Top
紅の季節
本日は3月3日、雛祭りだ。

夫婦二人だけの我が家ではあるが
あちこちに可愛い雛人形が飾られている。

金沢時代に購入した九谷焼き、
山之口徹さんのガラスの雛人形、
艶やかな博多人形風のお雛様もある。

奈良の一刀彫の雛人形は
色鮮やかなピンクの花と並んでいる。
c0135543_20144360.jpg

雛祭りの花と言えば、”桃”、
”桃の節句”と言うくらいなのだから。
c0135543_20154633.jpg

しかしながら、この花は桃ではなく寒緋桜、
家内の実家の庭から一枝頂戴したものだ。
c0135543_20201262.jpg






年が明けたとは言え、未だ冬の盛り、
色彩のない庭、公園の一角に
いつの間にか梅の蕾が膨らんできた。
c0135543_2019473.jpg

「梅一輪一論ほどの暖かさ」
c0135543_20174190.jpg

白梅と並び紅梅の競演、
景色が色づき始める。

そして、寒緋桜の登場と共に
紅の季節の幕が上がる。
c0135543_20215254.jpg

寒緋桜は旧暦の正月の頃花を咲かせるので
別名、”元日桜”とも言われている。

又、かつては緋寒桜とも呼ばれていたが
彼岸桜と混同されるので寒緋桜の名前が定着した。
c0135543_2023542.jpg

桜の仲間ながら釣鐘状の花が特徴であり
強いピンクの色と共に存在感の極めて強い桜である。
c0135543_20233815.jpg

この季節、寒緋桜と共に河津桜もピンク色の花を咲かせ
多くの観光客の目を楽しませてくれる。

そして、3月から4月にかけては
染井吉野から八重桜と
日本の国花、桜の艶やかな競演となる。

今日、3月3日、上空は青空が広がり清清しいが
渡る風は身を切るほどに冷たく真冬を思わせる。

とはいえ、陽の光の強さは
確実に春近しを告げている。
c0135543_20244561.jpg

春爛漫から新緑萌え出る時へ
1年中で最も好きな季節はすぐそこまで来ている。
[PR]
by shige_keura | 2011-03-03 20:27 |
<< ”鬼”は何故”鼠”が好きなのか... 言葉の重み >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.