Top
空の玄関浮き沈み (D滑走路展望台から)
多摩川が東京湾に流れ込んでいる海上、
そこに羽田空港拡張計画
最大のプロジェクトと言うべき
”D滑走路”がほぼその全容を現している。
c0135543_21385330.jpg

展望台とは名ばかりの
プレハブ3階建ての屋上から見ると
新しい滑走路は余りにも巨大であり
遠近間隔が失われてしまう。
c0135543_21394350.jpg

再国際化がスタートする本年秋
羽田は長さ2500-3000級
4本の滑走路を備えた空港として
新たな発展を目指していく。

               (画像の手前、横に広がっているのがD滑走路)
c0135543_21404344.jpg

年間許容離着陸便数を例に取れば
D滑走路の完成により
従来の29.6万便から40.7万便へと
40%近く増大することとなる。





東京空港の名のもと
日本で初の民間空港として
羽田が産声を上げたのが1931年のことだった。

当時の敷地は53ha(現在1,271ha)
滑走路はたった1本、
長さは僅か300メートルに過ぎなかった。

飛行場誕生から僅か80年、
プロペラからジェット機へ
ジャンボ機の登場等
世の中のニーズに合わせ
空港は急成長を見せてきた。

しかし、羽田にとって
ここまでの道のりは
決して平坦なものではなかった。
c0135543_21444318.jpg

敗戦による連合軍の接収、
その後の全面返還を経てフル稼働。
c0135543_8473399.jpg

成田空港誕生に伴なって国内線へのシフト。

そして、羽田沖展開プロジェクト、
更には現在進行中の再拡張プラン。

羽田空港ほど短期間の間に
めまぐるしく表情を変えた空港が
他にあるだろうか?

そしてこの先も
同じように目まぐるしく
喜怒哀楽を繰り返していくのだろうか?
c0135543_21414827.jpg

轟音の絶えぬ暇も有らばこそ、
次から次へと飛行機が
青空に吸いこまれていく。
c0135543_21422382.jpg

目の前に展開している大事業
羽田の更なる発展を予感させる光景ではある。

しかし一方では”歴史は繰り返す”の言葉もある。

ついてはこの機会に
日本の空の玄関
羽田空港の歴史を辿ってみたい。
c0135543_2145464.jpg

続きは明日

”空の玄関浮き沈み”の参考資料
・「空の玄関・羽田空港 70年」  大田区立郷土博物館
・「空港のとなり町 羽田」 宮田登、横山宗一郎
・「羽田空港」  日本の空港シリーズ イカロス出版
[PR]
by shige_keura | 2010-03-08 08:49 |
<< 空の玄関浮き沈み (羽田の元祖... ところ変われば・・・・ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.