Top
明治の男と梅の香り
2月27日、午後3時過ぎ、
雲間から時折太陽は顔を出すものの
北風は容赦なく身を突き刺す。

先週は春の気配を感じたのも束の間
今年の冬将軍は誠に手強い。

「梅一輪一輪ほどの暖かさ」 

今年は何時になればこの句を実感できるのか?

ところで、これは誰の作だっただろうか?

芭蕉ではないぞ、さりとて蕪村でもないし・・・

(結局、服部嵐雪と分かったのは帰宅後だった。
 老人の記憶力は曖昧このうえもない)

そんな事を考えながら歩を進めるうちに
目黒区青葉台に差し掛かったとき、
何やら春の香りが漂ってきた。

これは梅の香りに違いない!

一体どこから???
考える暇も有らばこそ、
道の右手に満開の白梅が目に入ってきた。
c0135543_1859918.jpg

「菅刈公園」入り口の左手、
5,6本の梅の木が今や満開の見ごろを迎えている。
c0135543_18594296.jpg

自然は素晴らしい!

こんなに厳しい気候にもかかわらず
咲くべき時期にはちゃんと花を咲かせてくれる。

花の下のたつと、
春の香りが満開!!
c0135543_1901286.jpg







この公園、江戸時代はもともと豊後の国
竹田城主、中川氏のお屋敷があった所だ。

明治時代に入り、西郷隆盛の実弟、
従道(じゅうどう)が兄の再起を願い購入した。
c0135543_1905134.jpg

従道は隆盛の15歳年下、
9歳の時に両親を亡くして以来、
隆盛を親の様に慕っていた。
c0135543_1912934.jpg

兄が不幸にして、西南戦争で他界後、
従道自身の別邸として使用した。
c0135543_193339.jpg

従道は兄に似て、なかなかの人物、
海軍大将を経験した後、
総理の座も手が届く距離に居たが
兄の事を慮って、固辞したと言う。

彼は、又、おかしな経歴を持っている。

それは、当時、外人のみ楽しんでいた西洋式競馬にあって
日本人として最初の馬主となったことだ。

更に、1875年には愛馬”ミカン”を駆って
日本人として初めて勝利したジョッキーでもある。

愛馬の名前が”ミカン”、
如何にも日本的で微笑ましい。
c0135543_193424.jpg

従道が住んでいた、
当時としては洒落た洋館(仏人、デスカス設計)は
今は犬山市の明治村に移築されている。
c0135543_1941171.jpg

洋館の隣には書院造の屋敷があったのだが
残念ながら戦災で焼失した。
c0135543_1943796.jpg

この邸宅が物語るように
西郷従道は”和魂洋才”の心を持った
生粋の明治の男だったのだろう。
c0135543_1945984.jpg

「梅の香や 明治は遠くなりにけり」
お粗末さまでした。
[PR]
by shige_keura | 2012-02-29 15:59 |
<< 梅見ならぬ雪見 蒸す旨み (豚バラと白菜) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.