は何があったのだろう?





聞いて驚いた!

この場所は、その昔
頻繁に通った遊び場だったのだ。

1960年代の初頭
あるスポーツが
日本を席巻した。

それはボーリングである。

「律子さん、律子さん、
 爽やか律子さん・・・・・」
c0135543_9201128.jpg

歌声に乗るかのように
それまで青山にしかなかった
ボーリングセンターが
後楽園、品川と雨後のタケノコのように
東京の町に林立していった。

その中のひとつが
ここ、芝ボーリング・センターだったのだ。

このセンターの開業は1964年、
当時三田の大学に通っていた私は
悪友と連れ立って
ボール投げに興じたものだった。

その場所には
我々と同じように授業をサボって
ボーリングに熱中している
大学の仲間が沢山いた。

あの時は、時代の先端を行く
ボーリング場として栄えた地が
今は純和風の料亭になっている。

世の中の変貌を予知することは
甚だ難しい。

さてさて、肝心の料理である。
c0135543_13244040.jpg

胡麻豆腐は濃厚そのもの。
揚げ田楽は香ばしくて結構だ。
名物の”豆水とうふ”もこってりとして美味しい。
c0135543_13252238.jpg

しかし、しかしである。

何か肉でも鶏でも
あるいは焼き魚でも良いから
とにかく動物性蛋白質が欲しくなったのも事実である。

昼のメニューの竹(最低)が5,500円
個室で過すゆったり料
見事な庭の拝観料も含まれるのならば
法外な値段と言う事はない。
c0135543_132615100.jpg

むしろ、これだけの
家と庭を維持する事を考えると
採算が取れているとはとても思えない。
c0135543_13265595.jpg

ここのオーナーは八王子で昔から
フレンチレストランを経営しているそうだ。

一体全体どんな人なのだろうか?
[PR]
by shige_keura | 2009-09-10 09:10 |
<< 気分は遠足 -1- 橋は蘇るか? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.