Top
旧ユーゴを巡る -つぶらな瞳-
観光名所には言葉として、
”瞳”とか“真珠”が使われることが多い。

ところが、中には「なんでこれが瞳なんだ」、
看板に偽りあり、の場合がままある。

今回の旅程の中にも
”瞳”と”真珠”を謳っていた場所があったが
どちらも、言葉通りの掛け値なしの美しさだった。

旧ユーゴの東北に有るスロベニア、
面積は九州の半分ほどだが
6つの共和国の中では、とびぬけた裕福な国である。

旧ユーゴ全域のGDP平均が2635ドル、
その中でスロベニアは5315ドルと突出している。

豊かなGDPを支えている
ひとつの要素が美しい自然を背景とした観光収入である。

ここはオーストリアとの国境に程近いブレッド、
小さな田舎町の真ん中に有る湖が
”アルプスの瞳”と謳われるブレッド湖だ。
c0135543_9374987.jpg

湖畔の最も眺望の開けたところに今でも残る立派なお屋敷、
それが終身大統領として君臨したチト-の別邸である。
c0135543_9384545.jpg

ユーゴの偉大な父、カリスマ指導者が
別邸を定めたところにも、ここブレッドの美しさが窺われるところだ。
c0135543_9393654.jpg






湖畔の公園には花が咲き誇り
白鳥、鴨が昼寝をしたり
餌をついばんだり、親子で戯れたり
平和この上も無い光景が広がっている。

ユーゴの中では最も早く
無血独立を獲得した背景が滲み出ているようだ。
c0135543_9404090.jpg


c0135543_9411396.jpg


c0135543_9415451.jpg

元チト-別邸の対岸、
湖水から130メートルの崖の上には
スロベニア最古の城ブレッド城が湖を見下ろしている。
c0135543_9434659.jpg

ブレッド城の築城は1101年、
今年で節目の1000年を迎える古強者だ。
c0135543_8411888.jpg

堅固な城壁に囲まれたこの城は
ユーゴー以前、遥か昔のローマ時代、
更にはハプスべルグ影響下の時代からの守護神である。

ここからの眺望はとんでもなく美しく
ただただ、ウットリとするばかりだ。
c0135543_8291248.jpg

北方には山並みが広がり
その向こうはオーストリア国境のユリアナアルプス、
そこにはスロベニア最高峰、
トリグラフ(2864m)が聳えているはずだ。
c0135543_1026325.jpg

               (ブレッド湖の北にあるトリグラフ初登頂者の像)
尚、トリグラフとは
スラブ語で三つの峰(Triglav)を意味し
スロベニアの国章、国旗にもその姿が使われている。
c0135543_10273524.jpg

ブレッド湖の真ん中には小島が浮かび
お伽噺に出てくるような可愛い教会が我々を誘っている。
c0135543_102811100.jpg

それでは可憐な聖マリア寺院に舟で行くこととしよう。
c0135543_10284437.jpg


c0135543_10292044.jpg


c0135543_10295754.jpg

教会の中に足を踏み入れると
雰囲気とは似つかわしく無く随分と騒々しい。
c0135543_10304073.jpg

白のティーシャツに革のスラックス、
お揃いのユニフォームの一団は
イタリアのモデナからやってきたオートバイ同好会の面々だ。

教会の真ん中で上から垂れたロープを
交代で引っ張って喜んでいる。

ロープを上手く引っ張ると教会の鐘が鳴り
願い事が叶うと言い伝えだ。

なるほど、先ほど外にいた時には
教会の鐘がばかに不規則に鳴っていたのはこういう事だったのか!

モデナの中年餓鬼軍団のあとは
日本の中後期高齢者一味の登場だ。

ひとしきり願い事をした後、
教会の周りを歩き千金の眺めに目を奪われる。
c0135543_10325728.jpg

今や、この教会は若者の間では
憧れの結婚式場になっているとのことだ。

但し、新郎にとって、ひとつの覚悟が要る。

何故ならば、教会の前の急な階段を
花嫁を抱えて上っていかねばならぬからだ。
c0135543_10312297.jpg

下から見上げるこの勾配は大変だ、
もっとも、この私には全く関係は無いが。
[PR]
by shige_keura | 2011-06-21 08:37 |
<< 旧ユーゴを巡る -アドリア海の真珠- 旧ユーゴを巡る  -民族・宗教... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.