Top
金沢、冬の表情(新しい顔)
金沢は小京都と言われるように
伝統芸術、工芸等
日本の古き良き文化の香りを
とどめている町である。

しかしながら古いものだけでなく
新しい文化も積極的に取り入れている。

その代表的な存在が
2004年から開館している
金沢、21世紀美術館である。

開館以来リピーターの数も多く
金沢の新しい顔の代表として
全国にその名を轟かせている。

場所は兼六園の程近く、
そのユニークな建物は
日本庭園とのコントラストと相まって
一際抜きん出た存在だ。
c0135543_18485043.jpg

設計者、妹島和世と西沢立衛
いわゆるSANAAは
ヴェネチアのヴィエンナーレ、
第9回国際建築展にて
最高賞である金獅子賞を受賞している。





総ガラス張りの円形の建物には
正面と言える場所がなく
逆に言えば
すべてが正面なのである。
c0135543_18494581.jpg

中に入ると
先ず気がつくのが
スイミングプールである。

名の変哲も無いプール、
しかし覗き込むとビックリする。
c0135543_18505616.jpg

そこには水の張られた水面下に
見物客が歩いている姿が見えるからだ。
c0135543_18522019.jpg

仕掛けと作者の狙いは、
強化ガラスに水を張った
プールの水面を境界とし、
その地上と地下(プール内部)で
人と人の出会いを創出している。
c0135543_18584722.jpg

本日の特別展は
光と影と色彩をふんだんに取り入れた
一見魔法のような作品が
次々と展示されている。
c0135543_18534629.jpg


c0135543_18543928.jpg

途中疲労を覚えたら
”タレルの部屋”で一休みすればよい。

そこは四角の部屋
天井にも四角の窓が開いている。
c0135543_18554424.jpg

そこから見える空が作品の一部、
即ち、”空の移ろい”を
静寂に満ちた部屋で
鑑賞すると言うものだ。
c0135543_18564353.jpg

現代アートには
ついて行けないと言う
ご同輩がいる。
c0135543_18574032.jpg

しかし、そのような人の多くが
見ようとしない、
つまり”喰わず嫌い”なのだと思う。

何故、そんな事が言えるのか?

それは、実は私がそうだったからだ。

現代アートだと敬遠せずに
積極的に鑑賞していくうちに
思わぬ発見をことがある。

金沢の21世紀美術館、
新たな発見を求めるには
恰好の場所だと思う。
[PR]
by shige_keura | 2009-12-24 09:12 |
<< Happy Christmas 金沢、冬の表情(ブリ、お目覚め!) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.