Top
梅の季節に梅供養 -中篇ー
千葉の貧しい家で生まれた花井お梅は
9歳の時養女として売られ、
15歳の頃より新橋でお座敷に出始めた。

その時の源氏名は”小秀”、
彼女は持って生まれた美貌と
客扱いの上手さで引張りだこの人気者となっていった。

自分の人気に自信を得た彼女は
柳橋に移ったときに名前を代えた。

その名は”秀吉”!!

芸者で天下を取ってやるとの
心意気が見て取れる。

その通り、20歳の若さで
待合の女将に登りつめたまでは良かったが
店の名義を巡って大騒動に巻き込まれていく。

美しいが男勝りの、
お梅の性格がここで災いする。

信頼していた使用人峯吉に裏切られたと知ったお梅は
逆上の余り出刃包丁を振りかざし
彼を浜町河岸に追い背中に突き立て刺し殺してしまう。
c0135543_18141976.jpg

時は明治20年、お梅24歳の若さだった。

               (事件直後の”お梅”、志村立美 画)
c0135543_1816695.jpg

これを、花井お梅事件、
通称”箱屋事件”と呼ばれている。
c0135543_1815075.jpg






”箱屋”とは
宴席に出る芸者の供をして
箱に入れた三味線等を持って歩く男のこと。

峯吉(小説では巳之吉)がこの箱屋だった事で
”箱屋事件”と呼ばれるようになっていったのだ。

一旦は無期懲役となったお梅だが
強力に弁護する人も現れ
15年の刑期で出所することが出来た。

その後は浅草で汁粉屋、洋食屋経営のあと、
己の起こした事件を売りにする一座を立ち上げ
全国を行脚する。

このようにしたたかな女性だったのだが
素人の悲しさで一座は長持ちせず
最後は馴染みの芸者に戻り一生を全うした。

ここで、明治、大正、昭和を生きた
大劇作家の真山青果が登場する。

大正期に入り、真山青果が
「仮名屋小梅」の名前の下に
箱屋事件を小説にしたことが人気を呼び
”お梅”は舞台にそして映画へと取り上げられるようになっていった。

そのなかのひとつの作品が
日本映画史の中ではエポックメーキング的であり
知る人ぞ知るものなのだが
続きは明日の後編で。
[PR]
by shige_keura | 2011-02-08 09:16 |
<< 梅の季節に梅供養 -後編ー 梅の季節に梅供養  前編 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.