Top
二人の天才好き嫌い  -1-
毎年、春も深まってくると
スイスの或る場所を思いだす。
c0135543_1359549.jpg

そこは、スイス南部のフランス語圏、
冬は雪深き小さな寒村なのだが、
漸く雪も溶けはじめ緑に覆われる頃、
再び山々が真っ白に覆われる。

土地の人々が「5月の雪」と名付けている
群生した野生の水仙が一挙に花開くのだ。
c0135543_1402090.jpg

野生の水仙が見下ろす先がレマン湖、
そのほとりにブベイの名の瀟洒な町がある。

世界的な食品企業であるネスレの本社所在地だ。

綺麗に刈り込まれた緑の芝生に沿って
湖に向かって歩いて行くと
ひとつの小さな銅像が目に入ってくる。
c0135543_141054.jpg

山高帽を頭に乗せ
フロックコートにステッキ、
映画ファンにとってはお馴染みのいでたち、
チャールズ・チャップリンその人である。

湖を見つめる眼差しは何故か寂しげ、
かつて名声をほしいままにした
アメリカ、ハリウッドの日々に想いを馳せているのか?
c0135543_143074.jpg

しかし、このような片田舎の地に
どうしてチャップリンの銅像が建っているのだろうか?






チャップリンは1952年、44歳の時から
彼が世を去る1977年まで
アメリカを離れこのブベイの地に25年間生活していたのだ。

正確に記すと、「アメリカを離れた」のでなくて
「アメリカに戻れなくなった」のである。

チャップリンの映画のスタイルは
ふたつのカテゴリーに分類できる。

ひとつが主に初期の作品、
「キッド」、「街の灯」に見られる”人間愛路線”である。
c0135543_14252532.jpg

もう一方が、いわゆる”イデオロギー”路線、
「モダンタイムス」の機械文明批判、
「独裁者」における政治批判である。
c0135543_14272077.jpg


c0135543_14274627.jpg

そのイデオロギー路線が最高潮に達したのが「殺人狂時代、」
劇中の有名なメッセージがこれだ!
c0135543_14291422.jpg

「一人殺すのは殺人者で百万人殺すのは英雄なのか??!」

時、あたかもアメリカでは”赤狩り旋風”が吹き荒れる中
チャップリンは容共主義者としてのレッテルを貼られてしまう。

彼は次作、「ライムライト」で人間愛路線に方向転換したが
時すでに遅く、同映画のイギリスプレミアの為
ロンドンを訪れたチャップリンは国外追放の処分を受け
アメリカには戻れぬ身となったのだ。

アメリカにもどれなくなったチャップリンは
英国にて、「ニューヨークの王様」(1957)、
「伯爵夫人」(1967)を世に送った。

しかしながら、ブベイでの牧歌的生活が
チャップリンの鋭い感性を削いでしまったのか?

英国での作品にはチャップリンらしさの片鱗も窺えなかった。

とは言え、チャップリンの映画人としての偉大さは揺るがない。

監督、主演だけでなく
脚本、音楽まで手掛けてしまうチャップリン、
人々は彼を天才と呼ぶ。

チャップリンが天才ならば
同じように監督、主演、脚本を務めたジャック・タチ、
彼もまた天才と言えるだろう。

明日のブログでは
彼らの作風、そして私の好き嫌いについて紹介しよう。
[PR]
by shige_keura | 2011-04-24 21:15 |
<< 二人の天才好き嫌い -2- ”伯父さん”今、蘇る >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.