Top
リンゴと蛇
リンゴと蛇と言えば
どなたもアダムとイブの物語を思い浮かべるだろう。

蛇の誘惑に負けて
禁断の果実、リンゴを食べたが為に
楽園を追われるアダムとイブの物語である。

しかしながら、今日のリンゴと蛇は
2枚の絵のお話しだ。

15日、日経新聞の抽選に当たり
国立新美術館で行われている
「オルセー美術館展
 2010ポスト印象派」展の
内覧会に出かけた。
c0135543_1434269.jpg

オルセー美術館は
もともと1900年パリ万博の為に
オルレアン鉄道によって建設された
オルセー駅の駅舎兼ホテルだった。

それが1986年
印象派、ポスト印象派の作品を数多く展示する
美術館として生まれ変わったものである。
c0135543_1425614.jpg

今回の国立新美術館の展示会には
オルセーの傑作の数々が展示され
多くの人々の目を楽しませてくれている。

今日はそのなかで
改めてその良さを再認識した絵と
初めて強い印象を受けた作品を紹介しよう。





ポール・セザンヌの名前を強く意識したのは
彼の故郷でありアトリエもある
南仏のエクス・アン・プロヴァンスを訪れた時だった。

たおやかな自然のなかに
セザンヌが好んで描いた
サン・ヴィクトワールの山を見たとき
なんともいえない心の安らぎと
のびやかな心地よさを味わった。

ここはセザンヌが印象派グループから離脱し
自分のアトリエにこもって
自らの画風を確立した所である。

セザンヌがパリを離れる時に言った言葉、
それが「リンゴでパリを驚かせてやる」だった。

この絵、「台所のテーブル」はそれの集大成だろう。
c0135543_1442861.jpg

同一の視点から描く
伝統的な約束事から離れ
すべてを異なった視点から描いた静物画、
それは彼の目から最も美しく見える角度からのものなのだろう。

その精か、一般的な静物画の平板さから逸脱し
奥行の深さが醸し出す複雑な美しさを感じた。

もう一枚のアンリ・ルソー
「蛇使いの女」から受けた印象は極めて強かった。
c0135543_1451095.jpg

満月を背景に瞳だけを光らせた
蛇使いの女が笛を奏で
誘い出された蛇が身体にまとわりついている。

ひどく幻想的でもあり
エロチックでもある不思議な絵である。

更には、南国、熱帯の夜、
空気の重さ濃密な花の香りが
ひしひしと伝わってくる作品だ。

ルソーはしかしながら
ただの一度も南国を訪れた事がない。

全てはパリの植物園
或いは図書館の書物から得た知識をもとにした絵である。

しかもルソーの本職は税関の職員
絵画は余暇の楽しみで始めたという。

なんとも不思議な画家の
不思議な絵である。
[PR]
by shige_keura | 2010-06-18 14:07 |
<< ”底球”ってなーーんだ?? 一工夫 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.