Top
自然、その怖さと美しさ -四季の移ろい-
異常気候の続く今年、
それでも日本には四季は必ず巡ってくる。

うららかで暖かな春、
容赦なく太陽が照りつける夏、
涼やかな風が吹き抜ける秋、
木枯らしが枯葉を舞いあげる冬。

日本人はそれぞれの地方で
来るべき季節への対処をすることで
身体を鍛え、生活の知恵を付けていったのだと思う。

11月4日、金曜日、
カーテンを開けると明るい秋の陽射しと共に
赤、黄色、見事に色づいた紅葉が目に飛び込んできた。
c0135543_23311194.jpg

小学校唱歌の替え歌ではないが、
「秋の朝日に照る庭モミジ・・・
 濃いも薄いも数ある中で・・・
 ・・・・庭を色どる裾模様」
c0135543_23321448.jpg

ベッドで、ぐずぐずしているのは勿体ない。

庭に出てみると、意外な暖かさ、
家の中で着ていたコートを脱ぎすてる。

木々の葉は次々と舞い落ち、
大空が広がっている。
c0135543_2333927.jpg

僅か数ヶ月前の緑一色の世界が
黄色、赤、そして枯葉の褐色、
晩秋から冬へ一直線に進んでいる。 
c0135543_23352098.jpg


c0135543_23382141.jpg


c0135543_23355656.jpg


c0135543_23362151.jpg






枯葉がうずたかく積もった庭、
可憐な紫色の花が目についた。

どう見ても「都忘れ」のようだ。
c0135543_23424357.jpg

1221年、「承久の乱」で佐渡に流された
順徳天皇が、この花の美しさを見ることで
都を忘れられると言ったことが名前の由来である。

しかし、「都忘れ」の花は
都が忘れられる程に美しい花であろうか?
c0135543_23431497.jpg

可憐、可愛らしさは認めるが、
むしろ、この花を見ることで
かつての都での華やかな生活を思い出し
今の淋しい境遇が身に沁みることを歌ったものではないだろうか?

順徳天皇が残した歌の解釈は知らぬが
彼の淋しい心をこの歌から読み取れるのだ。

いかにして 契りおきけむ 白菊を
都忘れと 名づくるも憂し

しかし、待てよ!
都忘れは初夏の花と言われている!!
c0135543_23434391.jpg

そうは云っても??? この姿、形は紛れもない都忘れだ。
c0135543_23441341.jpg

ひょっとして、この都忘れは
季節忘れなのかもしれない。

これも、大自然のなせる業、
「想定外」と云ってはいけない。
[PR]
by shige_keura | 2011-11-09 21:16 |
<< お振袖の始まり 自然、その怖さと美しさ -想定... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.