Top
楽しからずや! (かもめが翔んだ日)
「かもめが翔んだ日」と言っても
渡辺真知子のヒット曲のことではない。
c0135543_1440209.jpg

熱海-初島、僅か25分の船旅の間
ひっきりなしに船に向かってカモメが翔んでくるのだ。
c0135543_14334637.jpg

正確に言うと、船に向かって来るのではなく、
乗客が手に持つ、”かっぱえびせん”目当てに翔んで来るのだ。
c0135543_144106.jpg

日本に生息するカモメは
大きく分けて8種類。

ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、
オオセグロカモメ、シロカモメ、ワシカモメ、ミツユビカモメである。
c0135543_14422341.jpg

船の周りを舞っているのが
どの種類かはっきりしないが
ふと昔の光景を思い出した。

それは、1990年代初頭の事、
場所はキラキラと太陽輝く、南仏は
マルセイユ郊外の素適なホテル
「プティ・ニース」に滞在していた時のことだ。





c0135543_1554872.jpg

このホテルは、故池波正太郎氏お気に入り、
随筆集、「ドンレミイの雨」の中に
”プロバンスの碧空”として取り上げられている。

「マルセイユの騒音は、ここへ来ると岬ひとつへだてただけで、
 まったく無縁のものとなる。
 大きくはないが、海辺の白いモダンなホテルで、
 環境としては、屈指のホテルである。
 ・・・・・・・・・・・・、
 青い空と海が灰色になり、
 海に浮かぶ、いくつもの白い岩の小島の彼方が
 ピンク色に染まりはじめた・・・・・・」

まさに居心地の良いホテル、
プールサイドに腰を据え
波間に朝日煌めく地中海を愛でながらの
朝食は、これまた格別だ。
c0135543_15575928.jpg

濃厚なオムレツ、新鮮な土地の野菜を食べ終え、
カフェオレを楽しんでいた時、
手すりに居た一羽のカモメがジリジリと近づいてきた。

青い空をバックに白いカモメ、
実に絵になると見入っていたのだが・・・・・・

そばでみるカモメの顔は冷酷極まりなく
その嘴は鋭利な刃物を思わせる。

どうも、吾等が残した朝食のおこぼれを狙っているようだ。

”君子危うきに近寄らず”とばかり
親子が席を立った瞬間、
件のカモメは目にもとまらぬ早業で
テーブルの上のバターの塊をくわえ、
中空に飛び去ってしまった。

あのカモメは絶対にコレステロール過多となったに違いない。
c0135543_15592287.jpg

一方、船に飛来し、かっぱえびせんを狙うカモメ、
きっと、塩分過多で高血圧症に悩んでるに違いない。
c0135543_1558495.jpg

”かもめが翔んだ、かもめが翔んだ、
 えびせんくわえて、かもめが翔んだ・・・・”
[PR]
by shige_keura | 2011-12-15 09:02 |
<< 変わり揚げ 楽しからずや! (近くて遠い島) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.