Top
ツワモノどもが夢のあと (5) -挫折を糧に栄光へ-
1936年6月7日、
「第一回全日本自動車競走大会」。

よもやの敗戦を喫した
日産ファクトリチームの一員として彼は居た。

名前は片山豊、技術者では無い彼が
どのような役回りでその場に居たのか? 
それは、はっきりしない。

恐らく、営業畑の一員として
広報、宣伝の担当者として
多摩川スピードウエーに胸躍らせて
レースを観戦していたに違いない。

レース前から、彼の頭の中には
日産車栄えある優勝のキャッチフレーズが浮かんでいたに違いない。

思っても見ない敗戦、
打ちひしがれてばかりいられない。

屈辱の敗戦から3か月後
日産は確勝を期して特別な車を仕立て上げてきた。

モデルはNL-75 Super Datsun Racer、
排気量750cc、DOHC、
スーパーチャージャーをわざわざ英国から取り寄せた。
c0135543_1952135.jpg

日産ワークス必勝の願いは
車両製作中の工場にしめ縄がかけられたことに表れていた。

当日は雪辱の相手、オオタ工業が棄権する中、
Super Datsun Racerがぶっちぎりでレースを制し
商工大臣賞の栄誉を受けた。
c0135543_196740.jpg

日産優勝の記念撮影写真、
後方、左端に片山豊がメンバーの一員として連ねている。
c0135543_196378.jpg

彼の耳にはダットサン・スポーツカーの爆音が
心地よく残ったに違いない。





片山豊は1909年、現在の静岡県、浜松市に生まれ、
湘南高校から慶応義塾を卒業後
1935年に日産に入社し、宣伝を担当した。

従って、豊の入社翌年に
記念すべき多摩川スピードウエーにて
レースが開催されたのだ。

その後、彼は自らの意志で
まだ、日本車の知名度が皆無のアメリカに渡り
とびこみでディ-ラーを訪問し
自社の車の販売努力を続けた。

米国日産初代社長となった彼は
やがて、「フェアレディZ」の父として
アメリカ中にその名前を轟かせていく。
c0135543_199672.jpg

フェアレディZの販売台数は100万を超えた。

これは、ひとつのスポーツカーモデルとしては
破天荒な販売台数だった。

Z-car(ズィー・カー)は
まさに日本車躍進の象徴として
アメリカのモータファンからこよなく愛されていった。

その結果、1998年、
アメリカ自動車殿堂の一員として表彰を受けた。

               (2009年、ロサンジェルスでの「K’s Meeting」にて)
c0135543_1994370.jpg

今年、102歳を迎える片山氏は依然お元気で
浜松市のPR活動を行っている。

1936年の多摩川スピードウエーに話を戻すと、
奇しくも片山氏と同じ浜松市出身のスピード野郎が
同じレースに出場し辛酸をなめた。

彼もその挫折をバネに栄光の道を進み
日本だけでなく世界に羽ばたいていった。

続きは明日、
[PR]
by shige_keura | 2012-04-18 10:43 | スポーツ
<< ツワモノどもが夢のあと (6)... ツワモノどもが夢のあと (4)... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.