Top
トリュフのようでトリュフじゃない・・・・・・
今日もまた
NHK、”三人のシェフ”からの
お助けレシピである。

トリュフ、
これは私にとって謎の食材だ。

何が謎かと言えば
味と値段のバランスが
著しく離れている所である。

確かに香りは良いとは思うのだが
幾らなんでも、あの値段は無いだろう!

そう思われている
御同輩諸氏も居られるのではないか?

そのような方々に
お勧めしたいのが
落合シェフ推薦の
名付けて”なんちゃってトリュフ”のパスタである。






”なんちゃってトリュフ”とは
正確を期して言えばこういうことだ。

”これなんだ??”

”それか!
 トリュフだよ・・・・・・・
 なーんちゃって”

材料はトリュフの代わりにシャンピニオン、
それも白い色が若干茶色に変わりかけ、
更に若干干からびてきた
シャンピニオン(マッシュルーム)を使う。

               (当日、冷蔵庫から出して陽に当てているところ)
c0135543_9305211.jpg

手順だが
先ずは”なんちゃってトリュフペースト”を作ろう。

300グラムほどのシャンピニオンを
細かく刻んでいく。

フードプロセッサーを使うのが便利だが
時間もあるので、
ただただ黙々と包丁で刻んでいく。

刻んでいくうちに
台所にはシャンピニオンの香りが漂ってくる。
c0135543_9325029.jpg

フライパンにオリーブオイルを敷き
ニンニク一カケとバター15グラム、
バターのあぶらから泡が出てこげる寸前に
刻んだシャンピニオンをいれ
塩、胡椒で味付けをしながら
丹念に炒めあげていく。
               (バターから泡が出てきている、頃合だ!)
c0135543_9334960.jpg


c0135543_9385524.jpg


               (シャンピニオンから相当な水分が出てくるので
                ある程度水気を飛ばす)
c0135543_9394552.jpg

これで、”なんちゃってトリュフペースト”の完成!
c0135543_9413224.jpg

次にフライパンに
バターをタップリ(40グラム見当)を入れ
少量のパスタの茹で汁と
生クリームを投入する。
c0135543_9422283.jpg

生クリームが無ければ
牛乳でよい。(私は牛乳を使用)

適当なところで火を止めて
なんちゃってトリュフペーストを入れる。

そこに茹で上がったパスタ(スパゲッティ)を絡め
最後にパルメザンチーズ(30グラム)を振り掛ける。

               (ここでは火を完全に止めておくこと
                茹でたスパゲッティの熱で十分だ)
c0135543_9435123.jpg

パルメザンチーズと
トリュフを思わせるシャンピニオンが
絡み合って濃厚な味を醸し出し
極めて旨い一品となった。

               (たまたま家にあった黒トリフの瓶詰めを利用したが
                別にあってもなくてもまるで関係なかった。
                右の小皿に乗っているのが黒トリフのスライス)
c0135543_9443747.jpg

”お試しあれ!!”
[PR]
by shige_keura | 2009-12-02 17:12 |
<< 鼻の高さは女傑の証し 都心の渓谷  (滝の轟き今も尚) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.