Top
元祖七福神巡り -歩きはじめに-
お正月、松の内の間、
益々、盛んになっている時間の過ごし方が
七福神巡りなのではないだろうか。
c0135543_1142283.jpg

東京には今や、名の知られた七福神巡りのコースが
少なくとも30ほど存在している。

年の初め、人々は幸福な1年を過ごせるよう
神にもすがりたいのは人間として当然だ。

特に御同輩諸氏にとって、
健康な日々を送ることは切なる願いだ。

更には、1月初旬に限っては
神社仏閣も大サービスに努め
普段見ることが出来ぬ御本尊にお目にかかることもできる。

こうして、都内のあちこちに
地図を片手にした老夫婦、爺婆グループの
右往左往している姿を見ることが出来る。

それが昨今のお正月の風物詩と言えよう。

さて、1月3日、薄曇りの日、
その中に吾等夫婦の姿を見いだせることが出来る。

しかも、今年選んだのは
七福神巡りの真打とも言える、谷中コースである。
c0135543_19481923.jpg







そもそも、七福神巡りは
徳川家康の信任厚い天海大僧正の
次の一言が発端となった。

「家康公が天下統一を成したのは
 寿老人の長寿、大黒点の富財、
 福禄寿の人望、恵比寿の正直、弁財天の愛敬、
 毘沙門天の威光、布袋尊の度量の広さという
 七つの徳を備えていたからだ」
c0135543_1145774.jpg

これを聞いた家康は喜色満面、
絵師に描かせた七福神を崇拝し、
それが庶民信仰に発展し、七福神巡りの名所が生まれていった。

多数の七福神巡りの名所が誕生していく中で
最も古いものが享和3年(1803)年刊行の随筆書、
「享和雑記」に登場する谷中七福神なのである。

ならば、吾も気合を入れて谷中七福神を巡り
その御利益を大いに授かろうではないか!

先ず最初の目的地はJR田端駅ほど近く、
東覚寺の福禄寿である。

目指す寺はすぐに見つかったのだが
境内の護摩堂前に何やら怪しげなものが??
c0135543_19492241.jpg

正月早々、この奇怪な物体の正体や如何に???

これは護摩堂の守護神、二体の金剛力士像、
人呼んで「赤紙仁王像」なのだ!!
c0135543_1949455.jpg

以下、明日に続く
[PR]
by shige_keura | 2012-01-16 08:56 |
<< 元祖七福神巡り -福禄寿はさて... たかがホットケーキ、されど・・・・・ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.