Top
元祖七福神巡り  -五重塔今昔ー
左手に、東京で唯一残る
「本当の富士見坂」を通り過ぎる。
c0135543_962317.jpg

都内に数ある「富士見坂」、
昔は見えた富士山の姿が、今は殆ど見えなくなってしまった。

「本当の富士見坂」の意味は
ここ谷中富士見坂のみ、
富士山が今でも見ることが出来るからである。
c0135543_965554.jpg

右手の横町に見えるのが「観音寺の錬り塀(ねりべい」)、
今から200年ほど前に造られた土塀で
瓦と粘土を交互に積み重ねて造ったもので
徳川時代の邸宅や寺院に用いられていた。
c0135543_971786.jpg

寿老人を祀る長安寺は小さな寺、
長蛇の列で靴を脱がねば拝めない。
c0135543_98251.jpg

ここは夫婦の意見は即一致、
お手軽に「遥拝」で済ませる。
c0135543_99398.jpg

東京スカイツリーを遥かに仰ぎ、
谷中の墓地を突っ切っていくと五重塔の跡地が目に入る。
c0135543_994244.jpg

この地に五重塔が造られたのが天保元年(1644)、
高さが約34メートル、関東一の高さで
上野の山からお江戸の町を睥睨していた。





ところが、明和9年(1772)、
いわゆる「明和の大火(火元目黒行人坂)」で焼失した。

繰り返すが、目黒で起きた火災によって
上野のお山の五重塔が焼失!

江戸時代においては、
如何に火事が恐ろしき災害であったことか!!

五重塔の再建が成されたのが寛政3年(1791年)、
「上野寛永寺」、「浅草浅草寺」、
「池上本門寺」と合わせ江戸四塔と謳われ、
特に谷中の五重塔は日本一美しい塔として賞賛をあびていた。
c0135543_9102127.jpg

更には、幸田露伴の同名の小説「五重塔」で
知らぬ人がなき存在となっていった。

ところが、事件が起きたのが昭和32年(1957)。

突如、五重塔から火の手が上がり
見る見る内に火は燃え広がり
美しい塔は瓦礫と化してしまった。
c0135543_9105151.jpg

焼け跡からは男女の死体が発見された。

調査の結果、56歳の妻帯者と
22歳のお針子の放火無理心中と判明した。

炎に包まれる五重塔を
おっとり刀で駆け付けた幸田露伴の娘、文は
言葉も無く茫然と眺めていたと言う。

いつの世にも人騒がせな連中が居たものだ。

七福神巡りはどうなった??

次なる目的地、毘沙門天の天王寺が目に入ってきた。
c0135543_9112554.jpg

続きは明日。
[PR]
by shige_keura | 2012-01-18 09:00 |
<< 元祖七福神巡り  -雪吊りニ態ー 元祖七福神巡り -福禄寿はさて... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.