Top
師走の”とおさんば”
”とおせんぼ”ではなく”とおさんば”
正確には”通さん場”である。

芝居小屋の暮れと正月は
いつも以上に活気を呈する。

暮は年忘れ興行、正月は新春興行と言う具合に。

そして、12月の歌舞伎といえば
それは「仮名手本忠臣蔵」となる。
c0135543_21391328.jpg

「菅原伝授手習鑑」、「義経千本桜」と並ぶ
人形浄瑠璃の三大傑作が
元禄の世の赤尾浪士の仇討ちを手本としていることは
日本人であれば誰でもが知ってる。

徳川の世、芝居に実名を使うことは許されず
赤穂四十七士をイロハ47文字にかけて「仮名手本」、
更には主人公の忠臣と大石内蔵助の蔵から
「忠臣蔵」を考え出して出来た題名が
「仮名手本忠臣蔵」なのである。

このお芝居は通しで全十一段からなる大作なのだが
それを1日で見ることは先ず不可能だ。

何故なら、今、国立劇場で行われている
三、四、道行、七、十一段目ですら
5時間を超える大芝居となるのだから。





実はこの私、このお芝居を見るのは初めて!
いそいそと劇場に向ったのは言うまでもない。

呼び物は、松本幸四郎の意欲的な二役、
演ずるは義士の主役、大星由良之助と
憎憎しい敵役の高師直にあった。
c0135543_21402410.jpg

幸四郎にとって由良之助は当たり役
安定感溢れた演技で存在感を示した。

しかしながら、驚いたのは
初役にもかかわらず高師直を上手に演じたことだ。

殿中で塩冶判官をねちねちといたぶる場面は圧巻だ。

さて、この芝居開始に当って
場内放送が流れた。

「お客様に申し上げます。
 このお芝居の四段目が始まりますと
 45分間は場内への出入りが出来ませんので
 予めご承知おきください」

初めて聞くアナウンスに首をかしげた。

「何か、特別な仕掛けでもあるのかな?」

ところがそうではなく
伝統的しきたりに則っているだけだったのだ。

昔から、お芝居小屋の桟敷席などは
上演中にでもお酒やお弁当の差し入れが行われ、
又、お客も勝手に出入りを許されていた。

但し、唯一の例外が「仮名手本忠臣蔵」の四段目なのだ。

それはこの場の内容が
塩冶判官切腹の場面であるからだ。
c0135543_21405364.jpg

殿中で抜刀の咎を受け、即日沙汰を受けた
塩冶判官が由良之助の到着を待ちわびながら
切腹し果てる場面である。

小刀を腹に突きたてた判官、まさにその時
由良之助が到着し殿の元に走り寄る。

「待ちかねたぞ、由良之助ーー!」

薄れ行く意識の中で
血糊のついた小刀を形見に渡す判官、
主従の目と目が合う、
仇討ちを固く決意する由良之助である。

このあと、本物の香を焚いた中で
妻の顔世御前、由良之助の焼香が執り行われる。

即ち、芝居はピーンと張り詰めた
厳粛な雰囲気におおわれて進行していく。

だから、四段目に限っては誰にも邪魔出来ない!
なんびとたりとも通さん!!!通さんの場、
「通さん場」となったわけである。

頃は元禄十五年・・・・・・・・・

ふりしきる雪の中
山鹿流の陣太鼓が闇夜に響き渡る、
いよいよ仇討本懐、大詰めである。

師走馴染みの古典芸能に浸るのも悪くない。
[PR]
by shige_keura | 2010-12-10 10:10 |
<< 我が青春の女神たち -イタリア... 我が青春の女神たち -黄色いリ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.