Top
卯年包丁事始
仰々しいタイトルだが、どうってことはない。

1月5日、偶々夕食の仕度を仰せつかっただけのことだ。

但し、今日は自分でルールを決めた。

それは家にある、ありあわせの食材で作ることだ。

森閑とした台所で周囲を見渡し
冷蔵庫の中を見聞する。

昨夜の”豚シャブ”のスープが
少々残っている。

これは使えるぞ!!

冷蔵庫の中、加賀レンコンが一節、
これも早く使ったほうが良い。

ほかに野菜もので使えそうなものは
白菜、ナス、それに長ネギだ。

冷凍庫に鶏の手羽中が
丁度良い分量で残っている。

これだけあれば2人分の夕食には十分だ。





先ず最初にしたことは
長ネギと白菜の芯の部分を切って
昨夜のスープに入れて煮た事だ。

繰り返すが、白菜の芯の部分であって
間違っても葉の部分を早めに煮てはいけない。

長ネギと白菜の芯がトロトロになり
旨み成分がスープと溶け合い
いい具合になる筈だ。
c0135543_22395568.jpg

更に一工夫は、生姜の摺りおろしを
スープに加えたこと、
これで食べた時に身体が温まるだろう。
c0135543_22402878.jpg

一節残ったレンコンを横に3等分に切り、
続いて縦に切り揃える。
c0135543_22405541.jpg

レンコンのキンピラを作るのだ。

旨いキンピラを作るコツが最近漸くのみ込めた。

ひとつは胡麻油の効用、
これを使うのと使わぬのでは味が全く違ってくる。

もうひとつ、それは、予め用意した出し汁を入れて
キンピラを煮上げることなのだ。

これで、キンピラに味がじわっと沁み込む。
c0135543_22412241.jpg

続いては、ナスの炒め、醤油とオカカ風味である。

これには私の苦手な工程がある。
c0135543_22414887.jpg

それはナスを乱切りにせねばならぬのだが
どうもこのきり方のコツがのみ込めていない。

乱切りだから字の如く
適当で良さそうなものだが
私にはこれがなかなかに難しい。

キュウリ、ナスの乱切り
どうすればコツがつかめるのか??

今日も乱切りには程遠くなってしまった。
c0135543_22422141.jpg

見てくれはどうあれ、
タップリとオカカをかけることで補うことが出来るだろう。
c0135543_2242497.jpg

白菜と長ネギがトロッとしたスープに
僅かながら残っていた豚肉を入れて更に煮込んでいく。
c0135543_22433292.jpg

鍋の蓋を開けると、実に良い雰囲気となっている。
c0135543_22435964.jpg

その頃には手羽中の塩焼きの良い匂いが漂ってくる。
c0135543_22443067.jpg

これだけあれば、正月明けの夕食には十分だろう。

「いただきまーーす!」
[PR]
by shige_keura | 2011-01-13 08:35 |
<< 初春浅草そぞろ歩き (地下鉄風情) 初春は華がいっぱい! >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.