Top
仏像の耳は何故でかい?
家には私の記憶を遡ると
気がついた時から仏像が有る。
c0135543_17111341.jpg

「気がついた時から・・・・」、
少しというか、大分変な表現だな、これは。

言いたいことは、頭の中に記憶が発生した時から
つまり、随分、昔々から仏像が鎮座ましましている。

幼稚園から小学校低学年を過ごした逗子、
以降、麻布、葉山、いつの時も
仏像は床の間の上に守り神の様に座っていた。

結婚後、海外生活16年を経て
仏像は我が家に帰ってきた。

ただ、日本間も床の間も無い現在、
仏像はリビングのフロアの上で、
偶に孫に頭をなでられる存在となっている。
c0135543_1712818.jpg

私も小さい頃そうであったように
孫にとっては仏像の螺髪(らほつ)、
螺旋状でブツブツの髪の毛の感触が
珍しいと見える。

仏像は左手のひらに薬壺を載せているので
これは薬師如来に違いない。
c0135543_17134258.jpg

しかし、右手の所作が非常に珍しく
何とも優雅なムードを醸し出し、
得も言われぬ両手のバランスがとても良い。
c0135543_17142268.jpg








仏像が我が家にある由来は知らない。

相当古いものに違いないのは推察がつく。

何故なら、60年以上も前から
仏像の背中の左側に穴があいているのだから。
c0135543_17123820.jpg

祖父に仏像の由来を聞いておくべきであった。

表面の塗装が大分剥がれてきた顔をしげしげと見る。
c0135543_17125881.jpg

角度によって、優しさ、哀しさ、諦め、
その表情は色々と変化する。
c0135543_1715834.jpg

c0135543_17153243.jpg

変化しないもの、
それはどの角度から見ても
不釣り合いなぐらい大きな耳のサイズである。
c0135543_17164237.jpg

どうして、仏像の耳は大きいか?

その理由が、最近になって分かった。

家内が最近出席した
大田観光協会主催の「仏像の見方」講座。
c0135543_17174250.jpg

初心者向けに分かりやすい説明が行われ、
その中で仏像の耳の紹介が有った。

仏像の耳が大きいのは
衆生の声を聞き洩らすことなく聞きとる為だ。

それでも聞き取りにくい時は
手のひらを耳にかざして
漏れなく聞き取ろうとする。

即ち、仏像の耳の大きさは
ほぼ、手の大きさと同じサイズで作られている。
c0135543_17181867.jpg

従って、もしも大昔の仏像が
損傷激しい状態で見つかった場合でも
仮に、一方の手か、耳が残っていれば
少なくとも手と耳の大きさは推定できるのである。

「なるほど、なるほど」

仏像の見方をあらかじめ頭に入れると
更に仏像への興味が沸いてくるだろう。

人間の場合はどうか?

耳の大きな人が全て聞き上手か?
それは、なんともコメントできない。
[PR]
by shige_keura | 2012-01-30 10:37 | その他
<< 映画の中の酒  -職人の切れ味- 我が意を得たり >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.