Top
映画の中の酒  -そういうことか、ボンド君ー
007シリーズ第3作、「ゴールド・フィンガー」(1964)に
当時、お目にかかったことがない
爽やかで旨そうなロングドリンクが登場した。
c0135543_21201533.jpg

金の亡者、オーリック・ゴールドフィンガー(ゲルト・フレーべ演)の
悪だくみを突き止めんものと
ボンド(初代、ショーン・コネリー)は
マイアミからロンドン、スイス・アルプスへ彼のあとを追う。

しかし、ゴールドフィンガーの巣窟で捕らわれの身となり
飛行機でアメリカのケンタッキーに運ばれてしまう。

そこはサラブレッドが周囲を駆け巡り
一見のどかな場所なのだが
ゴールドフィンガーは途方も無い計画を企てていた。

時は金本位制、
ケンタッキーにあるフォート・ノックスの陸軍基地、
その奥深くにアメリカの大半の金塊が眠っているのだ。

ゴールドフィンガーは基地を放射能で汚染し
アメリカの金を凍結させ
自分の持っている金の価格急騰を狙っていた。
c0135543_21211565.jpg

その企てをボンドが漸く嗅ぎつけるのが
件の爽やかなロングドリンクを飲んでいる時の
何気ない会話だったのである。






ロングドリンクの名前は「ミント・ジュレップ」、
バーボンをベースとする冷たい飲みもの。

クラッシュアイスに、炭酸水或いはミネラルウオーター、僅かの砂糖、
そして、涼やかな緑のミントの若葉が彩りを添える。
c0135543_2122475.jpg

「やるな、ボンド君、ミント・ジュレップとは!
 そういうことなのか!!」
c0135543_21231218.jpg

何故なら、ミント・ジュレップは
競馬の本場、ケンタッキー・ダービーの
オフィシャル・ドリンクなのである。
c0135543_2130979.jpg

ケンタッキーはバーボンの本場、
毎年5月第1週の土曜に行われる競馬の祭典は
丁度、ミントの香りが爽やかな頃である。
c0135543_21254336.jpg

1875年、第1回ケンタッキー・ダービーの当日
ミント・ジュレップは主催者開催の朝食会の飲みものとして登場した。

以来、ミント・ジュレップとケンタッキー・ダービーは
切っても切れぬ仲となったのである

こういった歴史的背景を知ってるか?知らないか?
それによって、映画の楽しみ方も違ってくる。

映画の中でボンドが余りにも旨そうに飲むものだから、
或る晩、銀座のバーで試してみた。
c0135543_21261397.jpg

正直、期待したほどの旨さではなかった。

ミントジュレップは太陽の下で
喉の渇きを癒すカクテルなのだろう。

その時いらい、昼間に飲んでみようと思いながら、
既に、30年以上もの時が経過してしまった。
[PR]
by shige_keura | 2012-10-13 20:49 |
<< 懐かしの”ガンさん” 「修身」の主人公 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.