Top
知らざあ言って聞かせやしょう -2-
5月工事開始とあって
今や歌舞伎座サヨナラ公演もフル回転
午前、午後、夜、
一日三部興行で人を呼んでいる。
c0135543_8112955.jpg

入れ替え時の歌舞伎座前は
それこそ黒山の人だかり
その中の多くが携帯、デジカメで
最後の雄姿を画像に収めている。
c0135543_21461048.jpg

かくいう私もそのお仲間
先ほどから人垣を縫って
シャッターを押していた。
c0135543_21465626.jpg

時は3月17日
午後2時前後のことだった。

今日の昼の部演目は
菅原伝授手習鑑から「筆法伝授」、
そしてお目当ての「弁天娘女男白浪」であった。

先ずは「筆法伝授」である。
c0135543_21475698.jpg

威風堂々、魅力タップリ
菅丞相に扮する片岡仁左衛門の出番が少ない事が
かえすがえすも残念至極、
筋の重々しさも手伝って
若干の眠気をもよおしてしまった。





それを吹き飛ばしてくれたのが
「弁天娘女男白浪」だった。
c0135543_21484844.jpg

弁天娘と来れば弁天小僧菊之助、
弁天小僧菊之助と来れば白浪五人男だ!

頃は小学校時代に遡るが
東映映画「白浪五人男」を楽しみに見た覚えがある。

弁天小僧には当時の中村錦之助、
南郷力丸に東千代之助
日本駄右衛門に大友柳太朗、
これは絶対に面白いぞと期待が膨らんだ。

ところが、これが全くの期待はずれ
派手な立ち回りはいつまでたっても現れなかった。

映画のハイライトが浜松屋の場面での
弁天小僧十八番のセリフ。

大人ならいざ知らず
小学生に面白いはずがなかったのだ。
c0135543_2214115.jpg

今回、弁天小僧に扮するのは
これぞはまり役の尾上菊五郎。

何しろ幕末に五代目菊五郎が演じてから
まさに音羽屋の当たり芸として
代々受け継がれてきたものなのだ。

               (五代目尾上菊五郎)
c0135543_839672.jpg

相方、南郷力丸には盟友の中村吉右衛門、
五人男の頭領、日本駄右衛門には
吉右衛門の兄、松本幸四郎が
控えめながら貫禄タップリに演ずる。

さらには浜松屋の主人の息子に
菊五郎の長男、尾上菊之助、
歌舞伎世界の血の結束、血の濃さを
十二分にアピールするものだった。

特に目に付いたのは
菊之助と吉右衛門の呼吸のよさ!!

時には重厚に、そして威勢よく、
そして時には軽妙に・・・・・
惚れ惚れとするばかりの江戸弁!!

それを見聞するだけでも
お釣りがくるほどの出来の良さだった。

御存知七五調の名セリフ
日本の伝統芸能って素晴らしいねーー!!
c0135543_2224626.jpg

知らざあ言って聞かせやしょう
浜の真砂と五右衛門が
歌に残せし盗人の
種は尽きねえ七里ガ浜
その白浪の夜働き
以前を言やあ江ノ島で
年季勤めの児ヶ淵(ちごがふち)
江戸の百味講(ひゃくみ)の賽銭を
当てに小皿の一文字
百が二百の賽銭の
くすね銭せえだんだんに
悪事はのぼる上の宮
岩本院で講中の
枕探しも度重なり
お手長講(てながこう)と札附に
とうとう島を追い出され
それから若衆の美人局(つつもたせ)
ここやかしこの寺島で
小耳にはさんだ爺さんの
似ぬ声色でゆすりたかり
名さえゆかりの
弁天小僧菊之助たあ俺がことだわ!!!

”よーー音羽屋!!
 待ってました!!”
[PR]
by shige_keura | 2010-03-19 08:45 |
<< 雪国、上越、春スキー (トンネ... 知らざあ言って聞かせやしょう ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.