Top
無花果盛衰記  後編
日本で食べる無花果と
イタリアの無花果、
どうして味に大きな違いが出るのだろうか?

私なりにたどり着いた結論は次の通りだ。

日本の無花果は熟すと表皮が赤くなる、
逆に言うと表皮が赤くならないと
果肉は熟さず、食べてもまるで美味しくない。
c0135543_17593220.jpg

表皮が緑の無花果、
中は真っ白、スカスカ、食べられたものではない。
c0135543_180253.jpg

ところが表皮が赤くなった無花果は、
中の果肉が熟しすぎ、スッキリとした美味しさがない。
c0135543_1805591.jpg

一方、イタリアの無花果の場合、
ここが不思議な所なのだが
表皮が瑞々しい緑色を保ったままに
中の実は適度に熟している。
c0135543_1815119.jpg

7月頃から街角で山ほど積まれている無花果は
全てが緑色、表皮が真っ赤な無花果は殆どない。
c0135543_1822519.jpg

表皮が緑色、中は適度に熟している、
これがイタリア無花果の美味しさの秘密だ。




何故、日本では表皮が緑の無花果で
中の果肉が甘酸っぱいものが無いのか?

長年不思議に思っていたところ
最近になりようやくイタリア的無花果を眼にするようになった。

それも流石、日本だと思う事は
この晩秋の季節に出回っていることだ。

これはどう見ても温室栽培で初めて可能になることだ。

無花果も随分と人気が上がり
ブランドそのものが高くなったものだ。

日本に於ける、無花果の地位向上、
そこまでに至るまでには
長い不遇と不幸の歴史があったのだ。

遂に無花果は便所の窓から訣別することが出来た。

11月某日、台所に懐かしい
緑色の無花果があった。

近所のレストランで売っていたものだ。

そして、不思議なことに
その日、娘からパルマの生ハムの差し入れがあった。

偶然の一致にしては出来すぎた話である。
c0135543_185848.jpg

その日の夕食は
久しぶりにローマ、ミラノを思い出す
楽しいひと時となった。
c0135543_1853150.jpg

長い長い夏の夜、
浮き立つローマの街角での食事
先ずは、生ハムと無花果の絶妙なるコンビネーション
そして冷えたシャンペンで喉を潤す。
c0135543_186041.jpg

これぞイタリア的人生の楽しみ方である。
[PR]
by shige_keura | 2010-11-19 08:56 |
<< したたかな男と外交戦術  前編 無花果盛衰記  前編 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.