Top
師走の北陸路  (福井と加賀の名刹)
北陸は仏教王国と呼んで過言で無いほど
由緒ある寺、全国にその名を轟かせる名刹が多い。

その中でも真打格なのが
福井にある永平寺である。
c0135543_849553.jpg

曹洞宗の宗祖、道元が
1244年に開いた永平寺は
総持寺と共に宗派を束ねる大本山の役を担っている。
c0135543_8495116.jpg

金沢に暮らしている間
訪れた機会は何度もある永平寺だが
残念ながら冬景色を見たことはなかった。
c0135543_850265.jpg

地元の人々は異口同音に言う。
c0135543_851912.jpg

「永平寺の良さが一番出るのは冬だね!」

雪に覆われた過酷な自然環境を目の当たりにすると、
厳しい修行僧の生活が実感として理解できるからだ。
c0135543_8514367.jpg

朝は4時に起床、
夜の10時までの間、
毎日毎日、心と身体の鍛錬を続ける。

今尚、山奥を感じさせる場所だが、
その昔の寂莫たる雰囲気はいかばかりであっただろうか!

長い回廊、階段を歩くと
スリッパを通してでも
足裏が冷たくなってくる。
c0135543_8521677.jpg

そこを、素足の修行僧が
軽い会釈をしながら足早に通り過ぎていく。

その足音が薄暗い廊下に消えていく。

あとは静けさの音が耳にこだまする。

10日ほど前に降った雪の名残が
厳しい冬の訪れを告げている。
c0135543_857247.jpg





ここは加賀温泉郷に近くの
那谷寺、真言宗の名刹だ。
c0135543_859175.jpg

加賀の国では白山信仰、
即ち清らかで白き神々の住む白山に
死後の魂が登って清められ
回帰するという信仰が
昔から根強く浸透していた。
c0135543_8592734.jpg

那谷寺の名前の由来は
982年の花山天皇の行幸に遡る。

その時、天皇は岩窟で輝く観音三十三身を感じ
西国三十三観音の一番、那智と
三十三番、谷汲から一字づつ取って
那谷寺と名付けたのだ。
c0135543_90767.jpg

この寺は、遊仙郷と名付けられた岩窟が
数多く存在している。
c0135543_903269.jpg

その昔、人々はその岩窟の出入りを繰り返し
白山を遥拝することによって
自分の罪が洗い清められると信じていた。
c0135543_911042.jpg


c0135543_914919.jpg


c0135543_921756.jpg

この寺の最も綺麗な季節は紅葉のとき、
庭にうず高く積もった落ち葉、枯葉に
絢爛たる紅葉を偲ぶことが出来た。
c0135543_924499.jpg

「石山の 石より白し 秋の風」
c0135543_944016.jpg

これは元禄2年、当寺を参拝に訪れた
松尾芭蕉の詠んだ句である。

今は北陸の冷たい木枯らしが
時折、木々を揺らせて通り過ぎていくのみだった。
[PR]
by shige_keura | 2011-01-06 17:13 |
<< 師走の北陸路 (食の至宝) 師走の北陸路 (旅の衣はすずか... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.