Top
原点は森 -4- (ハイタカと尺取虫)
セミナー最後の講演者は
景観デザイナーである槇島みどり氏である。

彼女は日本女子大、生物農芸を専攻し卒業した。
その後、都市園芸学、造園学、意匠学、色彩学等
暮らしと景観、植物の分野で
多岐に渡る研究を行っている。
c0135543_938317.jpg

又、ハーブやスパイスを用いた
植物療法や園芸療法、
アロマテラピーの指導も行っている。

彼女は自分の研究柄
当然の事ながら
自然環境の大切さを強調していた。
c0135543_9354557.jpg

そのなかで面白い話しを紹介しよう。

ハイタカ、日本にも生息するオオタカ科の鳥、
鷹の中では最も小さく
羽を広げても30センチほどの大きさだ。
c0135543_932012.jpg

しかし小さくとも猛禽類、
餌としてシジュウカラはじめとした小鳥を良く食べる。

ではハイタカは年間にどのぐらいの小鳥を食べているだろうか?

その数、700-800羽、
これだけの小鳥がたった1羽のハイタカの犠牲となっている。

次に小鳥達だって食事をするが
その主食は松等に生息する尺取虫だ。

それでは小鳥達は1羽平均
年間どの位の尺取虫を食べているのだろう?

正解は125,000匹、
小さな尺取虫とは言えども
小鳥達も相当な大食漢である。






ではこの論法で話しを進めよう。

次なる問いは
一体何匹の尺取虫が
1羽のハイタカ生存の為に必要なるのだろうか?

ここまで来るとご賢察どおり数字は桁外れ、
何と9,800万匹、一声1億匹の尺取虫が
1羽のハイタカ生存の為に必要となってくる。

そこで肝心かなめの問題が登場する。

それは1億匹の尺取虫が生存するには
どの程度の広さの森が必要なのだろうか?である。

答えは東京ドームの90個分
面積にして47,000㎡となるのだ。

東京ドームを1周したことがある人は分かるが
要する時間は早く歩いて5分はかかると見てよい。

と言うことは90個分のドームの広さを歩いたら
6時間以上は優にかかってしまう。

たった1羽のハイタカを養うのに
これだけ途方も無い広さの森林が必要となる。
c0135543_94155.jpg

ハイタカの生息数は年々減少している。

その傾向は昨今の森の荒廃を見れば
当分の間続くだろうし
最悪の場合は絶滅に瀕するだろう。
c0135543_9425546.jpg

怖ろしいことには、脅威を受けるのはハイタカだけではなく
森林の減少で多くの種類の
動植物が生存の危険にさらされる。
c0135543_944610.jpg

その因果がめぐり巡って
この世の最強の猛禽、人類に
いつ何時襲ってくるか分らないということだ。

もしも、その時がくれば
猛禽人類の空恐ろしいバトルが始まる。

これは大変だ!!!
[PR]
by shige_keura | 2010-06-01 09:47 |
<< ヤップ!ヤップ!ヤーーーップ!!! 原点は森 -3- (芸術原理主義者) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.