Top
築地、月島、佃島 ー勇ましい橋ー
日本は山・川の多い国であるだけに
架けられた橋の数も多い。

15メートル以上に限ると
全国に14万以上もの橋が存在するそうだ。

従って、橋の名前も極めて多岐に渡っている。

国名(日本橋)をはじめ地名に由来する橋(千住大橋)、
或いは人物、寺社の名前から取った橋が多い中で、
日本独特の文化を思わせる名前も或る。

山口県の錦帯橋、京都の渡月橋などは
日本独特の煌びやかさ、風雅さを思い起こさせる。

その昔、日本三大遊郭とされた長崎の丸山、
そこに今でもある思案橋は
客が遊郭に行こうか?行くまいか?
思案に暮れる男の揺れ動く心根が窺われる名前である。

全国、無数の如く有る橋の名前ではあるが
目の前の橋ほど勇ましい名前を持ったものはないだろう。

「勝鬨橋」!!

吾等が小学校当時、可動式のユニークな勝鬨橋は
都内見学のひとつの人気者だった。

1970年に水陸の交通が逆転したことを受けて開閉を停止したものの
今でもその威風堂々たる姿はまことに特徴的である。

しかしながら、どのような理由で
この勇ましい名前が付けられたのだろうか?





c0135543_16524844.jpg

近世からの日本歴史を振り返ってみると
国を挙げて大きなカチドキで喜びを表したのはただ1回、
日露戦争の勝利(1905年)を祝った時のことだ。
c0135543_16541875.jpg

勝鬨橋の完成は、そのカチドキ後の35年、1940年であるが
明治時代の歴史的大事件、
日露戦争と係わり合いを持っている。
c0135543_1655214.jpg

それはまさしくカチドキの時と同じ1905年、
築地と佃島を結ぶ渡し舟の運行が始まったのだが、
日露戦争、旅順陥落を記念して「かちどきの渡し」と命名されたのだ。
c0135543_16553991.jpg

その後、月島に石川島をはじめ多くの工場が進出し、
更には東京万博主会場がこの地に決定したことを受けて
交通量増加に対処する為、
橋建設が1933年に始まった。
c0135543_16561646.jpg

それから7年後、開閉可動式のユニークな橋が完成!

時まさに皇紀2600年を記念し
「かちどきの渡し」が「勝鬨橋」になったのだ。
c0135543_16565883.jpg

1980年の電力供給停止以降
橋を開閉する能力は完全に失われた勝鬨橋、
今でも、昔の雄姿を懐かしむ声は大きい。
c0135543_16572927.jpg

雄姿を取り戻す為には莫大な費用がかかるが、
現代の子供たちにも一度は見せてあげたい光景である。
c0135543_16582743.jpg

[PR]
by shige_keura | 2011-02-15 20:26 |
<< 築地、月島、佃島 -”もんじゃ... 今日はバレンタイン >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.