Top
築地、月島、佃島 -佃煮の故郷-
佃煮で御馴染みの佃島だが
その名付け親は江戸市民ではなく上方の漁民である。

1590年(天正8)、徳川家康が関東下降の際、
摂津の国、佃村(現在の大阪市、西淀川区)の漁民33名を
一緒に江戸に移した。

その大きな理由は、
当時の江戸は好漁場がありながら
すぐれた漁師が居なかったためである。

その後、彼らは江戸の住み着いた砂洲に
土砂を埋め立て拡張、築島し、
故郷に因んで佃島と命名した。
c0135543_21403442.jpg

佃島の民は豊穣なる江戸前の海で獲れた小魚、貝を
生醤油で煮しめて保存し家庭内の副食物としていた。
c0135543_21414249.jpg

これが、日本人ならば
誰でもが知っている”佃煮”である。

今でも、当時の面影を留める店構えの老舗が
いずれ、”本家”か”元祖”かを競っている。
c0135543_21423467.jpg

アサリ、昆布、葉唐辛子
三種の佃煮を買い求めることで
地元伝統産業への僅かばかりの貢献とした。
c0135543_214476.jpg






c0135543_21452583.jpg

佃島漁民の守り神、住吉神社、
ここの境内の一角に
堂々たる碑が建立されている。
c0135543_21444519.jpg

その名は”鰹塚”、
東京の鰹節卸売り協同組合によって
昭和28年に建てられたものである。

何故ならば、江戸時代から鰹節問屋は
住吉大神を生業繁栄の守護神として崇め奉ってきた。
c0135543_21465675.jpg

そのこだわりは、神社の棟木の上に
鰹節に似た円形状の飾り木、
”鰹魚木”が横に並んでいることからも窺われる。
c0135543_21461470.jpg

小さな島には大きすぎるぐらいの神社があれば
島の大きさに相応しい小さな小さな地蔵尊もある。

               (地蔵尊への正面と裏の通路)
c0135543_21481032.jpg


c0135543_2149815.jpg

”佃天台地蔵尊”は人がすれ違えない狭い路地の一角に、
しかも銀杏の大木に押しつぶされんばかりに
ひっそりと隠れていた。
c0135543_2150210.jpg


c0135543_21504390.jpg

上を見上げると屋根をぶち抜いた銀杏が
大きく枝を広げている。
c0135543_21514422.jpg


c0135543_21522678.jpg

隅田川の畔まではごく僅か、
そこには昔の”佃の渡し跡”を記念する石碑が
忘れ去られたように建っていた。
c0135543_21532224.jpg

大川もここまで来れば流れは穏やか、
江戸前の海は目と鼻の先である。
c0135543_21541311.jpg

[PR]
by shige_keura | 2011-02-18 08:50 |
<< 築地、月島、佃島 -月は朧に白... 築地、月島、佃島 -”もんじゃ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.