Top
芸術の秋
秋と云えば私にとっては”食欲の秋!”、
と、ばかり、バクバク食べてばかりいないで
偶には“芸術の秋”を味わおうじゃないか。
c0135543_202393.jpg

ここは、東京の中心、丸の内オフィス街、
”仲通り”も芸術の秋に相応しく
彫刻や花々が飾られる中に
今日お目当ての展示会のポスターもはためいていた。
c0135543_2031620.jpg


c0135543_204885.jpg

アンリ・ド・トゥルーズ・ロートレック、
我々には”ロートレック”で親しい画家の展覧会が
この近く、三菱一号館美術館で行われている。
c0135543_2051758.jpg


c0135543_2054483.jpg


c0135543_206753.jpg

絵画についても詳しい知識のない私だが
ロートレックの作品は
非常に個性的、且つ新鮮に映る。
c0135543_2071472.jpg

それは、彼の描く世界が
男ならば誰でもが興味のある華やかで妖しげな場所、
カフェ、キャバレー、娼婦の館であるからなのだろうか。
c0135543_2075732.jpg

彼が活躍した時代は19世紀後半、
誰が名付けたか、「ベル・エポック」(良き時代)、
パリが最もパリらしく光り輝いた時代である。
c0135543_2083192.jpg

ならば、ロートレック以外にも
華やかな場所を主題として書いた画家は沢山居ただろう。
c0135543_2010263.jpg

にもかかわらず、ロートレックが新鮮に映るのは
妖しげで一見華やかな世界を
表面だけでなく、裏側からも克明に描いている所である。








舞台上の踊り子、接客している娼婦、
殆どが華やかで魅力的に振る舞っている。
               (「ムーランルージュ、ラ・グリュ」)
c0135543_20112652.jpg

ロートレックの名を知らしめた
ムーランルージュのポスター、
そこからは浮き立つ客席、
香水とシガ―の香りが漂ってくる。
               (ポスターのモデル、ルイーズ・ヴェベール、通称ラ・グリュ)
c0135543_20131410.jpg

しかし、ひとたび楽屋、舞台裏を見てみれば、
そこには生活苦が満ち溢れ、
先ほどの笑顔はどこへやら、
疲労が滲み、皺の彫りが一層際立ってくる。
               (「ムーランルージュの女道化師」)
c0135543_2015254.jpg

中には、馴染みの客を、取った、取らない、で
聞くに堪えぬ悪口雑言が飛び交っている。
               (女道化師のモデル、シャ・ユ・カオ)
c0135543_2016343.jpg

ロートレックは女性の表面的な美しさには全く興味を示さず
その内面の悩み、苦しみを素直に表現している。
               (「マルセル・ランデ-ル嬢の胸像」)
c0135543_20171166.jpg

               (マルセル・ランデ-ル本人) 
c0135543_20182785.jpg

その背景をさぐると、
突き当たるのが彼の身体的ハンデキャップだ。

南仏の伯爵家に生まれたロートレック、
彼は小さな宝石(Petit Bijou)とこよなく愛されて育った。

ところが、13,14歳二度にわたる足の骨折、
以降、彼の足の発育は止まり
大人の上半身を子供の下半身が支える身体となった。
c0135543_20193671.jpg

父からは侮まれ、悲しみと絶望の淵のロートレック、
絵画を学んでいく過程で、
人間の奥底に潜む哀しみを
追及するようになったのだろう。

「人間は醜い、されど人生は美しい」

彼の言葉を噛みしめて作品を見てみると、
最初に見えた醜い顔の裏から
女性としての逞しさ、美しさが見えてくる。

酒に溺れ身体を壊し、36歳で世を去ったロートレック、
彼を偲ぶ展示会、実に興味のあるものだった。

見学後は秋の気配忍び寄る中庭を眺めながら
パリで有名なレストラン「ジョエル・ロブション」
のカフェで優雅に昼食をとる。
c0135543_20215480.jpg

周りを見てみれば、
爺の単独行は吾一人。

しかし、それが何の肩身の狭さを覚えぬほど
心地よい一時を過ごした。
c0135543_20212185.jpg

フランスの家庭料理、「ガレット」、
コーヒーがついて1,000円、
チーズがとろりと効いてとても美味しかった。
c0135543_20204734.jpg

これはお得!! 御同輩、穴場ですぞ!!!
c0135543_22405874.jpg

”芸術の秋”が最後にはやはり”食欲の秋”となった半日だった。
[PR]
by shige_keura | 2011-10-26 08:25 |
<< 生誕80年 -駆け抜けた青春- リーグ優勝と日本一の谷間に  ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.